ニュース 2019年5月1日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年5月1日(水) 12:00~12:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

オープニング映像。

全国のニュース (ニュース)
12:00~

新たに即位された天皇陛下はきょう午前、皇居で「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」に臨まれた。陛下は260人あまりを前に、天皇として初めてとなるお言葉を述べられた。その後、国民を代表して安倍首相が挨拶し、皇后様と共に退出され「即位後朝見の儀」は7分ほどで終えられた。仙台市役所には記帳所が設けられており、各地からは「国民に親しい方であってくれたらいい」や「平和で安定した時代になっていほしい、日本がますます発展してほしい」などの声が出ている。英BBCなど海外メディアも新天皇即位を伝えており、世界最大の日系人社会があるブラジル・サンパウロでは写真展が行われている。

皇后さまの実家近くにある目黒区の洗足商店街からの中継。こちらでは雅子さまの結婚、出産などのイベントごとに様々な催しを開催していて、今回はミニバラをプレゼントしている。

宮内庁前から中継。庁舎前では先ほどまで参列者の車が行き交っていたが、今は普段と変わらない静かな様子。天皇陛下はこのあと、新たに側近トップの侍従長に就任することになった小田野展丈氏らの認証式に臨まれる。陛下は先ほど行われた「即位後朝見の儀」の中で「常に国民を想い、国民に寄り添いながら象徴としての責務を果たす」と述べられた。

新天皇皇后両陛下とゆかりのある方に話を聞いた。前宮内庁長官の風岡典之さんは、「新天皇陛下のお人柄は、責任感と心配りがあり、快活さもある御方」、元テニス選手の佐藤直子さんは天皇陛下について「本当にスポーツマン」などと語った。

スタジオゲストの芦田愛菜、磯田道史、立花眞を紹介。令和という時代を迎えたことについて芦田愛菜は「新しい時代の到来というのを強く感じていますし、気持ちが一新されて前向きな気持ちになっています」と話し、磯田道史氏は「退位と即位の儀式を2日に分けており、200年以上前は先の天皇が三種の神器を新天皇に渡すという形が行われていたが、非常に新しい形の即位の形だった」、立花眞氏は「何か新しいものをしようと、気持ちのうえでは芦田さんのおっしゃる通りだと思った」と話した。

天皇陛下は水に関する活動を通じて世界の人達と交流してきたが、芦田愛菜さんは「日本は外国の表示が少ないと感じる。来年には五輪があるので、世界の方々の注目が集まるので、わかりやすくして、海外の方に日本をより楽しんでほしい」などと語った。また天皇陛下のご友人の立花眞は国際経験の必要性を天皇陛下に聞いたことがあると語った。

天皇陛下と上皇さまが同時に存在するのは憲政史上初だが。磯田道史さんは「三世代の広がりもあるし、そうゆう時代にマッチした。上皇さまも天皇を経験された方にしかわからないことが、悠仁さまだとかと時間を共有されることで色々伝わるのでは」などとコメント。天皇皇后陛下は国際経験も抱負だが、磯田さんは「時代にマッチした両陛下が誕生された」とコメント。

天皇陛下は先ほどから侍従長などの認証式に臨まれている。認証式は宮殿の松の間で行われており、新たに就任した小田野展丈侍従長が陛下の前に進み出て、菅官房長官から任命書を受け取った。上皇侍従長に就任した河相周夫氏も任命書を受け取った。きょうから皇位継承順位1位の秋篠宮さまのご一家を支えられるトップには加地隆治氏が就任した。

天皇陛下がどのような考えで象徴天皇として道を進むのか。天皇陛下は即位後朝見の儀で、上皇さまの歩みに触れ「国民に寄り添いながら、日本国民統合の象徴としての責務を果たす」などと述べられている。一方で、今後の皇室像についても「時代に即して公務の内容を考える必要もある」などと述べられている。天皇陛下の即位を祝う一般参加は、今月4日に行われる。

福岡・太宰府では太宰府天満宮に訪れる人が多く訪れている。太宰府天満宮は令和の元となった万葉集の序文に続く歌が詠まれた場所だとされている。観光客を出迎えているのが太宰府観光協会の不老安正さん、「これから多くの観光客が観光を楽しんでもらえるようにしたい」と話している。

皇居から中継。天皇陛下は皇居をでられてお住まいのある赤坂御用地へと車で向かわれる。受け継がれた三種の神器は陛下と同じ車に乗っており、今後は陛下のお住まいに置かれる。沿道には大勢の人がおり、大きな声がかけられている。上皇ご夫妻とはお住まいが入れ替わる形になり、これから老朽化した水回りの工事などが行われる。天皇陛下が赤坂御用地に入らたが、この後も様々な行司や儀式が行われる。

キーワード
天皇陛下
皇居
剣璽等承継の儀
皇后陛下
即位後朝見の儀
安倍首相
英BBC
サンパウロ(ブラジル)
ブラジル日本移民資料館
宮内庁
洗足商店街
目黒区(東京)
皇后さま
小田野展丈氏
松の間
菅官房長官
河相周夫氏
加地隆治氏
太宰府(福岡)
太宰府天満宮参道
太宰府観光協会
赤坂御用地
三種の神器

関東甲信のニュース (ニュース)
12:40~

元号が令和に変わった初日、婚姻届を提出しようと杉並区役所には多くのカップルが訪れ長い列を作っている。午前9時に窓口が開くと50組以上のカップルが並び、午前中は100件あまりの届けがあった。

神奈川・愛川町では婚姻届や出生届などを提出した人たちに、 地元産のコメ5キロがプレゼントされている。

富士山の山梨県側には令和最初の御来光を見ようと多くの人が訪れた。しかし、あいにくの曇り空、富士スバルラインでは雪崩注意報により一部で交通規制がかかり、雲により御来光を眺めることは叶わなかった。

ドローンで撮影した花火大会など、東京・足立区の魅力を伝える動画が作られネット上で配信されている。このプロモーション動画「空カラアダチ」は地域の催し・名所など13ヶ所を紹介。このうち区内にある舎人公園では公園を囲うように咲く花が空から見渡すように撮影されている。また、約1万3000発の花火が彩る「足立の花火」の映像はドローンならではの高さから迫力ある映像でとらえている。動画は公式動画サイト「動画deあだち」で配信されている。

キーワード
杉並区役所
愛川町(神奈川)
富士河口湖町(山梨)
富士吉田市(富士)
富士スバルライン
足立区(東京)
空カラアダチ
足立の花火
動画deあだち
  1. 前回の放送
  2. 5月1日 放送
  3. 次回の放送