ニュース 2019年4月9日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年4月9日(火) 12:00~12:20
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:00~

オープニング映像が流れた。

全国のニュース (ニュース)
12:00~

政府は偽造防止などを目的に一万円札、五千円札、千円札の紙幣のデザインを一新することを発表した。麻生副総理・財務相は新たな産業の育成、女性活躍、科学技術の発展など現代にも通じる諸課題に尽力しており新元号のもとでの新しい日本銀行券にふさわしい人物として、新一万円札は渋沢栄一で、裏には東京駅の駅舎が描かれる。新五千円札は津田梅子、裏には藤の花、新千円札は北里柴三郎で裏には、葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」の「神奈川沖浪裏」が描かれる。5年後の2024年度の上半期をメドに発行するという。また、500円硬貨についても偽造防止などを目的に素材などを変更し、2021年度の上半期をメドに発行する。二千円札についてはデザインは維持する。菅官房長官は偽造防止の観点からおおむね20年ごとにデザインの変更を行ってきたので、今回もそうした観念からデザインの変更を行うと話した。

夏の参議院議員の前哨戦となる、衆議院議員選挙の沖縄3区と大阪12区の補欠選挙が告示された。 沖縄3区の補欠選挙に立候補したのは、無所属新人の屋良朝博氏と自民党新人の島尻安伊子氏の2人。今回の補欠選挙は沖縄県の玉城知事が去年の知事選挙に立候補して失職したことに伴うもの。選挙区内の名護市辺野古では政府がアメリカ軍普天間基地の移設工事を進めていて、移設を容認する立場の自民党の島尻氏を公明党と日本維新の会沖縄県総支部が推薦している事に対し、移設反対を訴える無所属の屋良氏を立憲民主党、国民民主党、共産党、自由党、社民党、沖縄社会大衆党が支援する構図となっている。衆議院大阪12区の補欠選挙に立候補したのは、無所属前任で共産党、自由党、社民府連合が推薦する宮本岳志氏、維新の会新人の藤田文武氏、無所属前任の樽床伸二氏、自民党新人で公明党が推薦する北川晋平氏の4人。今回の補欠選挙は自民党の北川知克氏が去年12月に死去したことに伴うもの。大阪では自民党や共産党などが体制を立て直し議席を獲得できるかが焦点となっている。2.つの補欠選挙の結果は、安倍総理大臣の政権運営や各党の選挙戦略に影響を与えることも予想される。補欠選挙の投票は統一地方選挙後半戦と同じ今月21日に行われる。

日産の前会長の主張動画が今日の午後、公開される。オマーンの販売代理店に日産から支出させた資金の一部を私的に流用した疑いが持たれており、東京地検特捜部に再逮捕された。動画は前会長が再逮捕される可能性を感じ、みずからの主張を事前に録画したもので、日産の資金がみずからに還流した疑いをどう説明するか注目される。前会長の妻は、夫はこうした事態に至った責任が誰にあるか名指ししたいと思っていたと話し、前会長も日産の一部の個人が検察をミスリードし私を黙らせようとする試みだとする声明を発表した。前会長の担当弁護士は、動画を見ていただけば前会長の言おうとしている趣旨が分かると思うとコメントした。前会長が日産やルノーにどの様な発言ををするのかが注目される。

道路整備を巡り、塚田前国土交通副大臣が安倍総理大臣と麻生副総理・財務相の意向を「そんたくした」と発言し辞任したことについて、石井国土交通大臣は今日の衆議院国土交通委員会で、行政の公正に疑念を与えかねないと陳謝した上で、安倍総理大臣やみずからが指示した事実はない認識を示した。塚田前国土交通副大臣が自民党の吉田参議院幹事長から要望を受けた際の面会記録が提出されたことを受けて、野党側の質疑が行われた。石井国土交通相は、行政の公正性に疑念を与えかねない発言は厳に慎まなければならないと考えており、塚田前国土交通副大臣の発言により、国会、国民に大変な迷惑をおかけしたことは誠に遺憾であると述べた。野党側は、面会記録について吉田氏は安倍首相と麻生副総理の地元だと分かるように伝え、だからこそ予算をつけてほしいと決めたのではないかと正した。面会に同席した、国土交通省の道路局長は、2人の地元事業ということを理由に求められたことはなかった、必要な道路だからということだったと説明した。これに先立って行われた理事会で野党側は 塚田氏の参考人招致を求めたのに際し、与党側はすでに責任をとって辞任しているとして応じず、引き続き協議することになった。

キーワード
麻生副総理・財務相
渋沢栄一
東京駅
津田梅子
藤の花
北里柴三郎
葛飾北斎
富嶽三十六景 神奈川沖浪裏
菅官房長官
大阪府
辺野古(沖縄)
名護市(沖縄)
玉城知事
屋良朝博氏
島尻安伊子氏
日本維新の会沖縄県総支部
立憲民主党
国民民主党
共産党
自由党
社民党
沖縄社会大衆党
宮本岳志
維新の会
宮本岳志氏
藤田文武氏
樽床伸二氏
北川晋平氏
北川知克氏
安倍総理大臣
統一地方選挙
社民府連合
オマーン
日産
東京地検
フランス
ルノー
石井国土交通大臣
塚田前国土交通副大臣
吉田参議院幹事長
国土交通省
富嶽三十六景 神奈川沖波裏
  1. 前回の放送
  2. 4月9日 放送
  3. 次回の放送