ニュース 2019年1月2日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年1月2日(水) 18:00~18:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:00~

オープニング映像。

ニュース (ニュース)
18:00~

太平洋戦争中の「徴用」をめぐる裁判で、新日鉄住金に賠償を命じる判決が韓国で確定したことを受け原告側が、裁判所に対し新日鉄住金の韓国にある資産の差し押さえを申し立て、日韓関係の一層の悪化は避けられない見通し。原告側によると、差し押さえの対象は、新日鉄住金と韓国最大の鉄鋼メーカー「ポスコ」との合弁会社の株式の30%で日本円で110億円相当にのぼるという。

NASA・アメリカ航空宇宙局は、無人探査機「ニューホライズンズ」が地球から65億キロ離れた天体「ウルティマ・トゥーレ」に接近したと発表した。最も遠い天体に近づいたことになり、NASAは宇宙探査の歴史を塗り替えたとしている。太陽系の外縁部には、46億年前、太陽系が形成された当初の特徴を残す小惑星や岩や氷の天体が無数にあると考えられている。今後、探査機から届く高精細な画像やデータを分析することで太陽系の成り立ちに迫る成果が得られるのではないかと期待されている。

日本とロシアは2019年、平和条約交渉を加速させることにしている。ロシアとしては、日本がアメリカに対し、どこまで主権を主張して安全保障上の懸念を払拭できるかなど、日本の対応を見極めながら交渉に臨むものとみられる。日本本とロシアの両首脳は、平和条約の締結後に歯舞群島と色丹島を引き渡すと明記された1956年の日ソ共同宣言に基づいて交渉を加速させることで去年合意した。

キーワード
新日鉄住金
徴用工問題
ポスコ
アメリカ航空宇宙局
ニューホライズンズ
ウルティマトゥーレ
平和条約交渉
プーチン大統領
安倍総理
歯舞群島
色丹島
日ソ共同宣言

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月2日 放送
  3. 次回の放送