ニュース 台風15号関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている者の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年8月15日(水) 0:32~ 4:30
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース「台風15号」関連[ (ニュース)
00:32~

台風15号は今日午前0時には、宮崎市の東110キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

台風15号は今日午前0時には、宮崎市の東110キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。現在の宮崎・日向市、宮崎空港の様子を伝えた。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

台風15号は今日午前1時には、宮崎市の東北東80キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。宮崎・日向市、油津漁港の現在の中継映像が流れた。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

平井信行気象予報士は台風15号の予想進路、台風がもたらす各地の予想雨量などを伝えた。

台風15号は今日午前1時には、宮崎市の東北東80キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。宮崎・日向市、油津漁港の現在の中継映像が流れた。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

台風15号は今日午前1時には、宮崎市の東北東80キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて宮崎県に上陸するおそれがある。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで、気象庁は、九州南部では土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、北部では暴風や高波、高潮に落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。宮崎・日向市、油津漁港の現在の中継映像が流れた。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

JR九州によると、特急にちりんのうち、上りの始発にちりん2号は佐伯駅~南宮崎駅の運休が決まっている。また、日本航空によると、午前7時35分、宮崎発福岡行きの便の欠航が決まっている。海の便ではジェットフォイル、桜島フェリー、フェリー太陽などで欠航。

台風15号は明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで、気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。延岡市、日向市、門川町では大雨警報、宮崎市や延岡市などで避難準備情報が出ている。

大分県に台風15号が接近するなか、大分県内の交通機関に影響が出ている。宇和島運輸フェリー、九四オレンジフェリーでは午前中、欠航となる便がある。

台風15号は今日午前1時には、宮崎市の東北東80キロの海上を1時間に20キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて熊本県に最接近の見込み。

吉竹顕彰気象予報士は台風15号の最新の状況、今後の予想進路などを伝えた。

JR九州によると、特急にちりんのうち、上りの始発にちりん2号は佐伯駅~南宮崎駅の運休が決まっている。また、日本航空によると、午前7時35分、宮崎発福岡行きの便の欠航が決まっている。海の便ではジェットフォイル、桜島フェリー、フェリー太陽などで欠航。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

台風15号は今日午前2時には、宮崎市の北東70キロの海上を1時間に25キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

平井信行気象予報士は台風15号の予想進路、台風がもたらす各地の予想雨量などを伝えた。

台風15号は今日午前2時には、宮崎市の北東70キロの海上を1時間に25キロの速さで北西へ進んでいると見られる。このあとも北西へ進み、明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

台風15号は今日午前2時には、宮崎市の北東70キロの海上を1時間に25キロの速さで北西へ進んでいると見られる。宮崎県、大分県、熊本県の一部が強風域に入っている。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで、気象庁は、九州南部では土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、北部では暴風や高波、高潮に十分注意するよう呼びかけている。

JR九州によると、特急にちりんのうち、上りの始発にちりん2号は佐伯駅~南宮崎駅の運休が決まっている。また、日本航空によると、午前7時35分、宮崎発福岡行きの便の欠航が決まっている。海の便ではジェットフォイル、桜島フェリー、フェリー太陽などで欠航。

台風15号は明け方にかけて九州に上陸するおそれがある。台風の接近に伴って急に雨や風が強まる見込みで延岡市、日向市、門川町では大雨警報、宮崎市や延岡市などで避難準備情報が出ている。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、状況が悪化する前に早めの避難を検討すべきとしている。

大分県に台風15号が接近するなか、大分県内の交通機関に影響が出ている。宇和島運輸フェリー、九四オレンジフェリーでは午前中、欠航となる便がある。

台風15号の接近に伴い、熊本県内の一部が強風域に入っているとみられる。明け方に最接近の見込み。気象台は熊本地方の一部、天草・芦北地方の全域に暴風警報、上天草市に高潮警報を出し、警戒を呼びかけている。

吉竹顕彰気象予報士は台風15号の最新の状況、今後の予想進路などを伝えた。危険な状況が差し迫ってきた場合、安全な場所に避難すること。外出が困難な場合、山・崖から離れること、2階以上に避難すること。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

台風15号は今日午前3時には宮崎・延岡市付近を1時間に25キロの速さで北西に進んでいるとみられる。今後、九州に上陸する見込み。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。一方、北日本では北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

平井信行気象予報士は台風15号の予想進路、台風がもたらす各地の予想雨量などを伝えた。

気象庁は台風15号が宮崎・日向市付近に上陸したと発表。現在の日向市、宮崎市の映像が流れた。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。一方、北日本では北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

平井信行気象予報士は宮崎県に上陸した台風15号の予想進路、台風がもたらす各地の予想雨量などを伝えた。

気象庁は台風15号が宮崎・日向市付近に上陸したと発表。台風の発達した雨雲がかかり、九州や四国では15日昼前にかけて、雷を伴って1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがある。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。一方、北日本では北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で明日は雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

気象庁は台風15号が宮崎・日向市付近に上陸したと発表。現在の日向市の映像が流れた。気象台によると延岡市、日向市、門川町では大雨警報、沿岸部全域に波浪警報、県内全域に竜巻注意情報を出している。宮崎市や延岡市などで避難準備情報が出ていて、既に自主的に避難している人もいる。気象庁は、九州南部では土砂災害や低い土地の浸水、川の増水に警戒するとともに、北部では暴風や高波、高潮に十分注意するよう呼びかけている。

JR九州によると、特急にちりんのうち、上りの始発にちりん2号は佐伯駅~南宮崎駅の運休が決まっている。また、日本航空によると、午前7時35分、宮崎発福岡行きの便の欠航が決まっている。海の便ではジェットフォイル、桜島フェリー、フェリー太陽などで欠航する便がある。

大分県ではほぼ全域が台風の強風域に入り、さらに雨や風が強まる見通し。県内の交通機関に影響が出ている。宇和島運輸フェリー、九四オレンジフェリー、宿毛フェリーなどで午前中、欠航となる便がある。

台風15号の接近に伴い、熊本県内の一部が強風域に入っているとみられる。明け方に最接近の見込み。気象台は熊本地方の一部、天草・芦北地方の全域に暴風警報、上天草市に高潮警報を出し、気象庁は暴風に警戒するとともに、高波や高潮、河川の増水などに注意するよう呼びかけている。

吉竹顕彰気象予報士は台風15号の最新の状況、今後の予想進路などを伝えた。危険な状況が差し迫ってきた場合、安全な場所に避難すること。外出が困難な場合、山・崖から離れること、2階以上に避難すること。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

台風15号は宮崎県に上陸し、午前4時には、熊本県阿蘇市付近を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいるとみられる。宮崎県延岡市北浦では午前1時45分ごろに26.4メートル、大分県佐伯市蒲江では午前3時前に21.1メートルの最大瞬間風速を観測した。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。一方、北日本では北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

平井信行気象予報士は台風15号の予想進路、台風がもたらす各地の予想雨量などを伝えた。

台風15号は宮崎県に上陸し、午前4時には、熊本県阿蘇市付近を1時間に30キロの速さで北西へ進んでいるとみられる。宮崎県延岡市北浦では午前1時45分ごろに26.4メートル、大分県佐伯市蒲江では午前3時前に21.1メートルの最大瞬間風速を観測した。気象庁は、土砂災害や低い土地の浸水、川の増水、暴風、高波に警戒するとともに、落雷や竜巻などの激しい突風にも十分注意するよう呼びかけている。一方、北日本では北日本では停滞する前線と湿った空気の影響で雷を伴って激しい雨が降る恐れがあり、気象庁は大雨や落雷、突風に注意し、最新の気象情報を確認するよう呼びかけている。

各地に出ている警報、台風15号の予想進路などを伝えた。

キーワード
宮崎空港
台風15号
宮崎市(宮崎)
気象庁
新千歳空港
日向市(宮崎)
栄村(長野)
八幡浜市(愛媛)
西予市(愛媛)
伊方町(愛媛)
宇和島市(愛媛)
愛南町(愛媛)
熊本市(熊本)
荒尾市(熊本)
玉名市(熊本)
長州町(熊本)
八代市(熊本)
宇土市(熊本)
宇城市(熊本)
氷川町(熊本)
上天草市(熊本)
大分市(大分)
別府市(大分)
臼杵市(大分)
津久見市(大分)
日出町(大分)
杵築市(大分)
佐伯市(大分)
延岡市(宮崎)
高鍋町(宮崎)
新富町(宮崎)
川南町(宮崎)
志布志市(鹿児島)
大崎町(鹿児島)
暴風警報
大雨警報
波浪警報
高潮警報
油津漁港
中央区(熊本)
宇和島運輸フェリー
JR九州
特急にちりん 2号
佐伯港
臼杵港
九四オレンジフェリー
ジェットフォイル
桜島フェリー
フェリー太陽
口永良部島
フェリーはいびすかす
宮崎カーフェリー
宮崎地方気象台
門川町(宮城)
避難準備
日南市(宮崎)
串間市(宮崎)
門川町(宮崎)
熊本港
JR宮崎駅
佐伯駅
別府港
八幡浜港フェリーターミナル
福江港
屋久島
種子島
田野(宮崎)
釧路(北海道)
細島港
竜巻注意情報
都農町(宮崎)
宿毛フェリー
北浦(宮崎)
蒲江(大分)
別府(大分)
阿蘇市(熊本)
  1. 前回の放送
  2. 8月15日 放送
  3. 次回の放送