ニュース 「米朝首脳会談」関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月11日(金) 0:35~ 0:45
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
00:35~

トランプ大統領は、史上初となる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談について、来月12日に、東南アジアのシンガポールで開催するとさきほど、ツイッターで明らかにした。同国はアメリカと北朝鮮、双方ともに国交がある第3国であることに加えて、金正恩氏が専用機で直行できる距離にあることなどを考慮した結果だとみられる。米朝首脳会談では、北朝鮮の非核化や、65年前から続く朝鮮戦争の休戦状態の終結に向けて、道筋をつけることができるのかどうかが最大の焦点となる。日本人の拉致問題にトランプ大統領が言及するかも注目される。

ワシントンから中継で、石山健吉氏はシンガポールについて、「北朝鮮の大使館がある他、いくつもの国際会議が開催されてきた実績があり、警備のしやすさ、報道陣などの収容能力を有することなどが考慮されたとみられる」と伝えた。パンムンジョムが開催場所では南北融和の印象が強まり、非核化から論点がずれかねないと懸念されていたという。アメリカ側は非核化に向け、「完全で検証可能で不可逆的、恒久的な措置」を掲げ、妥協しない姿勢を示し、経済制裁緩和は非核化の後としているが、北朝鮮は段階的な措置を主張している。

佐々一渡記者は米朝首脳会談の開催場所がシンガポールに決まった要因を挙げ、「北朝鮮にとって親交のある国、警備や金正恩朝鮮労働党委員長の移動など総合的に判断したものとみられる」と伝えた。禰津博人記者によるとアメリカ側でも当初から第3国での開催が望ましいという意見があり、拘束されていた米国人3人の解放も達成されたことから、手応えを持って臨めるとみられる。

トランプ大統領は、史上初となる北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との首脳会談について、来月12日に、東南アジアのシンガポールで開催すると、ツイッターで明らかにした。同国はアメリカと北朝鮮、双方ともに国交がある第3国であることに加えて、金正恩氏が専用機で直行できる距離にあることなどを考慮した結果だとみられる。米朝首脳会談では、北朝鮮の非核化や、65年前から続く朝鮮戦争の休戦状態の終結に向けて、道筋をつけることができるのかどうかが最大の焦点となる。日本人の拉致問題にトランプ大統領が言及するかも注目される。

キーワード
トランプ大統領
金正恩朝鮮労働党委員長
トランプ大統領 ツイッター
米朝首脳会談
シンガポール
拉致問題
朝鮮戦争
ポンペイオ国務長官
ピョンヤン(北朝鮮)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 5月11日 放送
  3. 次回の放送