ニュース 「柳瀬元首相秘書官ら参考人招致・衆院予算委」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年5月10日(木) 8:55~11:33
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
08:55~

きょうの国会・衆議院予算委員会で、加計学園の獣医学部新設をめぐり、柳瀬元首相秘書官らの参考人招致が行われる。この時間はきょうの国会のもようを中継すると案内した。

衆議院予算委員会が行われる、第1委員室のもようを中継した。柳瀬元首相秘書官らの参考人招致は、午前に衆議院、午後に参議院で行われると案内した。

衆議院予算委員会での柳瀬元首相秘書官らの参考人招致について、ポイントをまとめた。柳瀬氏が学園関係者らと面会したか、首相案件との発言があったか、安倍首相の関与はあったかなどについて野党が追及する見込みで、柳瀬氏の発言が注目される。政治部・社会部の記者は、愛媛県側の資料との整合性、本人の過去の発言との整合性なども問われると答えた。

キーワード
衆議院予算委員会
加計学園
柳瀬元首相秘書官

国会中継 (ニュース)
09:00~

午前9時ちょうど、衆議院予算委員会が開かれた。議長が、柳瀬元首相秘書官が参考人招致されたこと、与野党の委員からの質疑を受け付けることを述べた。

自民党・後藤茂之の質疑。一連の問題について、政治に対する信頼回復のためにも国民の疑念を取り払う必要があると述べた上で、愛媛県今治市と農水省が一連の資料を発表し、市の担当者が加計学園の関係者とともに官邸を訪れたと主張していることについて、柳瀬元首相秘書官・柳瀬唯夫参考人に面会があったかを正直に述べるよう求めた。

参考人・柳瀬元首相秘書官の答弁。自らの答弁が国会審議に大きな迷惑をかけたことをわびると述べた上で、面会については加計学園の担当者に加えて10人前後が訪れた、発言があったのは学園担当者と元東大教授の2人のみでありその他の人物の所属を確認していない、記録も残っていないが随行者の中にいたかもしれないと考えると答えた。

後藤茂之の質疑。来客の確認や名刺交換はなかったかとただした。柳瀬元首相秘書官が答弁し、面会では2人以外は発言しておらずやり取りもしていないと答えた。

後藤茂之の質疑。柳瀬元首相秘書官が加計学園の関係者と知り合いになった経緯、面会が実現するまでの経緯を説明するよう求めた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、安倍首相とともに学園の担当者に会ったことがある、面会の申し入れについては学園事務局からあったほか以前の面会時にも獣医学部新設の希望を担当者が口にしていたと答えた。

後藤茂之の質疑。柳瀬氏は学園側から獣医学部新設の要望を聞いたことがあると指摘した上で、経緯について自分から調べたこと、安倍首相や関係者から指示を受けたことはあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、安倍首相は獣医学部新設について民間議員から提案があり早急に検討していくと述べたことがある、首相の発言を受けて国家戦略特区の事務局や農水省・厚労省・文科省に現状を確認したことがあると答えた。

後藤茂之の質疑。加計学園との面会の後に各省庁とやり取りをしたかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、学園担当者からは内閣府の特区事務局に働きかけたとの話があり、自分から追加のやり取りを行うことはなかったと答えた。

後藤茂之の質疑。その後の特区にかかる事務が「加計学園ありき」で進んでいたとの認識はあるかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、自らの在任時は制度設計のみを行っており、具体的な事業者を意識したことはなかったと答えた。

後藤茂之の質疑。続いて、安倍首相と加計学園理事長との関係をどのように認識しているか、加計学園を特別な存在と認識して面会に応じた事実はあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、友人であることは承知していたが特別扱いをしたという認識はなかった、面会の要望はすべて受けるようにしており首相の出張などを除き在任時に断ったことはないと答えた。

後藤茂之の質疑。続いて、柳瀬氏自身が「首相案件」と発言したことがあったか、相手にそう取られうる発言はあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、特区制度は安倍政権の看板政策であるとの説明をした、獣医学部新設は首相が早急に検討を進めている項目であると述べた、今治市の個別のプロジェクトを優遇しているとは説明していない、自分は安倍総理を「首相」と呼ぶことはなく首相案件と口にすることはないと答えた。

後藤茂之の質疑。続いて、柳瀬氏自身がこれまで説明をしてこなかった理由を聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、個々の質問に答えることに集中していたため自分から全体について説明することをしていなかったと説明し、国民へのわびを述べた。後藤茂之が質疑を置けた。

公明党・竹内譲の質疑。加計学園からの面会について、主に発言していた元東大教授というのは岡山理科大学獣医学部長の吉川泰弘氏で間違いないかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、本人から名乗った記憶はなく自分から確認しなかった、後日報道で知ったと答えた。

議長が、柳瀬元首相秘書官をいったん退席させ、国家戦略特区諮問会議ワーキンググループ座長・八田達夫氏を参考人として招いた。議長が参考人への質疑を求めた。

自民党・後藤茂之の質疑。八田達夫氏に対し、有識者会議は適切に進められたと考えているか、安倍首相や関係者から働きかけはあったかを説明するよう求めた。八田達夫氏が質問し、まず国家戦略特区そのものについて、獣医学部以外にも薬局が規制により新設できず「マツモトキヨシ」が医薬品を販売できなかった問題、物流の「クロネコヤマト」が郵便事業と競合し家庭への宅配をできなかった問題など、新規参入に対する岩盤規制を既存の利権と調整しつつ緩和することを目的としていると説明した。獣医学部新設については、日本獣医師会の働きかけで厚生労働省が学部新設を受け付けなかったという経緯があるなどと述べた。議長が発言時間について指摘し、会議は適切であり働きかけはなかったと答えた。後藤茂之が質疑を終えた。

公明党・竹内譲の質疑。八田達夫氏に対し、学部新設については他の自治体からも提案があったと指摘し、京都産業大学の提案を議長としてどう受け止めたか、圧力による排除はあったと思うか、また加計学園の面会があった平成27年4月は申請においてどのような時期にあったかと聞いた。八田達夫氏が答弁し、京都産業大学の提案については個人的に好意的に評価していたが、のちに日本獣医師会の圧力で1校に限るとの制限が加わり加計学園に絞ったと答えた。柳瀬元首相秘書官の面会の時期については、前後に他の自治体が獣医学部新設を提案するなどしていた、面会が会議に影響を与えた事実はないと答えた。竹内譲が質疑を終えた。

議長が、八田達夫氏への質疑は終了したと述べて退席させ、柳瀬元首相秘書官を参考人として再度招いた。議長が参考人への質疑を求めた。

竹内譲の質疑。加計学園からの面会は柳瀬氏からの呼び出しではなかったと確認した。柳瀬元首相秘書官が答弁し、学園からの要望であると述べた。竹内譲が、当時の内閣府の藤原次長と連絡したかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、前後に連絡したことはなかったと述べた。

竹内譲の質疑。続いて平成27年2月から3月に加計学園との1度目の面会があったと指摘し、その時に吉川康弘氏はいたかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、4月の面会で初対面したとの印象が強く、初回はいなかったと思うと答えた。

竹内譲の質疑。同じ関係者と2度続けて会うことが公正さを欠くととられるとの認識はあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、面会の要望はすべて受けることにしていたと答えた。竹内譲が、平成27年8月の辞任時には後任に引き継いだかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、自分から特別に引き継いだことはない、各業務はそれぞれの担当者から引き継ぐことになっていると答えた。

竹内譲の質疑。愛媛県の提示した資料のコピーを示し、「首相案件」との発言はあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、特区制度全体が総理の推進する政策であるとの説明をした、今治市のプロジェクトが優遇されているとの趣旨ではないと答えた。竹内譲が、資料には「自治体が死ぬほど実現したいとの意識を持つことが最低条件」とも発言したと書かれていると指摘し、そのような発言があったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、特区制度の概要を説明する際に自治体の熱意が前提であるとの趣旨の発言をした、これらは閣議決定もされていると答えた。竹内譲が、発言には「獣医師会との直接対決を避ける」などとの文言もあると指摘し、発言を確認した。柳瀬元首相秘書官が答弁し、自治体の特色を出すことが望ましいとの発言をした、相手側から既存の獣医師の需要とすみ分けができることを期待しているとの趣旨を聞き同意したと答えた。

竹内譲の質疑。続いて、愛媛県側の資料によれば柳瀬氏は下村文科大臣が加計学園に不満を持っているとの発言を述べていたと指摘し、あわせて県側の資料の該当部には誤植もあると付け加えた。柳瀬氏にやり取りがあったか聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、該当の発言は加計学園側から行われたとする資料があると述べ、自身はそのような発言を聞いた記憶はない、自分自身による発言でもないと答えた。竹内譲が、下村文科大臣自身も発言を否定していると述べ、大臣と記載のようなやり取りがあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、ないと答えた。

竹内譲の質疑。続いて、4月の面会について事前や事後に安倍首相に報告したことはあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、報告したことはなかった、特区制度については個別の事業者を選定する段階にないと認識していたと答えた。竹内譲が、安倍首相を忖度して「加計学園ありき」で事を進めていた認識はあるかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、特区制度が看板政策であったとの認識はあった、個別の事業者を優遇しようという意志はなかったと答えた。竹内譲が質疑を終えた。

立憲民主党・長妻昭の質疑。まず国家戦略特区について、規制緩和が「総理のお友達」だけのためであってはならないと述べ、柳瀬氏の面会は個別のプロジェクトが選ばれる前の不透明な段階のものであるために疑惑が持たれていると指摘した上で、平成27年4月の面会以外に加計学園の担当者と会ったことがあるかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、平成27年4月までの面会に加え、今治市が戦略特区の提案を出すとの報告で面会したことがあると答えた。長妻昭が、その1度のみであるかと確認した。柳瀬元首相秘書官が答弁し、国会運営へのわびを述べた後、それ以外は官邸で会った覚えはないと答えた。長妻昭が、官邸での面会は平成27年2月から3月、4月、それ以降1回の3回だったと述べ、官邸以外での会食やゴルフなどはあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、ゴールデンウィークに河口湖にある総理の別荘でバーベキューをした時に同席していた、それ以外の記憶はないと答えた。長妻昭が、2013年5月6日にゴルフコンペの記録があると指摘し、同席したかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、ゴルフコンペでは秘書官は随行せず待機している、前日にバーベキューが行われた記憶があると答えた。長妻昭が、当日ゴルフをしていたと確認した。柳瀬元首相秘書官が答弁し、自身も行ったと答えた。長妻昭が、代金の支払いはと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、総理が処理を行っており詳細は知らないと答えた。

長妻昭の質疑。加計学園との面会について、総理の親友でなければ会わないとの認識はあったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、秘書官時代はアポイントを全て通すようにしていたと答えた。長妻昭が、京都や新潟など他の自治体とは会ったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、京都産業大学を含めてアポイントはなかったと答えた。長妻昭が、その他の国家戦略特区の担当者とは面会したかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、なかったと思うと答えた。長妻昭が、そうすると加計学園とのみ面会したことになると指摘して確認した。柳瀬元首相秘書官が答弁し、特区の人だから会ったということではない、他の分野について面会したこともあると答えた。長妻昭が、加計学園との面会の際に事前に特区の件と伝えられたかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、初回のアポイントでは告げられなかった、面会では獣医学部について語っていた、4月にも目的は告げられなかったが獣医学部の件と予想したと答えた。長妻昭が、そうすると加計学園とのみ面会したことになると指摘し、学園の渡邉事務局長は面会の場にいたかと確認した。柳瀬元首相秘書官が答弁し、おそらく同席していたと述べた。

長妻昭の質疑。ほかに理事長と会食をしたことがあるかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、別荘でのバーベキュー以外はないと思うと答えた。長妻昭が、加計学園から支出が行われたかを調べて予算委員会に提出するよう求めた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、自分は今調べる立場にないと答えた。長妻昭が、総理が支払ったことに間違いないかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、自分は断定する立場にないと答えた。長妻昭が、議長に対し委員会で調査するよう求めた。議長が、理事会で検討すると答えた。

長妻昭の質疑。柳瀬氏は加計学園の獣医学部新設の計画をその時点で知っていたことになると指摘し、初めて知ったのはいつかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、平成27年2月から3月の1度目の面会で話しており認識があったと答えた。長妻昭が、日付を覚えているかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、詳しい日付を覚えていないと答えた。長妻昭が、関係者には首相と秘書官は一心同体であり情報を共有しているとの認識があると指摘し、首相が加計学園の獣医学部新設を去年知ったとされるまでの間に本当に情報共有はなかったかと聞いた。柳瀬元首相秘書官が答弁し、在任中の個別の面会や陳情について報告することはなかったと答えた。

キーワード
柳瀬唯夫
加計学園
今治市(愛媛)
農水省
安倍首相
厚労省
文科省
内閣府
八田達夫
吉川泰弘氏
岡山理科大学
藤原豊
獣医師会
下村文科大臣
クロネコヤマト
マツモトキヨシ
国家戦略特区
日本獣医師会
厚生労働省
京都産業大学
柳瀬元首相秘書官
加計孝太郎理事長
渡邉良人
  1. 前回の放送
  2. 5月10日 放送
  3. 次回の放送