ニュース 2017年10月9日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月9日(月) 15:00~15:05
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
15:00~

終戦直後の昭和21年1月に米軍関係者が鹿児島市で撮影したカラー映像が発見された。国立の展示施設「昭和館」がアメリカ国立公文書館で発見した。映像には一部の大きな建物が残っている様子が記録され、西郷隆盛像も確認できる。鹿児島市は昭和20年8回にわたる米軍の空襲で3329人が犠牲になり市街地の90%以上が焼失した。空襲後の市街地を撮影した映像は白黒のものがあるが、カラー映像が見つかったのは初めて。昭和館では映像を今月21日から鹿児島市で一般公開する。

キューバ革命を主導した革命家チェ・ゲバラが殺害されてから50年を前にキューバのサンタクララで追悼式典が開かれた。式典には数千人が参加した。チェ・ゲバラはフィデル・カストロと共にキューバ革命を主導し1959年親米政権を倒し中南米で初めて社会主義革命を成功させた。その後も各国でゲリラ活動をしていたが、ボリビアで軍に捕らえられ1967年10月9日に殺害された。式典で国家評議会のディアスカネル第1副議長は彼のイメージ、強さ、影響力は世界中で増してきているとした。ゲバラは死後も反体制のカリスマとして若者を中心に世界中で人気を集めている。

札幌の冬の風物詩「ササラ電車」の準備が始まった。ササラ電車はササラと呼ばれるブラシを回転させて線路の雪を払いのける除雪車。運転士は毎年同じ冬でも雪が違うので苦労するが万全の態勢で雪に臨んでいきたいと話した。ササラ電車は例年来月中旬から出動し来年3月ごろまで運行する。

キーワード
昭和館
アメリカ国立公文書館
西郷隆盛像
空襲
鹿児島市(鹿児島)
チェ・ゲバラ
キューバ革命
フィデル・カストロ
ディアスカネル第1副議長
サンタクララ(キューバ)
ボリビア
ササラ電車
中央区(北海道)

気象情報 (ニュース)
15:04~

全国の気象情報を伝えた。

  1. 前回の放送
  2. 10月9日 放送
  3. 次回の放送