ニュース 「電通違法残業初公判」

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている者の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月22日(金) 11:30~11:33
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
11:30~

大手広告会社・電通が、社員に違法な残業をさせた罪に問われている事件の初公判が開かれた。東京簡易裁判所前から中継。裁判は午前11時前に始まった。社長は1時間ほど前に担当の4人の弁護士とともに到着し、硬い表情で裁判所庁舎に入った。法定には、おととし過労のため自殺し事件のきっかけとなった当時の女性新入社員の母親も訪れ、傍聴席から審議の行方を見守っている。裁判が始まると社長は傍聴席の遺族に一礼したあと証言台に立ち、“間違いありません”と述べ、違法な残業があったことを認めた。このあと、検察と弁護士が社長に対する質問を行う予定で、事件のいきさつや背景がどこまで明らかになるのか注目される。電通は、この女性新入社員が過労のため自殺したことをきっかに捜査を受け、女性新入社員を含む4人に違法な残業をさせたとして労働基準法違反の罪に問われている。検察は非公開の略式の手続きで電通を起訴したが、裁判所は公開の法定で正式な裁判を開くことを決めた。検察は、上司が月50時間までの残業を認める労使協定が無効だったことに気づかないまま時間外労働をさせていたと指摘した。このあとは、社長に対する質問も行われる予定。“働き方改革”の議論に大きな影響を与えた違法な残業の実態や再発防止について、電通のトップがどう説明するか注目される。

キーワード
電通
残業
東京簡易裁判所
働き方改革
労働基準法違反
過労
自殺
幸美さん
罰金
労使協定
  1. 前回の放送
  2. 9月22日 放送
  3. 次回の放送