ニュース 民進党代表選

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年9月1日(金) 13:00~14:31
放送局 NHK総合

番組概要

民進党代表選 (ニュース)
13:00~

民進党が都内のホテルで臨時党大会を開いており、まもなく民進党代表選の投開票が行われる。会場から、午後1時に開会した臨時党大会のもようを中継した。

民進党代表選は2人が立候補。直前に行われた両会派の決起集会から2人の意気込みを紹介した。元外相の前原誠司氏の声を紹介した。

民進党代表選ではほかに、元官房長官の枝野幸男氏が立候補。午前11時45分ごろに行われた演説から意気込みを紹介した。

民進党代表選の投開票の流れを紹介。両候補が演説し、地方票の集計結果が発表され、その後で国会議員と公認候補による投票と集計が行われると紹介した。

政治部野党クラブ・岡崎靖典に民進党代表選の情勢を聞いた。前原誠司氏が優勢で、国会議員、公認候補、地方議員、党員・サポーターの部門のいずれでも枝野幸男氏を上回っているという。代表選は4部門の得票数をポイントに換算して集計されると案内した。

前原誠司氏と枝野幸男氏の経歴を紹介。初当選は2人とも平成5年、当選8回の同期。前原誠司氏は保守系、枝野幸男氏はリベラル系の議員から支持を集めている。代表選の論戦では特に、共産党との連携などで意見が対立していると紹介した。

民進党臨時党大会の会場から中継。前原誠司氏、枝野幸男氏が決意表明演説を前に紹介され、壇上に向かった。

民進党代表選の両候補が演説。前原誠司氏が先に演説し、党関係者や代表選運営者、蓮舫前代表、代表選を戦った枝野幸男氏への感謝の弁を述べた後、民進党代表選への意気込みを述べた。大学奨学金の貸し付けについて、自身の体験談を述べてから、現在は多額の奨学金を借りて負債を抱える学生が増えている、大学進学率は親の年収に依存しており格差の再生産につながっているなどと述べた。続いて年金制度について、自らや家族の問題でもあると述べ、老後の不安を払拭する新たな選択肢を示すべきと述べた。野党連携については、党の理念や政策に協力を求める可能性を排除しないと述べた。最後に、現在の首相や閣僚の失言などを挙げ、民進党が団結して再び政権を取り戻すべきと述べた。

続いて枝野幸男氏の演説。関係者らへの感謝を述べた後、前原誠司氏に対して目指す社会像は一致していると述べ、代表選がどのような結果になっても共に歩んで行きたいと述べた。続いて、前原誠司氏が代表選で述べた「選挙のことばかりを考えるべきでない」という主張を挙げ、民進党が選挙を重視するのには国民のより良い生活のためという目標がある、次の選挙で1議席でも多く獲得することを目指すべきと述べた。続いて目指す政策として、消費税率の引き上げは確実に行うべきであるが選挙のためには争点とすべきでない、野党連携にあたっては与党からの議席奪取のため出来うる限り一本化を進める、内閣支持率の低下は国会での追及による実績であり追及の手を緩めてはならないと述べた。

民進党臨時党大会の会場から中継。このあと、地方票である党員・サポーター、地方議員の投票の結果が発表されると案内した。

政治部・岡崎靖典は2人の演説について、特に野党連携について意見の違いが鮮明となった、政策については2人の方向性はおおむね共通していると紹介した。

民進党臨時党大会の会場から中継。地方票の結果のポイント数は、党員・サポーター票が前原誠司氏137・枝野幸男氏94、地方議員票が前原誠司氏115・枝野幸男氏94。合計は前原誠司氏252・枝野幸男氏188となった。政治部の岡崎靖典は、党員・サポーターでは前原誠司氏が6割以上と大きな差になった、6つの派閥の支持を集めたことで民間の労働組合などの票の差が開いたと解説した。

民進党の国会議員、公認候補が1名ずつ呼び出され、民進党代表選の投票を行った。点呼は衆議院議員、参議院議員、公認候補の順に五十音順で行われた。国会議員は1人2ポイント、公認候補は1人1ポイントの得票となると案内した。2人の主張の違いについて、野党連携でスタンスの違いが見られたなどと振り返った。

民進党代表選が開票作業の準備に入った。スタジオトークでは、民進党は去年結成され、岡田克也氏、蓮舫氏がこれまで代表を務めたなどと紹介した。

民進党代表選の選挙戦のもようをVTRで振り返った。前原誠司氏と枝野幸男氏はともに平成5年に日本新党から初当選、新党さきがけ、民主党を経て政権交代時に閣僚を務めたと紹介した。今回の代表選は蓮舫代表の辞任表明を受けて行われ、前原誠司氏と枝野幸男氏が争った。争点では野党連携について、前原氏は共産党との連携などを念頭に「見直す」、枝野氏は「基本的に維持」と違いが鮮明となった。

民進党代表選の行われている会場から中継。スタジオトークでは両者の野党連携についての考えの違いについて、地方議員では野党連携がないと勝てない議員もおり投票行動に影響したとみられるなどと紹介した。

民進党代表選の直前に行われた2人の演説をVTRで紹介した。前原誠司氏は奨学金制度を取り上げ、貧困の連鎖が起きない制度をと呼びかけた。枝野幸男氏は選挙対策を重視すると主張し、1議席でも多く奪取して政権交代を目指すと述べた。

民進党代表選の行われている会場から中継。開票、集計作業のようすを伝えた。スタジオトークでは、民進党代表選の行われている会場から中継。会場で行われた投票はポイント数で過半数を占めるため、会場の投票によって結果が変わる可能性もあるなどと紹介した。

民進党代表選の集計結果を発表。国会議員票は145票、うち棄権3票、無効票8票。公認候補は128票、うち棄権2票。両者の得票数は、前原誠司が国会議員83、公認候補84。枝野幸男氏が国会議員51、公認候補42。ポイント数の合計は前原誠司氏502、枝野幸男氏332。前原誠司が当選した。

民進党代表選は前原誠司氏が当選し、民進党の新しい代表となった。前原誠司氏と枝野幸男氏の得票結果を振り返った。続いて新代表の挨拶が行われると紹介した。

民進党の新しい代表となった前原誠司氏が演説を行った。投票結果が拮抗したことは非常に難しい船出となったことを意味する、国民からの支持は依然として低い状況でありこの状態を変えていきたいと述べた。

民進党の前代表の蓮舫氏、民進党代表選を戦った枝野幸男氏が登壇し、健闘をたたえた。スタジオトークでは、前原誠司氏が党内のより多くの派閥から支持を取り付けた、期待をより集めたと紹介した。

民進党を取り巻く今後の政治日程を紹介。党の役員人事では代表選で生まれた党の対立を解消し挙党態勢を図ることとなる、対立候補であった枝野幸男氏の処遇も問われると紹介した。10月22日には3つの選挙区で衆院補選が行われ、共産党が野党統一候補についての協議を求めている。

キーワード
民進党
民進党代表選
前原誠司氏
枝野幸男氏
奨学金
年金
野党連携
消費税
内閣支持率

気象情報 (ニュース)
14:30~

今日これからの全国の天気予報を伝えた。

為替と株の値動き (ニュース)
14:30~

円相場、日経平均株価、東証株価指数の値動きを伝えた。

キーワード
円相場
日経平均株価
東証株価指数

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月1日 放送
  3. 次回の放送