ニュース 民進党代表選挙候補者共同記者会見

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年8月21日(月) 13:30~14:05
放送局 NHK総合

番組概要

民進党代表選 共同記者会見 (ニュース)
13:30~

民進党党本部から中継。蓮舫代表の後任を決める民進党の代表選挙は21日に告示された。立候補を届けでたのは前原誠司氏と枝野幸男氏の2人。代表選挙では次の衆議院選挙に向けた共産党などとの野党連携のあり方や、アベノミクスに変わる経済政策、エネルギー政策などが争点になる見通し。代表選挙は140人の国会議員、120人余りの国政選挙の公認候補予定者、地方議員1500人余、党員サポーター22万8000余が投票に参加し850ポイントをめぐって争われる。

民進党本部より中継。民進党代表選質疑応答。野党共闘、共産党との連携について前原氏は政権選択選挙で理念・政策が合わないところと協力するのはおかしいと思う、4党の協力の重みは受け止め是非について見直したいと説明した。

野党共闘について枝野氏は主体性を持ちながらできることを最大限やることが重要、現実に地域で頑張っている仲間たちを一人でも多く当選させることで今の政治の暴走に歯止めをかけることも大きな責任だと語った。

つづいて原発ゼロ政策について枝野氏は時期は重要ではない、リアリティある工程表を示す、それを着実に示すことが必要と説明した。

原発ゼロ政策について前原氏は被災地は復興に尽力している、2030年代原発ゼロを目指す、調査会の議論を尊重し党での議論を踏まえ今後のあり方を作っていきたいと話した。

憲法改正について前原氏は憲法改正をリードする代表でありたい、憲法は権力者を縛るもの、国民の理解を得るのは年単位でかかる、安倍政権の拙速なスケジュールはくみしな、中身は党で議論すればいい、安全保障法制は憲法違反の元で作られたなどと語った。

憲法改正について枝野氏は憲法改正議論は進めるべき、憲法を変えないと対応ができないテーマとして内閣による衆議院の解散権について議論を深めることを積極的に進める。憲法9条に関しては安保法制の憲法違反部分を消さなければ9条について議論の余地はないと話した。

消費税増税について枝野氏は将来的には負担を国民にお願いする、経済状況や税のあり方を考えると現状で消費税を上げられる状況ではないと説明した。

消費税増税について前原氏は消費税増税により恒久財源を担保する責任を持ちたい、財源論から逃げない、しっかりと議論したいと話した。

民進党党本部から中継。民進党代表選共同記者会見。候補者の前原元外相が立候補した理由を語る。年金を不安に思う人がいる、介護も受けられない日本の立役者を敬う自民党にかわる選択肢を作りたい。少子化、人口減少、地域が疲弊する日本のこれからのために選択肢を示す使命がある。みんながみんなのためにという政治を作りたいと立候補した。民進党が何を示す政党なのか、国家的使命を民進党が作るために代表になるなどと決意表明した。

民進党党本部から中継。民進党代表選共同記者会見。候補者の枝野元官房長官が立候補した理由を語る。危機感と怒りで立候補表明、今の政治に変わる対抗軸を生み出すためリーダーとして党をまとめる決意。この代表選は民進党が変わる選挙にしなければならない、地域の中にはたくましい仲間がいる、この力が民進党再生の原動力、自民党と違う明確な対抗軸が必要、その一つが多様性と支え合いの経済を取り戻すこと。原発ゼロを目指す、憲法改悪と戦うなどと語った。

候補者の訴えのポイントなどについてトークした。前原氏は共産党との連携は是非も含めて見直したい考えを示してきた。理念や政策が違うところと協力するのはおかしいと明言している。枝野氏は民進党が主体性を持ちながらもできる範囲で協力していく、今の政治の暴走に歯止めをかける事を優先したいという考えを示した。民進党は2030年代に原発の稼働ゼロを目指している。代表選挙は140人の国会議員、120人余りの国政選挙の公認候補予定者、地方議員1500人余、党員サポーター22万8000余が投票に参加し850ポイントをめぐって争われると説明した。岡崎靖典は国会議員だけで見ると前原さんが一歩リードしているというのが党内のみかたの体制などと話した。両陣営とも国会議員以外の票が勝敗の鍵を握るという。

キーワード
民進党
前原誠司氏
枝野幸男氏
アベノミクス
共産党
蓮舫
前原元外相
年金
自民党
枝野元官房長官
民進党代表選
原発ゼロ
野党共闘
憲法改正
安全保障法制
憲法9条
前原氏
消費税

気象情報 (ニュース)
14:04~

全国の気象情報を伝えた。

経済情報 (ニュース)
14:04~

東京市場の為替と株の値動きを伝えた。

キーワード
東京市場
東京外国為替市場
日経平均株価
東証株価指数
為替
株価
  1. 前回の放送
  2. 8月21日 放送
  3. 次回の放送