ニュース 「福岡・大分 豪雨」関連

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年7月6日(木) 10:00~11:00
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
10:00~

福岡県朝倉市から中継。現在の市内の被害状況を伝えた。

現在大雨特別警報の出ている福岡県朝倉市の災害対策本部から中継。救助活動に関する状況を伝えた。小学や体の不自由な人を含む50人あまりが避難している松末小学校では、道路が寸断されているため救助に迎えない状況が続いていたが、ショベルカーを使って道がつなげる活動が行われ、現在自衛隊が校舎に入った。このほか市内各所には冠水、陥没、土砂崩れが発生し、孤立化した集落も多い。災害対策本部は状況がつかめないことを懸念している。

福岡県各地の被害状況を伝えた。

福岡県朝倉市立杷木中学校前から中継。道路は冠水して川のような状態、床上浸水した住宅も多く、住民たちは不安な心境のまま一夜を明かした。朝倉市によると蜷城地区などでは道路の冠水などで約300世帯が住宅などに取り残されている可能性があるという。

朝倉市の比良松中学校は、そばを流れる桂川の氾濫により校舎の一部が損壊し、体育館も周辺の土砂が削れ基礎部分のおよそ10mの杭がむき出し状態になっている。

福岡県添田町から中継。水が大量に流れ込んだことで、道路は一面浸かって海のようになったという。

陸上自衛隊が撮影したJR宝珠山駅周辺の映像を紹介した。宝珠山は福岡県東峰村と大分県日田市の県境付近に位置している。

福岡県によると朝倉市の道路を確認中に連絡が取れなくなっていた県職員3人は全員無事が確認されたという。しかし県の警察本部によると、福岡県内では朝倉市、東峰村などで少なくとも6人と現在連絡が取れていないうえ、東峰村宝珠山付近で家が流されているとの情報が入った。この家には夫婦2人が住んでいるという。また車が流されているとの情報もあり、警察では捜索にあたっている。

大分県日田市から中継。JR久大線の光岡駅、日田駅の間にかかる鉄橋が崩れ落ち、レールも折れて川の中に落ち込んでいる。川の勢いは現在も増している。

大分県日田市の避難所前から中継。避難所前には佐賀県、熊本県からも救助隊員が応援が駆けつけ救助活動の拠点となっている。雨は現在も降り続いて、これまでの雨で地盤が緩んでいるところもあるため土砂災害には警戒が必要だ。

大分県の被害状況を伝えた。 日田市小野地区では土砂崩れで県道が通れなくなり孤立している地域がある。住民109人が小野公民館に避難している。市・自衛隊が救助を検討している。また市内では、JR久大線の鉄橋が花月川の氾濫により流される被害も出た。中津市山国町の草本地区では、住宅1棟に土砂が流れ込み全壊したものの住んでいる男性は逃げ出して無事だった。豊後大野市朝地町綿田地区では、大雨の影響により原則立ち入りが禁じられている警戒区域で斜面の土砂の一部が崩れているのが確認された。

九州の河川の状況を伝えた。国土交通省などによると福岡県の山ノ井川、大刀洗川、金丸川が久留米市の観測所で洪水の恐れのある氾濫危険水位を超えているという。(映像は午前6時半ごろ佐賀県小城で撮影されたもの)

活発な全線の影響で九州北部の各地で記録的な豪雨となっている。気象庁は福岡県と大分県に引き続き大雨の特別警報を発表し、引き続き土砂災害や川の氾濫、浸水などに最大級の警戒を払うよう呼びかけている。

九州北部では発達した雨雲が次々とかかって記録的な豪雨となり、気象庁は福岡県筑後地方周辺や大分県の広い範囲に大雨特別警報を発表している。発達した雨雲はこの時間もかかり続け、午前9時までの1時間に宮崎県えびの市では40mm、熊本県天草では30mmの雨量を観測、福岡県朝倉市ではきのう正午から午後9時までの9時間に700mmを越す雨が降った。24時間雨量は540mm超で、平年の7月1ヶ月分の約1.5倍だ。また気象庁は土砂災害の危険性が非常に高くなっている地域もあるとして福岡県・大分県・佐賀県・長崎県・熊本県の5県に土砂災害警戒情報を発表した。このほか、福岡県・佐賀県・熊本県では氾濫の危険性が非常に高い「氾濫危険水位」を超えた河川もある。九州北部では、今後も局地的に1時間50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあり、前線はあすにかけても西日本に停滞して断続的に雨をもたらす可能性がある。そのためすでに豪雨となっている地域では土砂災害や氾濫に最大級の警戒が必要だ。気象庁などはできるかぎり安全確保をしたうえで周囲の状況を確認し安全に避難、外出が危険な場合は2階か崖の反対側で待機するよう呼びかけている。

九州北部で発生した記録的豪雨について、総理大臣官邸では午前9時ごろ麻生副総理・財務相、菅官房長官、松本防災相による関係閣僚会議が行われ、人命救助・被害拡大防止に全力を尽くす方針が確認された。現地対応については、現在松本洋平副大臣をトップとするチームをいつ派遣するかの調整を行っているとのこと。

福岡県内では、久留米市全域の13万2959世帯30万6512人、朝倉市の全域2万1256世帯5万4412人、筑前町の大塚地区・弥永地区・依井地区・依井二地区・三輪地区・四三嶋・下高場・東小田など計6646世帯1万8235人、嘉麻市嘉穂地区・熊ケ畑地区計3745世帯8733人、うきは市福富・御幸・妹川・姫治・小塩・山春の計1900世帯5686人、添田町の下落合地区上落合地区など彦山川周辺地域2915世帯6188人に緊急避難指示が出ている。

大分県では日田市の計1万2651世帯4万33人、中津市の計4177世帯9187人に緊急避難指示が出ている。

熊本県南阿蘇村立野地区の315世帯754人に緊急避難指示が出ているほか、福岡県、大分県、熊本県、佐賀県の各地に避難勧告が出ている。

現在大雨の特別警報が出ている地域を伝えた。

土砂災害の危険度が高くなっている地域を伝えた。福岡、熊本、大分県内には危険度が非常に高くなっている地域がある。

九州北部の24時間の降水量を伝えた。福岡県朝倉で543.5mm、大分県日田市で368.5mm、長崎県壱岐市で325.5mmとなっている。

九州北部の1時間の降水量を伝えた。福岡県朝倉で543.5mm、大分県日田市で368.5mm、長崎県壱岐市で325.5mmとなっている。宮崎県えびの加久藤で28mm、熊本県天草市本渡で19mm、福岡県糸島で15mmとなっている。

九州北部の気象情報と警告事項を伝えた。土砂災害や低い土地の浸水、川の増水・氾濫などに長期間の警戒が必要だ。また大量の雨で地が非常に緩んでいるところがあるため、沢や急な斜面からは離れて高いところで過ごすよう呼びかけた。

気象庁は福岡県と大分県に引き続き大雨の特別警報を発表し、引き続き土砂災害や川の氾濫、浸水などに最大級の警戒を払うよう呼びかけるとともに、周囲の状況を確認してただちに安全を確保するよう呼びかけている。

福岡県朝倉市から中継。現在の市内の被害状況を伝えた。道路が寸断されて孤立化し、助けを求める住民からの通報が相次いでいて、警察や消防、自衛隊などが午前4時ごろから救助活動を行っている。

朝倉市の比良松中学校はそばを流れる桂川の氾濫により校舎の一部が損壊し、体育館も周辺の土砂が削れ基礎部分のおよそ10mの杭がむき出し状態になっている。また川沿い道も崩落し、水の上に取り残された車もある。

この時間も九州の広い範囲に雨雲はかかり続け、午前9時までの1時間に宮崎県えびの市では40mm、熊本県天草では30mmの雨量を観測した。気象庁は引き続き福岡県豊後・筑豊地方を中心とした地域や大分県の広い範囲に大雨特別警報を発表している。また特別警報が発表されている福岡県と大分県では、土砂災害や川の氾濫、浸水に最大級の警戒を払うよう呼びかけるとともに、周囲の状況を確認してただちに安全を確保するよう呼びかけている。

福岡県によると朝倉市の道路を確認中に連絡が取れなくなっていた県職員3人は全員無事が確認されたという。しかし県の警察本部によると、福岡県内では朝倉市、東峰村などで少なくとも6人と現在連絡が取れていないうえ車が流されているとの情報もあり、警察では捜索にあたっている。

福岡県朝倉市の避難所で一夜を過ごした人の話を紹介した。

福岡県の住宅の被害を伝えた。午前6時現在、朝倉市と東峰村で計4棟が全壊、東峰村で3棟が半壊、東峰村で2棟が一部損壊し、朝倉・東峰村など計15棟が床上浸水、朝倉・東峰村などで計32棟が床下浸水の被害に見舞われたとの情報がはいっている。さらに川の水があふれた地点が朝倉市で28箇所、嘉麻市で1箇所となっている。

九州北部の記録的豪雨の影響でJRでは日田彦山線の添田駅から夜明駅間、鹿児島線では羽犬塚から熊本の間、久大線は善導寺から日田の間で運転見合わせとなっている。このうち久大線は、大分県日田市で橋梁が流されたため復旧にはかなりの時間がかかるという。また博多と由布院・別府などを結ぶ久大線特急ゆふいんの森は終日運転見合わせているほか、鹿児島線は他の区間で列車の本数を減らして運行する予定。私鉄では西鉄天神大牟田線は柳川駅から大牟田駅間で始発から運転を見合わせている。

現在福岡をはじめ九州各地では猛烈な雷が轟いている。しかし大雨特別警報は継続中で、もうしばらく最大級の警戒が必要だ。

福岡県朝倉市役所から中継。救助のためのヘリコプターが飛び始めたが、浸水や土砂災害で道路が寸断されているところがあり、全容の把握にはまだ時間がかかりそうだ。

大分県日田市から中継。JR久大線の光岡駅、日田駅の間にかかる鉄橋が崩れ落ち、レールも折れて川の中に落ち込んでいる。川の勢いは現在も増している。

大分県によると、日田市では本人や親族が救助を求めたり、”連絡がとれない”と市外にある家族などから相談があった人が43人いるという。このうち、午前6時半の時点で連絡がとれない人が11人いるということだが、警察によると人が川に流されたり、土砂崩れに巻き込まれたという情報はこれまでに入っていないといい、市や警察などが確認を進めている。

大分県の被害状況を伝えた。 日田市小野地区では土砂崩れで県道が通れなくなり孤立している地域がある。住民109人が市の施設に避難している。このほか、日田市の大鶴地区ではちかくの大肥川の水が溢れ複数の世帯が孤立している。日田市や中津市では住宅に土砂が流れ込み被害や建物の浸水被害が相次いでいる。

大分県では日田市の計1万2651世帯4万33人、中津市の計4177世帯9187人に緊急避難指示が出ている。また天瀬町全域や中津江地区、上津江地区、前津江地区、大山地区など日田市の計4093世帯1万229人、竹田市直入町全域の991世帯2299人に自治体が速やかな避難を促す避難勧告が出ている。

大雨の影響でJRでは久大線の日田駅から善導寺駅(福岡)間、豊肥線の中判田駅から阿蘇駅(熊本駅)間、 JRでは日田彦山線の夜明駅から添田駅(福岡)で運転見合わせとなっていて、久大線と豊肥線の通行可能な区間も便数を減らして運行する。また大分自動車道は玖珠ICと甘木ICの間の上下線で通行止めとなっている。このほか大分県内の高速バスでは福岡線の一部の区間で通行止めとなっているほか、長崎県は終日運休となっている。

記録的豪雨の影響で大分市では日田市、竹田市、豊後大野市、由布市、九重町、玖珠町の全公立小中学校、大分市の43の小学校、13の中学校、中津市の7のし小学校、3の中学校、佐伯市の2の小学校、2の中学校、臼杵市の5の小学校で休校となった。

雨雲は九州の広い範囲に広がり始めていて、きのう強い雨の降らなかった地域でも豪雨への警戒、早めの避難を心がけることが必要だ。

熊本県内は天草市や山鹿市で、昼前にかけて非常に激しい雨が降る可能性があり、1時間に降る雨の量は多いところで70ミリと予想されている。明日午前9時までの24時間雨量は200ミリと予想され、気象台は土砂災害に厳重警戒、低い土地の浸水・河川の増水などに警戒するよう呼び掛けている。玉名市では3件の土砂崩れが確認されている。土砂崩れによるけが人はいない。避難指示(緊急)が出されているのは南阿蘇村立野地区、避難勧告が出されているのは宇土市・南阿蘇村の立野地区を除く全域、美里町の山沿いと川沿いの地区、南小国町、菊池市の山沿いと川沿いの地区、産山村、大津町の山沿いと川沿いの一部の地区、上天草市の一部、合志市、宇城市の一部、菊陽町の山沿い。

九州北部で記録的豪雨となり、福岡・大分に大雨特別警報が出ている。まだ繰り返し降る可能性が高い。最大級の警戒が必要だ。予想される1時間の雨量は、福岡県、大分県、佐賀県、熊本県で80ミリ、長崎県で70ミリ。あすの明け方までには、福岡県、大分県、佐賀県で250ミリ、熊本県、長崎県では200ミリ。大分県、熊本県などで土砂災害の危険度も高まっている。九州地方の気象情報を伝えた。

福岡県災対本部によると6人の行方不明者が出ている。

キーワード
大雨特別警報
朝倉(福岡)
松末小学校
朝倉市災害対策本部
自衛隊
冠水
陥没
土砂崩れ
添田町(福岡)
東峰村(福岡)
杷木中学校
蜷城地区(福岡)
桂川
比良松中学校
JR宝珠山駅
陸上自衛隊
日田市(大分)
宝珠山(福岡)
JR久大線
光岡駅
日田駅
花月川
土砂災害
避難所
小野地区(大分)
中津市(大分)
草本地区(大分)
綿田地区(大分)
久留米市(福岡県)
山ノ井川
大刀洗川
金丸川
氾濫危険水位
国土交通省
気象庁
氾濫
浸水
豪雨
福岡県
大分県
小城(佐賀)
記録的な豪雨
土砂災害警戒情報
筑後地方(福岡)
えびの(宮崎)
天草(熊本)
島原(長崎)
佐賀県
長崎県
熊本県
中央区(熊本)
安倍総理大臣
麻生副総理・財務相
松本防災相
菅官房長官
総理大臣官邸
関係閣僚会議
松本洋平副大臣
避難指示(緊急)
久留米市(福岡)
朝倉市(福岡)
筑前町(福岡)
大塚地区(福岡)
弥永地区(福岡)
依井地区(福岡)
依井二地区(福岡)
三輪地区(福岡)
四三嶋(福岡)
下高場(福岡)
東小田(福岡)
嘉麻市(福岡)
嘉穂地区(福岡)
熊ケ畑地区(福岡)
うきは市(福岡)
福富(福岡)
御幸(福岡)
妹川(福岡)
姫治(福岡)
小塩(福岡)
山春(福岡)
下落合地区(福岡)
上落合地区(福岡)
彦山川周辺地域(福岡)
大鶴地区(大分)
三花地区(大分)
夜明地区(大分)
光岡校区(大分)
桂林校区(大分)
咸宜校区(大分)
東有田地区(大分)
西有田地区(大分)
本耶馬渓地域(大分)
耶馬渓地域(大分)
山国地域(大分)
避難勧告
立野地区(熊本)
玉名(熊本)
特別警報
筑紫野市(福岡)
みやこ町(福岡)
川崎町(福岡)
大分市(大分)
別府市(大分)
臼杵市(大分)
由布市(大分)
宇佐市(大分)
西部(大分)
中部(大分)
壱岐(長崎)
佐賀(佐賀)
日田(大分)
竹田(大分)
益城町(熊本)
南小国町(熊本)
加久藤(宮崎)
本渡(熊本)
糸島(福岡)
増水
えびの(熊本)
豊後・筑豊地方(福岡)
嘉麻(福岡)
JR
日田彦山線
添田
夜明
羽犬塚駅
熊本
鹿児島線
日田
善導寺
久大線
ゆふいんの森
西鉄天神大牟田線
大牟田駅
柳川
朝倉市役所
日田市総合体育館
天瀬町全域(大分)
中津江地区(大分)
上津江地区(大分)
前津江地区(大分)
大山地区(大分)
直入町全域(大分)
JR大分駅
豊肥線
阿蘇
大分道
玖珠IC
甘木IC
高速バス
中判田
竹田市(大分)
豊後大野市(大分)
九重町(大分)
玖珠町(大分)
佐伯市(大分)
NTTドコモ
KDDI
ソフトバンク
梅雨前線
厳重警戒
天草市(熊本)
山鹿市(熊本)
立野(熊本)
宇土市(熊本)
五木村(熊本)
福岡市(福岡)
宗像市(福岡)
阿蘇市(熊本)
小呂島
宮地駅

スポット

スクール/教育

杷木中学校

レジャー/交通

日田
阿蘇
大牟田駅
日田駅
熊本
柳川
中判田
日田市総合体育館
JR大分駅

政治/経済/地方自治体

朝倉市役所
朝倉市災害対策本部
気象庁
国土交通省
総理大臣官邸
  1. 前回の放送
  2. 7月6日 放送
  3. 次回の放送