朗読ドキュメンタリードラマ つなみ〜被災地の子どもたちのまなざしと言葉〜 2014年3月30日放送回

放送日 2014年3月30日(日) 14:00~14:50
放送局 NHK総合

番組概要

つなみ〜子どもたちの言葉〜 (バラエティ/情報)
14:00~

東日本大震災で父親をなくした宮城県石巻市の当時小学3年生・鈴木智幸くんの作文を紹介。この春5年生になった智幸くんは少年野球チームに入って活躍している。

東日本大震災を体験した、宮城県気仙沼市の佐藤菜摘さん・佐藤春菜さん姉妹が、震災の様子をを絵に描いて、作文を書いた。

東日本大震災で被災した佐藤さん一家は、仙翁寺で3ヶ月間避難生活を送った。佐藤さん姉妹は避難所でフラフープ遊びを始め、避難していた子どもたちも加わるようになった。仙翁寺で佐藤さん姉妹は、被災者らを相手にカフェを行った。

鈴木啓史さんは震災当日の夜を小学校の体育館で過ごしたが、陣痛の起きた妊婦が出産する様子に遭遇した。鈴木啓史さんがは外で食料などを拾い、避難所で配った。

東日本大震災を体験した、宮城県石巻市の高校生・鈴木啓史さんの作文を紹介。鈴木啓史さんが家族で避難する様子を、ドラマで再現した。

鈴木美香さんは、震災後に各地をまわり、石巻焼そばの屋台を出している。鈴木啓史さんが、千葉県松戸市のお祭りで、母親の屋台を手伝った。

東日本大震災を体験した、岩手県大槌町の小学生の八幡千代さんの作文を紹介。八幡千代さんの母親は震災で行方不明となり、半年後に遺体で発見された。八幡千代さんの父親の八幡光徳さんは、作文を読んで初めて娘の心を知ったと語った。

キーワード
東日本大震災
石巻市(宮城)
気仙沼市(宮城)
石巻焼そば
松戸市(千葉)
大槌町(岩手)

昭和三陸地震 (バラエティ/情報)
14:26~

昭和8年に三陸地方で発生した大地震について、作家・吉村昭が「三陸海岸大津波」という著書で書いている。震災当時小学生だった牧野アイさんは、東日本大震災も経験した。

昭和8年に三陸地方で発生した大地震について、牧野アイさんが小学生の頃に書いた作文を読み上げた。この作文をもとに、昭和三陸地震の様子をドラマで再現した。

牧野アイさんは、昭和三陸地震で家族全員を亡くしたが、学校教員の夫と結婚した。牧野アイさんの娘の荒谷栄子さんも教員となり、子どもたちに地震の恐怖を教えている。

キーワード
昭和三陸地震
吉村昭
三陸海岸大津波
東日本大震災

つなみ〜子どもたちの言葉〜 (バラエティ/情報)
14:38~

会津美里町で行なわれた復興支援イベントで、東日本大震災を体験した松本優太朗くん・松本倖太朗くん兄弟が作文を朗読した。二人の父親の松本智幸さんは、震災前には楢葉町で酪農を営んでいた。

東日本大震災で、楢葉町に住んでいた松本さん一家は自宅と家畜を失った。松本智幸さんが、震災で破壊された楢葉町の自宅跡を訪れた。東日本大震災で被災した松本さん一家は、会津若松市で避難生活を送っている。

キーワード
東日本大震災
会津美里町(福島)
楢葉町(福島)
会津若松市(福島)

エンディング (その他)
14:48~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 3月30日 放送