小良(おら)ヶ浜ふたたび〜福島・原発の浜で生きた漁師たち〜 2013年5月1日放送回

放送日 2013年5月1日(水) 0:40~ 1:40
放送局 NHK総合

番組概要

小良(おら)ヶ浜ふたたび~福島・原発の浜で生きた漁師たち~ (バラエティ/情報)
00:40~

12月14日、福島沖では1隻の漁船が海へと乗り出していた。船からは東京電力福島第二原発が見えた。この船は毎月実施している魚のモニタリングを行う船で、魚や海水の放射能濃度を調べている。原発事故から2年が過ぎた今も、福島県の漁業は再開のメドが経っていない。

いわき市にある久之浜漁港で、水揚げされた魚を試験場の職員が受け取った。

いわき市泉にある富岡町仮設住宅では、震災以来およそ220世帯が避難生活を続けている。2年経っても自宅には戻れず、海を追われた漁師たちの家族もここで生活している。ここで生活している漁師のひとり・佐藤重男さんは、腕のいい漁師だったが船は津波で流されてしまった。この2年間は仲間の船でモニタリングや瓦礫の処理の仕事をしてきた。

そんな佐藤さんらの漁を記録した映像が残っていた。1986年に放送された「ぐるっと東海道3万キロ 小良ヶ浜はオラが浜 福島県・浜通り」では、かつて日本一小さな港だといわれた小良ヶ浜漁港で、漁師達が力をあわせて漁を続ける姿を記録していた。

また、大和田誠一さん夫婦はいわき市内のアパートに2人で生活していた。

佐藤重男さん夫婦が、富岡町へ一時帰宅をした。重男さんはこの2年間、毎月のように自宅のある小良ヶ浜へと戻っている。小良ヶ浜は富岡町の中で最も線量が高く、帰宅困難区域になっている。この富岡町では、今も15000人あまりの全町民の避難が続いている。事故による保障を町民一律にするため、町では5年間帰宅しないことを決めた。

この富岡町の南にある楢葉町では、除染の作業が進められている。重男さんの長男・重春さんが、ここで働き始めた。

木戸川を見ると、サケが産卵のためにふるさとであるこの川に戻ってきた。

茨城県常総市にいる佐藤重男さんの兄・重利さんは原発事故後にここに避難してきた。重利さんは、第一原発の用地買収が進められていた1960年代なかばは漁協の交渉委員をしていた。建設の際、「作っちゃったからしょうがないけどね。ひとりだけ反対してもどうにもならないから」と語った。

大玉村にある大玉村安達太良仮設住宅では、富岡町を中心におよそ280世帯が避難生活を続けている。100人以上の高齢者が生活しており、自治会では1人暮らしのお年寄りの見回りを続けてきた。現在、仮設住宅には漁をしていた佐藤意登子さんらが住んでいる。

大玉村の仮設住宅からおよそ20分のところにある富田仮設住宅を、川崎照子さんはたびたび訪れていた。弟の妻に会うためで、弟は1年前にがんのために亡くなった。弟は40年間地元で原発作業員をしており、仕事をやめてちょうど10年後に原発事故が発生した。

弟夫婦は、ともにいわきの炭鉱育ちで、父親を炭鉱の落盤事故で亡くしていた。その後東京で再開し、結婚。そのとき照子さんの夫・定信さんは海を離れ、工事が始まった原発で作業員を集める仕事をしていた。

郡山市のはずれにある開送院では、避難先で亡くなった人たちの遺骨を一時的に預かっており、川崎照子さんの弟の遺骨もここに預けられている。

今も1日に3000人以上の作業員が第一原発へ向かっているが、そのほとんどが下請け業者から送り込まれた労働者たち。3号機で復旧作業に当たっていた作業員に話を聞くと、この男性はタービン建屋の地下で電源ケーブルを接続する作業を命じられたという。

佐藤重男さんは、この2年間震災で海へ流れ出したがれきを処理する船に乗ってきた。福島の漁師のため、水産庁が始めた事業であり、津波を免れた地元の底引き網漁船で海底のがれきを取っている。

去年1月の組合会合に、佐藤重男さんなどが参加。今も福島の海は深刻で、漁の再開の目処は全く立っていない。

大玉村安達太良仮設住宅では、住宅を見回っている団体が見回りを続けている。ここで生活している佐藤義親さんは、一家で農業を営んでいたが、原発事故の直後から避難先7ヵ所を転々としていた。

富岡町仮設住宅で暮らす佐藤重男さんの仮設住宅には、毎週末になると水戸市に避難している3人の孫達がやってくる。息子・重春さんとは、このまま漁師を続けるのか何度も話し合ってきた。

楢葉町では除染の作業が進められている。大量の放射性廃棄物は行き場がなく、積み上げられた状態になっている。

この映像から四半世紀が経ち、このとき取材にあたったディレクターが漁師の家族達ののもとを訪ねた。佐藤定秋さん夫婦は、海から遠く離れた郡山市の仮設住宅で生活。震災翌日、佐藤さんらは隣の川内村へ脱出したが、飼っていた3匹の犬と11匹のネコは置いてきてしまったのだという。

キーワード
原発事故
久之浜漁港
いわき市(福島)
震災
ぐるっと東海道3万キロ 小良ヶ浜はオラが浜 福島県・浜通りラが浜 福島県・浜通り」
小良ヶ浜漁港
冨岡町(福島)
楢葉町(福島)
除染
木戸川
サケ
常総市(茨城)
大玉村(福島)
  1. 5月1日 放送