情報まるごと 2014年9月26日放送回

『情報まるごと』(じょうほう- )は、2013年4月4日から2015年3月19日まで、NHK総合テレビジョンで平日に放送された情報番組である。全編生放送で、基本の放送時間は月曜日 - 金曜日の14:05 - 14:55(JST)であった。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年9月26日(金) 14:05~14:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
14:05~

オープニング映像が流れ出演者が挨拶した。

「国連と日本」や「神戸の女児遺体遺棄事件男が現場近くへ」などのきょうのトピックスを紹介。

ニュース (ニュース)
14:06~

神戸市で小学1年生女児が遺体となって見つかった事件で逮捕された男は、遺体が発見された翌日の未明一人で現場の雑木林の近くへ訪れ、警察官から警察への任意同行を求められていたことが分かった。男は当時酒に酔っていて不審な様子だったということで、取り調べを受けたあと死体遺棄の容疑で逮捕された。男は遺体や現場の様子を伺おうとしていた可能性もあるとみて引き続き自宅を捜索するとともに、事件の経緯や動機についても調べを進めているが、男は事件に対して黙秘を続けている。

土砂災害で大きな被害を受けた広島市・安佐北区では災害ボランティアが住宅などに流れ込んだ土砂や瓦礫の撤去にあたってきたが、その活動を農地にも活動の範囲を広げている。今回の土砂災害で広島市では28ヘクタール余りで土砂が流れ込むなどの被害が確認されており、今後こうしたボランティアの活動に期待が寄せられている。

キーワード
長田区(兵庫)
サトイモ
安佐北区(広島)
土砂災害
ボランティア

国連総会 (ニュース)
14:09~

安倍首相は国連総会で演説を行い、エボラ出血熱の感染拡大防止やイスラム国が勢力を拡大するイラクやシリアなどの安定に向けて支援を行う考えを表明した。また日本が安全保障理事会の常任理事国入りを目指す考えを示した。先週から始まった国連総会。日本時間のおとといから各国首脳らによる一般討論演説が始まった。最大の焦点はイスラム国への対応。 イスラム国には80か国以上の1万5000人以上の外国人戦闘員が参加しているとのこと。オバマ大統領の呼びかけで安全保障理事会の首脳級の会合が開かれ外国人戦闘員への対策強化する決議が全会一致で採択された。またエボラ出血熱の対策も話されて各国が支援の拡大を約束した。

課題として、「イスラム国」「地球温暖化」「ウクライナ」「エボラ出血熱」があった。「イスラム国」は脅威・外国人戦闘員どう取り締まっていくか、評価はできるが、安保理決議の無いままアメリカがシリアを空爆したりしているので△。「地球温暖化」は中国・アメリカが歩み寄りの姿勢を見せたため○。「ウクライナ」はロシアの態度が頑なで安保理も先に進まないため×。「エボラ出血熱」はより一層支援を進めていくという意味で約束されたので○。国連が機能できているかについて、イスラム国に関して、安保理決議の無いまま話が進んでしまったことは大きな問題だが、そこまで反発がなく、イスラム国の脅威が反発を超えたということが言える。

国連総会では多くの国の首脳が演説でイスラム国について触れていて、自国の若者がイスラム国に加わった上に帰国しテロを起こす危険性に強い懸念を示していた。総会に合わせて米のオバマ大統領が国連安保理で開いた首脳級の会合ではイスラム国に加わる外国人戦闘員を封じ込めるために各国が情報を共有して移動を阻止したり資金源を断つことを求める決議が全会一致で採択された。米軍がイスラム国の壊滅の名のもとに米がシリア政府の了解なしにシリア国内への空爆を踏み切ったことについてはシリアやロシアやイランから批判を浴びている。

キーワード
安倍首相
イスラム国
国連総会
オバマ大統領
イスラム過激派
国連安保理
地球温暖化
ウクライナ
パン・ギムン事務総長
イラク
シリア
ニューヨーク
安保理
日本
安全保障理事会常任理事国
エボラ出血熱
アメリカ
中華人民共和国
ロウハニ大統領
ニューヨーク(アメリカ)
ロシア
イラン
アメリカ軍

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 9月26日 放送
  3. 次回の放送