ひるまえほっと 2016年6月10日放送回

放送日 2016年6月10日(金) 11:05~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

東京スカイツリーからの映像と現在の様子を伝えた。36分頃発掘!お宝番組、藤岡弘さんとラインナップを伝えた。

キーワード
東京スカイツリー
藤岡弘さん

いま旬市場 (バラエティ/情報)
11:06~

築地で今が旬のイワシを紹介。銚子はイワシの漁獲高が日本一。目が澄んでて身が太っているのが美味しいイワシのポイント。手開きをするのがおすすめ。イワシのおいしい食べ方イワシの刺身、かばやき、なめろうを紹介。旬は秋口まで続く。

旬のさくらんぼを紹介。6月は山形県のさくらんぼの最盛期になる。一番生産量の多い佐藤錦を紹介。今年は全般的にやや豊作と言われている。おいしいさくらんぼの見分け方は皮にハリとツヤがあるもので、色が濃いものがおすすめ。また軸がしっかりして青々しているのもポイント。さくらんぼの大福やフレンチトーストさくらんぼ添えを紹介した。さくらんぼも傷みやすいのでできるだけ早く食べるのがおすすめ。冷やし過ぎると甘みが薄れてしまうので食べる1~2時間ほど前に冷蔵庫に入れるといい。

キーワード
イワシ
イワシの刺身
イワシのかば焼き
イワシのなめろう
佐藤錦
さくらんぼ
さくらんぼ大福
フレンチトーストさくらんぼ添え

いまほんランキング (バラエティ/情報)
11:14~

10位:ガラスの太陽 Nノワール/誉田哲也、9位:流/東山彰良、8位:殉教者:加賀乙彦、7位:罪の終わり/東山彰良、6位:コーヒーが冷めないうちに/川口俊和、5位:羊と鋼の森/宮下奈都、4位:戦旗不倒/田中芳樹、3位岳飛伝(17) 星斗の章/北方謙三、2位:終わった人/内館牧子、1位:カエルの楽園/百田尚樹

八重洲ブックセンター本店フィクション週間ベストセラー。7位は罪の終わり/東山彰良。地球に小惑星が衝突した近未来。世界は崩壊し恐怖や暴力が蔓延する中人々は生きるために人を食い始める。そこに救世主が現れる。3位は北方謙三の岳飛伝(17)星斗の章。

山市香世さんは全国各地のマンホールの蓋の写真を撮影しインターネットで公開している。今回のいまほんは山市さん中心に監修した 「デザインマンホール大図鑑」。デザイン制のあるマンホールの蓋553店を紹介している。金物の町として有名な新潟県三条市のマンホールなどが紹介された。山市さんは地元の文化や歴史などが込められているので、近所でどんなものが書かれてあるのかを見ていくとマンホールから知らなかった街の一面などが広がっていくと思うなどと話した。

キーワード
八重洲ブックセンター本店フィクション週間ベストセラー
罪の終わり
東山彰良
北方謙三
岳飛伝(17)星斗の章
デザインマンホール大図鑑

趣味の園芸 時代をつくった花たち (バラエティ/情報)
11:18~

バラは3万を超える品種を持っており、日本の1960年代後半でのバラは剣弁高芯で大輪の一花だった。当時では色や形を競うコンテストが盛んにおこなわれていたが、庭にはなじまない花だったとのこと。高木さんは庭で楽しめるバラを探しに海外まで足をはこび、オールドローズの存在を知った。それは一つの枝に多くの花を咲かせるバラだが一季咲きとのこと。90年代に日本に四季咲きのイングリッシュローズが上陸したことで、バラは四季で楽しめるようになり、庭の認識が和風から洋風に変わったとのこと。高木さんにとって「希望」で、バラは未来に向かう希望などとはなす。

趣味の園芸の番組宣伝と、テキスト「趣味の園芸」の最新号ではブルーベリーやアジサイを特集しているとのこと。

キーワード
バラ
趣味の園芸
オールドローズ
イングリッシュローズ
ブルーベリー
アジサイ

首都圏のニュース・気象情報 (ニュース)
11:24~

埼玉県小川町で、中国の水墨画家朱鴻祥さんの作品展が開かれた。「連年有魚」や「喜鵲梅花」など約30点の作品が展示されており、水墨画展示会は今月12日まで開かれているとのこと。

神奈川県平塚市と東京大学は波力発電の実現に向けて、平塚海洋エネルギー研究会を発足し、市の沖合で実験をすることになった。波力発電の装置は波受け板が沖合から波と引き波をとらえて発電する仕組みとなっており、平成32年をめどに平塚市の沖合に設置する計画とのこと。落合克宏市長などは期待したいなどと話す。

関東の天気予報を伝え、各地で熱中症への注意を呼びかけた。

キーワード
埼玉伝統工芸会館
朱鴻祥さん
連年有魚
喜鵲梅花
水墨画展示会
小川町(埼玉)
東京大学
平塚海洋エネルギー研究会
落合克宏市長
平塚市
東京大学生産技術研究所
林昌奎
平塚(神奈川)
波力発電
熱中症

お知らせ (その他)
11:27~

あしたの日本を創る協会では住民が自主的に運営する団体などから活動レポートを募集している。

キーワード
あしたの日本を創る協会

ひるまえ通信 (バラエティ/情報)
11:28~

神奈川・藤沢に住む高槻明志さん、東京・青梅に住む吉岡賢一さんから頂いた写真を紹介し、テーマ「私のリフレッシュ」で写真を募集していることを伝えた。

キーワード
藤沢(神奈川)
青梅(東京)
高槻明志さん
吉岡賢一さん
番組のHP

きょうの料理 つまみ食い (バラエティ/情報)
11:30~

いわしのしょうが煮を紹介。最初にいわしの内蔵を取り出し、酒・水に10分間つけたあとに中火にかける。ポイントは酒を浸透させてからアルコール分を飛ばすことで生臭みを取り除くことができる。アクを取った後、薄い輪切りにしたしょうがを入れることによって香りよく風味豊かにする。そしてしょうゆを入れ、強めの中火で煮詰めてしっかりとした味付けにする。煮汁がなくなる寸前までいけば完成。

今回紹介した「いわしのしょうが煮」は14日に放送するきょうの料理でも詳しく伝える。またかんたんごはんのHPなどでも見ることができる。

きょうの料理6月号のテキストでは旬の魚を使った定番和食を紹介している。

キーワード
いわしのしょうが煮
しょうが
いわし
HP
きょうの料理
電子版
NHK出版

中継1minほっと! (バラエティ/情報)
11:35~

渋谷・鹿児島おはら祭の紹介。道玄坂付近で鹿児島県の人たちなど2000人以上が踊り歩く。

キーワード
渋谷・鹿児島おはら祭
渋谷(東京)

発掘!お宝番組 (バラエティ/情報)
11:36~

NHK大河ドラマ「勝海舟」は1974年に放送された。幕末から明治、日本の未来を見据えた勝海舟の半生が描かれた。このドラマで坂本龍馬を演じたのが本日のゲストの藤岡弘。

現在放送中の大河ドラマ「真田丸」に本多忠勝役で出演している藤岡弘は28歳の時に坂本龍馬役で大河ドラマ「勝海舟」に出演した。藤岡は今回、「勝海舟」が4話分入ったVHSをNHKに提供した。NHKにはこれまで全52話中3話しか保管されていなかったので、これでNHKの所持話数が増えた。同じ四国出身ということなどから藤岡は坂本龍馬に思い入れが強く、キャスティングされた時は燃えたという。いろいろな資料を読み、役になりきった。

藤岡(坂本龍馬)の「勝海舟」での最後の出演回(第44回)のクライマックス、龍馬が暗殺されるシーンは、リハーサル無しの一発勝負で撮影された。藤岡はこのシーンの撮影について、龍馬が乗り移ったような感じになり、終わった後は放心状態だったなどと語った。刺客役は殺陣師が演じ、演出家にはやりたいようにやっていいと言われたという。その他、藤岡は志半ばで亡くなった龍馬の感じた無念さやそれを演技の中でどのように表現したかなどについて熱く語った。

藤岡は「勝海舟」には教訓が多く入っており、後世に遺すことには意義がある、日本を背負っていく若い人たち、未来を夢見る人たちに映像を見て欲しいなどと話した。また、まだ家にはお宝が眠っているのでまた発掘したいなどと話した。「歴史を忘れてはいけない、多くの教訓と未来がそこにはある。」

1977年放送の少年ドラマシリーズ「白い峠」は、同シリーズとしては珍しい時代劇だった。江戸時代の忠臣蔵の物語。仇討に向かう赤穂浪士の葛藤が武士の子供たちの目線で描かれている。このドラマに出演した佐山泰三さんが全20回分をNHKに提供した。作品は各NHK放送局の番組公開端末や埼玉県川口市のNHKアーカイブスにある番組公開ライブラリーなどで見ることが出来る。

NHKの番組を録画した古い映像をお持ちの方はぜひご連絡ください。電話:048-268-8130、ホームページ:http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/

藤岡弘はもう一度見たい番組を問われ、「勝海舟」52話分を初めから終わりまで見て真剣に生き抜く息吹をもう一度自分の中で燃やしたいなどと答えた。

「本多忠勝」を「本田忠勝」と誤って表記していたことへの訂正。

キーワード
勝海舟
子母沢寛
倉本聰
中沢昭二
藤岡弘
坂本龍馬
真田丸
本多忠勝
白い峠
佐山泰三さん
川口(埼玉)
NHKアーカイブス
NHK放送センター
放送技術研究所
放送博物館
http://www.nhk.or.jp/archives/hakkutsu/
大河ドラマ 真田丸

エンディング (その他)
11:53~

”海の魅力”届ける移動水族館~葛西臨海水族館~

  1. 前回の放送
  2. 6月10日 放送
  3. 次回の放送