ひるまえほっと 2019年7月18日放送回

放送日 2019年7月18日(木) 11:05~11:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

オープニング映像が流れた。

各局レポート (バラエティ/情報)
11:05~

映像に映っているのは埼玉県吉川市出身の、元サッカー日本代表・中澤佑二さん。埼玉放送局が製作しているVRツアーの映像だった。埼玉県は来年の東京オリンピック・パラリンピックでサッカーやバスケットボールなど4つの競技が開催される。その競技会場をVRカメラで撮影する取り組みを進めている。

サッカーの競技会場となる埼玉スタジアム2002。撮影は先月下旬に行われた。カメラには2つのレンズがついており、それぞれ1度に撮影したデータを専用のソフトを使って処理し、360度見ることが出来る映像に組み上げる。完成した映像は専用のゴーグルを着けて鑑賞する。その場にいるような臨場感が味わえる。VRは仮想現実と呼ばれ、不動産やエンターテイメント業界で広がっている。今回は普段は関係者しか立ち入れないエリアも撮影することができた。次にやってきたのは選手たちがウォーミングアップする場所。体だけでなく心もウォーミングアップできる。特徴は「音」。大きく反響する音で、選手たちが士気を高めることができる。そして今回は元日本代表・中澤佑二さんのプレーが体験できる。中澤さんと言えば豪快なヘディングシュート。撮影を快諾してくれた。VRカメラはゴールキーパーの視点に設置し、迫力ある中澤さんのプレーを撮影する。撮影に協力してくれた浦和南高校のサッカー部の皆さんは、VRカメラに興味津々。最初はフリーキックからのヘディングシュート。なんとカメラの三脚を直撃した。次は足もとのテクニックを披露してからのシュート。一旦パスして、飛び込んできてのシュート!…と思いきや、パスがそのままゴールへ。この日11回目のプレーで、さすがの元日本代表プレーヤーにも疲労の色が。声援をもらった中澤さんは12回目のトライをし、ヘディングシュートが見事に決まった。撮影終了後に早速自身のプレーをVRゴーグルで見ると「近っ!すごい近い。僕のプレーはイケてます。僕のプレーを見て、オリンピックが開催される、盛り上がるんですよね」などと感想を言った。中澤さんも大絶賛のNHK VRツアーは間もなく完成。高校生たちは中澤さんとのプレーを非常に楽しんでいた。中澤さん自身も、「地元で行われるオリンピックが待ち遠しい」と話していた。VRの映像はこの夏に埼玉県内で開かれる東京オリンピック・パラリンピックの関連イベントで体験することができる。詳しい日程はさいたま放送局のHPに掲載。

5月に行われた「NHK杯全国高校放送コンテスト群馬県大会」で最優秀賞を受賞した高崎女子高校放送部の2人を紹介する。アナウンス部門で最優秀賞となったのは高橋日菜さん。朗読部門最優秀賞となったのは斎藤花織さん。2人がアナウンスしている様子が流れた。放送部の活動は週3回。アナウンス部門の髙橋さんはNHK杯の全国大会に出場することが目標で、3年生になった今年とうとう目標を達成した。去年の大会では入賞もできなかった高橋さんは仲間からのアドバイスを積極的に聞き、間のとり方など課題に取り組んできた。朗読部門の斎藤さんの将来の夢は声優業で、主人公になりきった台詞回しが評価された。台詞にはバリエーションを用意する。仲間の意見を聞いて台詞のパターンを選んだ。群馬県から全国大会に進むのは6人。高崎女子高校からは今年優良賞の2人を合わせて4人が駒を進めることになった。互いに欠点や長所を指摘しあい、切磋琢磨してきたことがいい結果に繋がった。毎日のお昼の校内放送は放送部が担当する。原稿は自分で書くという。アナウンス部門の髙橋さんは右手で間をとりながらマイクに向かう。一方、朗読部門の斎藤さんの原稿には台詞が良く入る。2人はそれぞれの持ち味をこうして伸ばしてきた。最優秀賞の2人は、夏の甲子園を目指す高校野球群馬大会の開会式の司会を務めた。およそ3500人、これだけ多くの人前でのアナウンスは初めてだという。2人がつかんだ大きな晴れ舞台、全国大会は来週東京の代々木で始まる。NHK杯全国高校放送コンテストは準々決勝・準決勝が7月23・24日にオリンピックセンターで、決勝が7月25日にNHKホールで行われる。

宇都宮放送局のリポートで映像提供いただいた会社の名前が誤っていた。正しくは「株式会社アストロアーツ」。

キーワード
中澤佑二さん
吉川市(埼玉)
東京オリンピック
パラリンピック
浦和南高校
前橋放送局
全国高校放送コンテスト
高崎女子高校
NHK VR TOUR
さいたま放送局 ホームページ
上毛新聞敷島球場
夏の甲子園
前橋(群馬)
代々木(東京)
オリンピックセンター
NHKホール
宇都宮放送局
アストロアーツ

いまほんリポート (バラエティ/情報)
11:22~

今回紹介する本は「これまでヒミツにされてきた誰でもトップ層に入れる中学生の勉強法」、著者は石田勝紀さん。20歳のときに学習塾を設立、現在は全国で子どもの教育について語り合うカフェスタイルの勉強会を開いている。石田さんは子どもの自己肯定感が勉強で潰されている可能性が高いとし、勉強で困っている生徒はこれまでの生活の中で勉強のやり方や覚え方を教わらなかったせいだという。この本にはそれらがまとめられており、英語のテスト勉強であれば試験のおよそ10日前から教科書を20回音読、5日ほど前から問題集を3回解き最後に新しい単語を覚え、試験前日は最後の確認作業をするなど具体的なアドバイスがされている。石田さんは「思ったことは実現する」「間違い・失敗はどんどんすること」などが勉強法に効果を発揮するための心構えだと話した。

キーワード
これまでヒミツにされてきた誰でもトップ層に入れる中学生の勉強法
石田勝紀さん

首都圏のニュース・気象情報 (ニュース)
11:25~

スポーツの指導中の体罰や暴言などを根絶しようと、きのうサッカー指導者を対象にした講習会が茨城県土浦市で開かれ、参加者が不適切な指導の事例(試合中に選手をグラウンドで正座させる、特定の選手を集中的に注意するなど)を学び“暴力根絶に務める”という宣誓書に署名した。

江戸時代に庶民に親しまれた「遊び絵」の魅力を紹介する展示会が群馬県高崎市の高崎市タワー美術館で開かれている。遊び絵は多くの人を寄せ集めた姿を描き人の顔に見せたり、上下逆さまにしても表情の異なる顔にみせる浮世絵の一種。会場には歌川国芳の作品や歌川広重の作品など100点余りの作品が展示されている。この展示会は9月1日まで開かれている。

関東地方の天気予報を伝えた。

キーワード
茨城県サッカー協会
土浦市(茨城)
江戸時代
歌川国芳
歌川広重
高崎市(群馬)

ひるまえ通信 (バラエティ/情報)
11:29~

視聴者からの投稿写真などを紹介。埼玉・深谷の藤野さんから尾瀬にハイキングに行ったときに撮影した水芭蕉の写真を紹介。このあとは全国のニュースを伝える。

「〒150-8001、NHKひるまえほっと FAX03-3485-8588」とテロップ表示。

キーワード
深谷(埼玉)
水芭蕉

スポット

スクール/教育

高崎女子高校
浦和南高校

レジャー/交通

高崎市タワー美術館
NHKホール
オリンピックセンター
埼玉スタジアム

流通

イオンレイクタウン
イオンモール春日部
アリオ上尾

科学/環境/気象

アストロアーツ

趣味/スポーツ

日本サッカー協会
  1. 前回の放送
  2. 7月18日 放送
  3. 次回の放送