ひるまえほっと 〜関東甲信越〜

放送日 2019年6月17日(月) 11:35~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

特集 (バラエティ/情報)
11:35~

最近はクラフトジンの人気が高まっている。中には自宅にバーを作った人もいる。

ジンはオランダで薬として作られたものがイギリスに渡り蒸留酒として発展したものである。以前クラフトビールなどが流行ったを受けてクラフトジンが次々と作られるようになった。日本では3年前から作られるようになった。

品川区でジンフェスティバルが開催され、2日間で9000人が集まった。イベントには21か国のクラフトジンが集まった。スコットランドのクラフトジンを試飲した今井アナは「丸みがある味」と話した。次に南アフリカのクラフトジンを試飲し「スパイシー」と話した。次に日本のクラフトジンを試飲し「桜餅の味」と話した。クラフトジンは新しいお酒として若い人を中心に人気が集まった。

渋谷区のバーでもクラフトジンを飲むことができる。店長は女性にオススメのクラフトジンを勧め試飲した今井アナは「ミントのような清涼感がある」と話した。また、同じ飲み物を別の飲み方で飲むと「まろやかで甘味が際立つ」と話した。

茅ヶ崎市に住む吉田さん夫妻は自宅でクラフトジンを楽しんでいる。自宅にはクラフトジンのボトルが30本あり、吉田さんが魅力に感じているのはボトルのデザインである。また、自宅にバーカウンターまで作った。妻との晩酌が至福のひとときである。2人は新婚旅行でイギリスの蒸留所へ行った。

今井アナは厚木市にあるクラフトジンを製造している酒造会社を訪れた。酒造会社は去年からクラフトジンの製造を開始し、原料にはカボスのピールなどを使っている。クラフトジンは地域の人と連携して作り出されたもので、カボスは地元のNPO法人が作っている。酒造会社で作っているクラフトジンを試飲した今井アナは「柑橘のさわやかさがある」と話した。

厚木市の酒造会社が作ったクラフトジンがスタジオに登場し、匂いを嗅いだ柘植アナは「柑橘のいい香りがする」と話した。また、クラフトジンはボトルも素敵ということで 草花の名前がデザインされているボトルなどを紹介した。

キーワード
クラフトジン
ジンフェスティバル
渋谷区(東京)
茅ヶ崎(神奈川)
カボス
サンショウ
厚木(神奈川)

ソトナビ (バラエティ/情報)
11:51~

渋谷の中継映像が流れ、日比谷公園で行われるアフリカ日比谷フェスティバルを紹介した。アフリカ文化や食事などが楽しめる。

キーワード
渋谷(東京)
日比谷公園
アフリカ日比谷フェスティバル

ひるまえ通信 (バラエティ/情報)
11:53~

群馬県の高橋さんの写真が紹介された。

キーワード
高橋としこさん

エンディング (その他)
11:53~

次回予告のテロップ。

後藤佑季は趣味が写真で「先程の写真も素敵」と話した。

  1. 前回の放送
  2. 6月17日 放送
  3. 次回の放送