ひるまえほっと 2019年6月14日放送回

放送日 2019年6月14日(金) 11:30~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像が流れた。

特集 (バラエティ/情報)
11:30~

きょうは摂食障害について考える。6月2日は「世界摂食障害の日」でSNSでは30キロ台の体重計の写真と「まだまだ痩せたい」などの投稿や吐くコツなどの情報交換も行われている。摂食障害は治療中の人が2万6千人いて未受診は数十万人と想定される。拒食と過食に分けられる心の病気で強い不安や生きづらさが背景にある。

世界摂食障害アクションディが開かれた。会場では摂食障害の体験をありのまま描いた漫画が展示されている。漫画を描いたのは漫画家の永谷順子。高校2年から7年間苦しんでいたという。小さい頃から大柄のぽっちゃり体型で優しい母に愛され体型に悩まない明るい子供だった。父親が厳しい人で絶対服従、漫画家が夢だったが許してもらえず良い子でいつづけた。摂食障害のきっかけになったのは高校生のころのダイエットで、のめり込んでしまい過食に走ってしまった。だれにも相談できず思いつめるようになったという。相談できなかったのは父が厳しく失敗を許さない人だったから。救うきっかけになったのは漫画家になる夢、初めて母親に伝えると「全部責任をもつから生きていきなさい」と言ってくれた。

永谷さんは摂食障害を徐々に克服した。摂食障害を描き始めたのは6年前、もうすぐ娘が高校生になり、かつて苦しんでいた自分を思い出したから。娘と同じ世代の子になにかできないかと描き始めたという。3月、永谷さんはブログを見てメッセージをくれた人に会った。ロペさんは18歳から17年間過食嘔吐を繰り返してきた。ロペさんは誰にも言えない苦しみを作品に描いている。5年前から作品をインターネットに公開してきた。

6月に行われた「摂食障害アクションディ」の会場には永谷さんがロペさんのことを描いた漫画が展示された。踏み出す先はきっと見つかると永谷さんは漫画に込めていて「苦しみは自分だけじゃないと伝わったらいい。皆さん勇気を出して語ってくれる」などと話した。漫画は「おちゃずけのブログ」で見ることができる。

キーワード
厚生労働省
明治学院大学
世界摂食障害の日
摂食障害
世界摂食障害アクションディ
おちゃずけのブログ
赤坂(東京)
摂食障害アクションディ

かんたんごはん (普遍情報)
11:45~

じゃがいものパンケーキを作る。じゃがいも2つをすりおろす。ザルで漉して水気をきる。たまねぎ50Gもすりおろす。ふたつを混ぜ、塩・こしょう・なつめぐを適量と卵一個を加えまぜる。すりおろしたときのじゃがいものでんぷんを生地に混ぜる。サワークリームおおさじ2、塩小さじ1、こしょう少々、にんにく少々、ねぎを2~3本を混ぜ、ディップを作る。フライパンに油を入れ、生地も入れ焼く。きつね色になったら反対も焼く。焼けたら上に生ハムをのせて、ディップをのせて完成。

じゃがいものパンケーキ「レシピはHPで」のテロップ。

キーワード
じゃがいものパンケーキ
HP
じゃがいも(男爵)
にんにく
ねぎ
パセリ
ディル
生ハム
スモークサーモン
こしょう
ナツメグ
ドイツ

いまほんリポート (バラエティ/情報)
11:50~

親鸞全挿画集は五木寛之さんの新聞小説「親鸞」の挿絵をまとめた一冊。親鸞は鎌倉時代の人物。作者の山口晃は大河ドラマ「いだてん」の背景画も担当している。山口晃は小説のメッセージを独自の解釈で挿絵にした。コミカルに描くこともある。連載を振り返って、人生に迷う親鸞の前に現れる人物が魅力的だったと話した。

キーワード
親鸞
親鸞全挿画集
五木寛之さん
大河ドラマ「いだてん」

ひるまえ通信 (バラエティ/情報)
11:52~

東京・練馬区の高雄さんが送ってきたユリの写真を紹介。百合根から育ったという。

ホームページの紹介のテロップ。

ひるまえほっとの番組宣伝のテロップ。

キーワード
高雄サト子さん
nhk.jp/shutoken-hirumae
茶碗蒸し
練馬区(東京)
ユリ

エンディング (その他)
11:53~

出演者らが挨拶した。

つづいては気象情報。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月14日 放送
  3. 次回の放送