ひるまえほっと 2019年6月6日放送回

放送日 2019年6月6日(木) 11:30~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像が流れた。

特集 (バラエティ/情報)
11:30~

コーナーオープニング。「お魚食べていますか?」農水省の調査によると魚介類の一人あたりの消費量はピーク時の2001年の40.2kgから約40%減少している。今日は魚を食卓に呼び戻そうとする取り組みを紹介。

横浜の繁華街に住む女性。働くママ。仕事帰りに鮮度の良い魚を買える店がないことが悩み。そこで利用し始めたのが、保育園の近くにあるカラオケ店。受付の前に置かれている冷蔵ボックス。扉をあけて取り出したのが、イサキ、アジなどの魚介類。前日の夜にインターネットで注文していたものが届いていたという。翌朝注文を受けた東京・豊洲市場の仲卸業者が下処理をしてすぐに発送。受け取りを指定した店舗の冷蔵庫にその日の夕方までに届けられる。このサービスは料理関連サイトを運営する会社が去年スタート。現在70種類ほどの魚介類が購入可能になっている。横浜に住むママさんは、帰宅するとすぐに夕食の準備に。商品は内蔵・ウロコの処理がしてあり。手間いらず。この日はイサキのホイル焼き、そして三枚おろしのアジは切りわけるだけでお刺身に。20分で夕食が整った。鮮度の良い魚が手に入るので魚が食べる回数が増えたという。

魚をもっと手頃な価格で提供しようと挑戦している店もある。東京・墨田区の宅配ずし店。店主の朝山議尊さん。店の人気はおまかせセット。6人前で6500円。通常のものと比べて1割から2割安いのだそう。安さの秘密は、水揚げの数が揃わなかったり、知名度が低かったり、さばき辛いという理由で市場に出回らないものを仕入れているためだという。安価で仕入れられる一方、仕込みには時間がかかる。手間はかかるが、お客さんに安さを実感してもらおうと店主自ら休みを返上して魚をさばくこともあるという。そのため、お客さんの中にはリピーターになる人も少なくない。

キーワード
中区(横浜)
東京都
イサキ
アジ
シラス
イサキのホイル焼き
墨田区(東京)
おまかせセット
串本漁港
ミギマキ
ミナミハタンポ
和歌山県
真鶴町(神奈川)
日本橋(東京)
  1. 前回の放送
  2. 6月6日 放送
  3. 次回の放送