ひるまえほっと 2019年4月26日放送回

放送日 2019年4月26日(金) 11:05~11:30
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

オープニング映像が流れた。

きょうのメニューが紹介された。「百獣の王 武井壮が挑む! ゴールボール 2度目の挑戦」「プロおすすめ!旬の魚&花 いま旬市場」など。

キーワード
武井壮

武井壮のパラスポーツ真剣勝負 (バラエティ/情報)
11:05~

今回武井さんが挑むのはゴールボールで、目が見えない状態で音のなるボールを投げ合う視覚障害者のための競技となっている。的確にボールの位置を把握してゴールを選手たちは守るが、激しいボールの応酬と駆け引きが魅力となっている。コートは9m×18mという広さで、1チーム3人に分かれて目隠しをして横長のゴールを守りながら得点を競い合う物となっている。

武井さんはブリリアンの2人とともに両脇を固めての挑戦となった。池田貴コーチはまず男子チームの攻撃を見せてくれたが、そのスピードは最高70kmになるといい、球の重さもバスケットボールの2倍となっている。ディフェンスはゴールと平行に体を動かし、両手両足を伸ばしてボールを止める形を作る。この際には顔にボールが当たらないように顔の位置を奥にやり、顔を上側の腕に隠すように上げるとよい。選手と同じ様にアイシェードをすると眼の前が真っ暗になったが、コートの端を表す青い線の中には糸が入っていることで体の向きなどを確認することができるが、この糸を意識しないと平行にゴールを守ることが出来ないのだという。そして、ボール内の鈴の音を頼りにゴールを守るが、投球前には池田さんが突然足音を立て始めるシーンもあったがこれは、足音で相手を撹乱する作戦なのだという。ボールの音に集中することが試合の鍵を握っていて、選手は幅9mのコートに1~9までの番号を振っても音を認識することができ、音の響き方から軌道も分かるのだという。

ゴールボールの攻撃を紹介。攻撃方法には2種類があり、床を滑らせて攻撃する「グラウンダー」回転をかけて投げる「バウンド」の2つで、バウンドの球を投げる際は自分のエリア・中心のエリアにバウンドさせて投げることがルールとなっている。バウンドボールは音が一時的に途絶えるために守備がしにくいのが特徴で、高ければ高いほど効果的となるが、この際には縦のドライブ回転を掛けるとスピードがかかり弾きやすくもなるが、武井さんは指をかけることで見事に縦回転をかける技術を取得したのだった。

ゴールボールは見えない中でゴールを守る競技となっていて、重たいボールは音がなるのが特徴となっている。柘植さんはアイシェードをして見るとボールに向かって反応することが出来たが、迷う場面も有り多方面から音が聞こえると話していた。また、武井さんは音を聞いていると視力が無くてもなんとなくボールが見えるようになるので不思議だと振り返っていた。

キーワード
ゴールボール
リオデジャネイロパラリンピック
アジアパラ競技大会
武井壮さん
武井壮
パラアリーナ
法政大学アメフト部
日本ゴールボール協会
品川区(東京)
ブリリアン
NHK

ニュース (ニュース)
11:25~

都営地下鉄浅草線で、今年1月、2月にレール破断が見つかった。東京都交通局はきのう、レール破断の原因と対策を公表。浅草駅と本所吾妻橋駅の間の破断は、トンネルの漏水による腐食が起き、亀裂が入ったことが原因とみられる。泉岳寺駅と三田駅間の破断は、車輪と接する面に段差ができ、衝撃が加わり亀裂が入ったことが原因とみられる。交通局は都営地下鉄全線で腐食が進むレールを今年6月末までに交換し、段差がある場合は削るなど再発防止策を進める。

狭山市の「Saya-Biz」は中小企業の経営者・起業する人に無料で相談に応じる。相談に対し複数のアドバイザーが対応し問題を解決する。「富士市産業支援センター」の手法を参考にしている。現在は2人の相談員がチームで経営のノウハウ・企業の強みを提案している。狭山市の事業所は廃業などで7年間で約10%減少している。

関東の気象情報を伝えた。

キーワード
都営地下鉄浅草線
三田駅
東京都交通局
浅草駅
本所吾妻橋駅
泉岳寺駅
狭山(埼玉)
静岡県

武井壮のパラスポーツ真剣勝負 (バラエティ/情報)
11:28~

ゴールボールについて。武井壮は「男子選手は迫力が違った。肉体で止めるのが一番の技術。」などとコメント。

キーワード
ブリリアン
  1. 前回の放送
  2. 4月26日 放送
  3. 次回の放送