ひるまえほっと 関東甲信越

放送日 2018年10月15日(月) 11:30~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像。

てくてく散歩 (バラエティ/情報)
11:30~

プロナチュラリストの佐々木さんと、八木さんが「カラスウリ」を探しに行ってきた。訪ねたのは大谷里山農園。雑木林などが広がっている。静かな里山と思いきや、早速オオカマキリやツマグロオオヨコバオなどを見つけた。続いて植物に目を向けると、イヌタデやヒメクグなどを見つけた。本題のカラスウリを探す。佐々木さんは「カラスウリは蔓草だからやや上の方を見ていたほうが良い」といい、2時間ほど歩いたが見つけられなかった。少しお腹が空いてきたので、佐々木さんが農園の「お楽しみ」に案内してくれた。園内で採れた新鮮な野菜などをその場で調理してもらえる。お腹が満たされたところでカラスウリ探しを再開する。農園を管理している大谷さんは、自営業の傍ら代々受け継がれて来たこの里山を守り続けている。「山の方にある」とのことで、案内してもらうことに。ついて行ってみると意外にも家の裏にあるのだそうで、ようやく発見した。カラスウリは「唐朱瓜」と書き、「唐朱」は習字で使う「朱墨」のことを指しており、色が似ていることなどで「カラスウリ」とつけられたと言われている。カラスウリを割ってみると、タネが多く入っていた。タネはカマキリの顔と打出の小槌に似ていると言われており、昔から「お金が増えるように」と財布の中に入れていたのだそう。さらに足が速くなるという言い伝えもあり、靴に塗りつけると「一等賞をとれる」と言われている。理由はよくわかっていない。佐々木さんが小さい頃から好きな遊びは、勢いよく開けて音を鳴らすこと。ちょっと意外な楽しみ方もいっぱい。秋の里山を満喫した。

武内さんは「気持ちのいい農園でしたけど・・・パンッて、子どもか!て思いました。カラスウリってもっと実が分厚いのかと思ったらほとんど空気で、風船みたいに潰れるんですね」と言い、佐々木さんは「身だけじゃなくて花も面白いんですよ」と言ってカラスウリの花を示した。カラスウリの花は夜に咲き、スズメガが花粉を運ぶのだそう。カラスウリは低木に絡みついていることが多い。また日当たりが良いところが好きなので、河川敷などでも見つかるのだそう。大谷里山農園の行き方は、多摩センター駅からバスで15分ほど。週末は自然と触れ合えるイベントがあり、その時に散策することができる。

キーワード
大谷里山農園
町田(東京)
オオカマキリ
ツマグロオオヨコバオ
ホタルガ
カラスウリ
イヌタデ
ヒメクグ
スズメガ

かんたんごはん (バラエティ/情報)
11:45~

レシピはHPでのテロップ。

洋風おでんのレシピを紹介。鶏手羽中の端をきりチューリップ型に、アスパラガスは4~5cmの長さに、モッツァレラチーズとバジルを半分に切った油揚げの中に入れ、茹でた水菜でしばる。トマトはを湯剥きしておく。お湯にチキンブイヨン、塩・こしょうを入れ、鶏肉、トマト、巾着を入れ中火で3分、そこにアスパラガスを入れ、スープを少しとり卵を割り入れレンジで1分間まわす。おでんを盛り付け最後に卵をのせると完成。洋風おでんのレシピはかんたんごはんのHPへ。

キーワード
HP
洋風おでん
バジル
アスパラガス
トマト
水菜
こしょう
かんたんごはんのHP

1minほっと! (バラエティ/情報)
11:50~

東京・渋谷から中継で、金曜日から浅草で行われる「浅草エーラウンド」を紹介。一般には交換されていないものづくりの現場を見学することができたり、クリエイターのアトリエを訪ねるツアー、自身で革製品を作るツアーなどもあり、コースター作りは無料で体験できる。会場は浅草エリアの広い範囲となっているため詳しくはHPをと伝えた。

キーワード
革とモノづくりの祭典 浅草エーラウンド
渋谷(東京)
浅草(東京)

エンディング (その他)
11:51~

次回予告のテロップ。

カラスウリについて、実が熟す前はスイカのような柄になっていると紹介。またカラスウリはツルを生かし、カラフルな実をつけたカラスウリのインテリアとして楽しむこともできるなどと伝えエンディングを迎えた。

キーワード
カラスウリ
  1. 前回の放送
  2. 10月15日 放送
  3. 次回の放送