ひるまえほっと 2018年9月20日放送回

放送日 2018年9月20日(木) 11:30~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像と武内陶子の挨拶。

昨日ニュースで中断されたひるまえ俳句茶房のコーナーは、10月2日に改めて放送予定。

おんなの選択 (バラエティ/情報)
11:30~

劇団四季の舞台「恋におちたシェイクスピア」は、16世紀のロンドンで若き日のシェイクスピアと資産家の娘との恋を軸に、「ロミオとジュリエット」が誕生するまでを描いた物語。洗練されたセリフが見どころ。そのセリフを生み出したのが、翻訳家の松岡和子さん。シェイクスピア翻訳のスペシャリストで、シェイクスピア全集にも取り組んでいる。蜷川幸雄さんのシェイクスピアシリーズも担当した。

松岡さんの仕事部屋には、シェイクスピアの原書や英語の現代語訳版などがズラリ。学生時代欧米の戯曲を学んでいた松岡さんは、複雑な人間模様や言葉の解釈が難しく、シェイクスピアの戯曲は苦手だったという。しかし当時の戯曲はシェイクスピアの影響を受けたものばかり。逃げられないと悟り、真剣に向き合うことを決めた。シェイクスピアの戯曲には原書に加えて多くの現代英語版があり、訳すときは10冊近く読んで解釈を調べる。ヘンリー五世の「nice customs」の語にも様々な意味があり、松岡さんは「小うるさい習慣」と訳した。

40代の松岡さんは翻訳や演劇コラムの執筆など、忙しさはピークに達していた。一方夫との間には子供も生まれ、家事や育児にも追われるようになった。そんな中、夫から仕事を1つ辞めるように告げられたという。仕事と家庭の選択を迫られた松岡さんだが、「シェイクスピアが描いたことに比べたら小さいこと」と仕事を続ける決意をした。一方、これまで以上に家族にも気を配ることで家庭と仕事を両立し続ける道を選んだ。

翻訳においては女性ならではの視点を意識している。ロミオとジュリエットの先行訳では、「ジュリエットが過度にへりくだっている。男性訳者の願望も入っているのでは」と指摘。松岡さんの訳ではロミオを対等に呼び捨てにし、自らの意志でついていく女性として描いた。松岡さんは「シェイクスピアの描く女性は意志があり魅力的。それをそのまま生かすのが私の務めと思っている」と話した。

50代でシェイクスピアの全戯曲の翻訳に取り掛かった。蜷川幸雄ともこの時期に出会い、シェイクスピア全作品の舞台化シリーズに抜擢された。現場翻訳家として評判になり、今年「恋におちたシェイクスピア」を担当することになった。この作品の魅力の1つが、セリフに隠された”あそび”。いたるところにシェイクスピアの戯曲から引用された言葉が使われている。

初日を1週間後に控え、稽古場には松岡さんの姿があった。松岡さんお気に入りの「1,2,3,集中」というシーンは、当初は「silence=沈黙」と訳していた。現場でこれは気合を入れるための掛け声ではないかという話になり、「集中」に変えたという。シェイクスピア役の上川一哉は、「イメージが入ってきやすくて嬉しい」と話している。 松岡さんは「翻訳であることを忘れて、シェイクスピアの言葉だと思ってくれるのは最高の境地」と語った。

武内さんは「ジュリエットのセリフが格好いい。松岡さんの訳だとシェイクスピアが身近に感じられそうな気がします」とコメント。松岡さんは、ハムレットから「覚悟がすべて」という言葉を贈った。松岡さんの講演など、詳しくは番組ホームページまで。

キーワード
劇団四季
恋におちたシェイクスピア
ロミオとジュリエット
松岡和子
シェイクスピア
蜷川幸雄
ヘンリー五世
福田恆存
ハムレット
港北区(神奈川)
番組ホームページ

いま旬市場 (バラエティ/情報)
11:45~

今日紹介するのはまつたけだ。まつたけは中国産の物が多く、美味しいものの見分け方は乾いてない・軸に弾力があることだという。そしてオススメ料理はまつたけご飯とまつたけのフライだ。フライは部位によって味が変わり、傘の部分は香りが強く、軸の方は旨味を感じることが出来るため、分けて食べるとバランス的にもちょうど良くなる。国産まつたけの旬は9月から10月までだが、輸入ものは7月から11月まで楽しむことが出来る。

スタジオトークが展開された。国産のまつたけは高いが、輸入もので時々安いものがあるから、季節の時に1回ぐらいは楽しみたい。まつたけは水洗いしないほうが良いと言われているが、輸入ものは汚れが落ちにくいものがあるため、水につけながら指やふきんでこすって汚れを落とす必要がある。

キーワード
築地青果市場
まつたけ
まつたけご飯
まつたけフライ

1minほっと! (バラエティ/情報)
11:50~

三陸・大船渡東京タワーさんままつりが今月23日に東京タワー屋外特設会場で開催される。イベントでは大船渡市で獲れたさんまを大船渡市公認のさんま焼き師の人達が炭火焼きで焼き上げ、3333匹が無料配布される。ほかにもさんまバーガーやさんますり身汁なども販売される。他には大船渡市のマスコットおおふなトンと綾里大権現も登場する。ただ無料配布には整理券が必要で朝7時半から配布される。

キーワード
三陸・大船渡 東京タワーさんままつり
おおふなトン
綾里大権現
さんまバーガー
さんますり身汁
渋谷(東京)

エンディング (その他)
11:51~

スタジオトークが展開された。松岡和子さんさんはまだ新たな翻訳も手がけていて、元気をもらえた。他には乗馬にも夢中になっていて、仕事の合間の趣味として楽しんでいたが、これが表現力向上のきっかけにもなったという。人生に無駄なことなんて無い、興味を持ったら挑戦してみて欲しい。覚悟を持ってシェイクスピアから色々と学びたいと思ったとコメントした。

エンディング映像。

キーワード
シェイクスピア
松岡和子さん
  1. 前回の放送
  2. 9月20日 放送
  3. 次回の放送