ひるまえほっと 関東甲信越

放送日 2018年5月30日(水) 11:30~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:30~

オープニング映像と出演者の挨拶。

アッ!とほっと (バラエティ/情報)
11:30~

オープニング映像と出演者の挨拶。

本庄美奈子は”ロードレイジ”の言葉の意味を解説した、煽り運転、進路妨害などの運転手の行動を指すとの事。日本アンガーマネジメントの安藤さんは「アンガーマネジメントと言えば、怒りやすそう、イライラしてそう、というイメージを与えますが、そうではなくて、アメリカでは誰でも加害者・被害者になる一般的な物とされています」とコメントした。日本アンガーマネジメントのアンケートによると”運転中にイライラしたことがある”に対して90.2%が「ある」と答えている、運転経験豊富な人々に取材した内容を伝えるとの事。外資系銀行で秘書として運転する秋山さんは「仕事中はありませんが、プライベートの時はあります」、「緊張感から開放されたり、お客様を乗せていないという事もあり、責任感がありませんので、イライラしたと思います」とコメントした。安藤さんは「仕事中もイライラしてるけど、”仕事だから”で抑制している」と解説した。またタクシー運転手の佐和さんは「お客さんに急かされると少しイライラする、焦って運転していると思います」とコメントした、若い女性が乗って来たが大渋滞、黄色で止まるとイライラされた経験を用いて「お客さんのイライラが伝染する」と説明した、また仕事中の方が割り込みや強引な運転をされるとの事で「タクシーだから避けてくれるだろう、空けてくれるだろう、と思われてる気がする」とコメントした。安藤さんは「匿名と非匿名があってタクシーは会社の看板があるので、やり返されない気がする」、「怒りの感情は怒りの伝播がする、お客さんに同調している間にいつの間にか一緒にイライラする事もある」とコメントした。また”どんな状況でイライラするか”のアンケートを用いて「敵意を感じるかどうかです、他人に敵意を向けられるか、それがもう1つ上のステップにさせてしまう」と解説した。ロードレイジにならない方法ベスト3を紹介した、3位は6秒間深呼吸、悪口もロードレイジなので何か行動する前に6秒置くのが大事との事。2位はナンバープレート計算、自分の意識をズラすとの事。1位は家族写真、家族に限らずペットなどの大切な物の写真を見る事で現実に戻るとの事。

ロードレイジに遭わないための方法を紹介。挑発しないことと反応しないことが大切。”挑発しない”は、クラクションを鳴らさない(緊急時以外)、追い越し車線をゆっくり走らない。安藤さんは「自分がこれをしたら相手もイライラしやすいという事なんですね。なのでできればこれをしない方が良いですよということです」と話した。”反応しない”は、相手の車が見えなくなるまでやり過ごす、絶対に車から降りない。安藤さんは「とにかくその場から離れなさいという事が繰り返し言われているんですね。例えばあおられるようだったら、少し横に止まってやり過ごすであるとか。それからもし向こうから人が降りてきても絶対に降りない関わらないということを徹底してほしいです」と伝えた。武内さんは「車って人の命に直結していますから、本当に気をつけて、自分にも起こりうるということを常に考えてないといけないという事ですよね」とコメントした。

キーワード
ロードレイジ
アンガーマネジメント
日本アンガーマネジメント

かんたんごはん (普遍情報)
11:45~

今日はベトナムでもおなじみの”ブンチャーカー”を作る。まずはじめにさつま揚げ(小)2枚を薄切りに、トマト(小)1個をくしがたに切る。トッピングに使うレタス2枚を半分に切り、そこから細切りにし、パクチーはざく切りにカットする。さらにレモンの薄切りを2枚用意する。次はスープづくり。鍋に水700mlを入れ、顆粒チキンスープの素を大さじ1と1/2、砂糖ふたつまみ、ナンプラー大さじ1を入れる。そこに刻んださつま揚げとトマトを加えて火にかける。トマトを煮ることでだしが出るため、すっきりとした味わいに仕上がる。沸騰したら火を弱火にして5分ほど加熱する。そうめん150gを水適量を入れたフライパンで茹でる。茹で上がったそうめんをザルに取り、流水でしめて水気を切っておく。器にそうめんを入れ、出来上がったスープをかける。そしてトッピング用のレタス・パクチー・レモンをのせ、最後にお好みで黒こしょうをふりかけたら「ブンチャーカー」の完成。レシピは「かんたんごはん」のホームページでも確認できる。

キーワード
ブンチャーカー
かんたんごはんホームページ

アッ!とほっと (バラエティ/情報)
11:50~

今日はアンガーマネジメントを専門とする安藤さんに話を伺った。武内さんは「ちょっとしたイライラから危険な運転をしたり、被害に遭ったりしないためのポイントを伺ってきたんですけど、人間だものイライラしますよねぇ」と話した。安藤さんは「もちろんです。ですからイライラすること自体は悪くないんですけども、後はそれを知っていて対処策をできるだけ日頃から準備しておくっていうのが大事ですよね」と伝えた。安藤さんはロードレイジを防ぐための車に貼るステッカーを紹介した。加害者にも被害者にもどちらにも効く魔法の言葉があるとして、”今どう思った?”と”本当にそうなの?”という言葉を挙げた。安藤さんはクラクションを鳴らされた時に自問自答してみることで6秒待つことができるし、怒りで反射をするのを防ぐことができると説明した。

キーワード
ロードレイジ
アンガーマネジメント
  1. 前回の放送
  2. 5月30日 放送
  3. 次回の放送