ひるまえほっと 2017年8月31日放送回

放送日 2017年8月31日(木) 11:05~11:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
11:05~

オープニング映像。

武内アナらが挨拶。今日の後半は笑顔みつけ隊で最新ミシンでファッションを自在につくるという内容などと番組ラインナップを紹介。

各地の話題 (バラエティ/情報)
11:05~

埼玉からの情報。今年5月にフランスで開かれたスポーツカイト世界大会で日本のチームが優勝した。その世界チャンピオンの技に迫る。音楽にあわせタコを操るパフォーマンスをみせるスポーツカイトは、3人以上がチームをくんでパフォーマンスを競い合う。スポーツカイト世界大会で優勝したのは、埼玉と千葉に住む5人メンバーのチーム“エアレックス”。スポーツカイトの凧は2本の糸の操り加減で捜査する。メンバーの一人、窪田孝嗣さんはテーマパークのカイトショーなどを行うなどしており、この日は地元の花火大会でのスポーツカイトのパフォーマンスを行う打ち合わせを行った。演出を担当する窪田さんの仕事場にはイベントで使う凧などが多くあり、演技で使用する曲もつくる。窪田さんは地元の体育館の室内で窓を閉め練習を行いどんな状況でもとばす練習を行うという。チームは来月の大会にむけ練習を行い、指し棒でカイトの位置を確認試合ながら練習。スポーツカイトの魅力を伝えたいと思いをのせた凧が羽ばたく。

前橋市の住宅街にある、あたご歴史資料館。戦争中に使われていた日用品や身につけていた道具など200点あまり。この資料館の特徴は1点1点持ち主に聞き取りをしていつ、どこで、誰が使ったものなのか可能な限り調べている事。飯盒と水筒は実際に旧満州へ出生したのち旧ソ連のシベリアに抑留された兵士が使っていたもの。飢えと寒さの中でも、この飯盒と水筒さえあれば生き延びられると決して手放さなかったものだとう。中国や朝鮮半島を転戦した兵士がかぶっていたヘルメット。銃弾が降り注ぐ中、このヘルメットに命を託した。空襲翌日に前橋市内で撮影された写真。当時はカメラを持っているだけでもスパイ容疑で逮捕されることがあったが、惨状をなんとか記録したいと夢中でシャッターを切ったという。これらの貴重な資料は手にとって触れることもできる。ガラスケースの中のものも出してもらえる。資料館運営の中心となっている原田恒弘さん。同じ自治会に済む戦争経験者と協力して資料の収集を進めてきた。昭和20年8月5日、前橋市内は空襲を受け、500人あまりが犠牲になった。爆撃から逃れる為、原田さんは防空壕に逃げ込んだ。長さ13m幅4mほどの半地下式の穴があった。およそ80人が入っていた穴の中には炎と煙が入り込み、まるでコンロの中のようだったという。原田さんは当時まだ7歳。生き残ったものとして何ができるのか考え抜いた末にたどり着いたのは、戦争体験をより身近なこととして感じてもらいたいという思いだった。資料館を訪れた、中学1年生の鈴木孝明くんと、小学4年生の妹、伸子さん。夏休みの宿題で戦争体験者に話を聞き、新聞にまとめようと訪れた。訪れた2人に原田さんが手渡したのは、最も被害の大きかった場所から見つかった焼夷弾の薬莢。原田さんから聞いた話をもとに、孝明くんたちは早速新聞づくりに取り組んだ。孝明くんが記事にしたのは、原田さんもその被害にあった焼夷弾について。書き上げた新聞を早速原田さんに読んでもらった。原田さんは、大切な命を次の世代に芽吹かせる、つないでいくということができた、と語った。

武内陶子さんは、「原田恒弘さんの体験を伺っていると図らずも重い運命を背負わされてしまったその辛さ、生き残ってしまった苦しさ、戦争の罪深さを改めて感じます。」と話した。あたご歴史資料館は現在原田さんを含め、戦争を体験した5人で運営しているが、中には病を抱えている方もいる。いずれ戦争を語る人はいなくなる。そのとき自分たちにできることは何かと自問自答しながら原田さんは取り組みを続けている。あたご歴史資料館は入館無料、毎週火曜日、木曜日、土曜日の3日間開館している。

エアレックスの技について、武内アナは「すごい」などと感想をのべた。スポーツカイトは海岸沿いで行うことが多く、窪田さんは夏は飛び回っているという。来月17日には大阪・堺浜で国内大会が行われる。

キーワード
スポーツカイト
さいたま放送局
スポーツカイト世界大会
原田恒弘
エアレックス
あたご歴史資料館
前橋市(群馬)
アメリカ
埼玉県
フランス
千葉県
草加市(埼玉)
大阪府
堺浜
焼夷弾
満州
シベリア(ソビエト連邦)

首都圏のニュース・気象情報 (ニュース)
11:23~

山梨県山中湖村の花の都公園では約8万本のひまわりが見頃を迎えている。花の都公園ではひまわりを区画ごとに時期をずらして種から育てている。このうち広さ約4700平方メートルの畑では、今月中旬の台風5号による大きな被害もうけず、今月20日頃から咲き始めた約8万本のひまわりが見頃を迎えている。今年は10月頃までひまわりを楽しめるとのこと。

ワールドカップの出場権を掛けたサッカー日本代表の大一番を前に、栃木県那須町の動物園で運勢占いで人気を集めているインコが勝敗を占った。占いを行ったのは那須どうぶつ王国で飼育されているインコのオリビア。日の丸を選んで飼育員のもとへ帰ると来園者から大きな拍手が送られた。

首都圏の気象情報を伝えた。茨城と千葉に波浪警報。東京の新島地方と伊豆諸島南部に波浪警報。小笠原村に大雨・暴風・波浪警報が出ている。

キーワード
花の都公園
台風5号
インスタ映え
インスタ
山中湖村(山梨)
富士山
ひまわり
ワールドカップ
那須どうぶつ王国
那須町(栃木)
インコ
波浪警報
暴風警報
土砂災害
暴風
高波
大雨警報
東京都
横浜市(神奈川)
千葉県
新島村(東京)
茨城県
小笠原村(東京)
伊豆諸島
小笠原諸島

中継1minほっと! (バラエティ/情報)
11:27~

東京・渋谷区から小村弥生が中継する8月31日は野菜の日で「やさいの日ウィーク2017」イベントを紹介。こちらでは野菜を用いたメニューを提供。東京・千代田区にあるビルでは野菜の弁当が販売される。詳しくはホームページを参照。

キーワード
千代田区(東京)
渋谷区(東京)
野菜の日
やさいの日ウィーク2017
JAグループ ホームページ

ひるまえ通信 (バラエティ/情報)
11:28~

ひるまえ通信は皆さんからのお便り。中川宣雄さんから一粒一粒の色が異なる葡萄の写真をお送りいただいた。村上公男さんからは秋を見つけたと題して栗が弾けて顔をだしている写真が公開された。

キーワード
葡萄

きょうの料理つまみ食い (バラエティ/情報)
11:30~

きょうの料理の番組宣伝。

きょうの料理つまみ食いは「さばとなすのオンマみそ煮」です。材料2~4人分は、さば(二枚におろしたもの)1匹分、なす3~4個、しょうが1かけ、<A>みそ・しょうゆ各大さじ4、砂糖・みりん各大さじ2、粉とうがらし(韓国産/粗びき)小さじ2、にんにく(すりおろす)小さじ1、ごま油小さじ2です。作り方:さばは1枚を半分に切り、皮側に斜めに十文字の切り目を入れる。しょうがは薄切りにし、Aの材料は混ぜ合わせておく。底面の広い浅鍋(またはフライパン)にごま油小さじ2をひいて火にかけ、さばの皮を上にして並べ入れる。Aを加えたらしょうがを散らし、数秒間たってフツフツとわいてきたら水をヒタヒタに(約カップ3/4)加え、ふたをして強火で煮る。 <Point>さばと調味料がしっかり温まってから水を加えると、魚のにおいが煮汁に出にくくなる。再び煮立ってきたら弱火にし、ふたをして時々さばに煮汁をかけながら6~7分煮る。 <Point>さばがくずれないよう、裏返さずに煮汁をかけて行き渡らせる。その間になすのヘタを切り落としてピーラーで皮をむき、縦半分にして3~4等分のくし形に切る。(5)の煮汁になすを加え、再びふたをして煮る。なすに味がしみたら、さばとともに器に盛り、煮汁をかける。 <Point>煮汁がたっぷりある状態でなすを加え、味をよくしみこませながら煮る。

NHKテキスト「きょうの料理」9月号の告知。書店にない場合はNHK出版に問い合わせ。電子版もある。

キーワード
さばとなすのオンマみそ煮
なす
しょうが
にんにく
さば
NHKテキスト きょうの料理 2017年9月号
NHK出版
NHKテキスト きょうの料理 2017年9月号 電子書籍版

笑顔みつけ隊 (バラエティ/情報)
11:35~

今日のテーマはミシン。武内さんはミシンは雑巾作りでつかったなどと話し、松尾さんは中学生以来使っていないと話した。最新のミシンをつかってファッションを楽しむ人達を取材した。VTRへ。

吉祥寺の商店街にある人気の貸しミシンスペース。このお店は大手のミシンメーカーが運営しており1時間500円で最新の家庭用ミシンを誰でも使うことができる。またお店には可愛い模様のピアスがあり、溶ける芯を使いミシンで刺繍したものもあった。最新の刺繍ミシンはタッチパネル式で、水で溶ける専用シートに図柄を選びボタンを押す。刺繍部分を切り取り水に浸すと刺繍部分だけを取り出すことができるというもの。お店ではもっとミシンを楽しんでもらうためワークショップを開いており、初心者向けのスカート作りなどが行われていた。基本的なことからお店のスタッフが教えてくれ、最新のミシンでは糸の調子など自動で行われるため約3時間でスカートを完成させることができた。

プロが使う最新機器を扱える施設も登場。この春できたばかりの会員制のファッションものづくり施設では、アパレルメーカーが使っている工業用ミシンや最新のデジタル機器を使用することができる。また生地からオリジナル生地を作ることができるため、ハットさんらを生地に印刷した。2~3時間でプリントできるためすぐ服にして着て帰る人もいるという。また木やアクリル板などにもデータがあれば印刷でき、印刷したアクリル板をレーザーカッターで切ることもできる。これらを利用しベルトのバックルにしたりできる。またミシンを前後左右に自由に動かすことができるミシンもあり、ステッチでサインを入れることなどができる。松尾さんも工業用ミシンを使用するなどし、トートバッグづくりを体験した。施設の方は、これをきっかけに服作りに興味をもってほしいと話した。

松尾アナが作ったトートバッグを紹介。似顔絵の刺繍が書かれていたものは、友人が作ってくれたビーズの似顔絵を写真に撮影しデータを渡しただけだという。機械はお店の方が動かしてくれるためデータとアイデアがあればオリジナルグッズを作ることができる。紹介した施設は「andMade」03-6434-5573。会員登録が必要だが、ワークショップなども開催されているためお問い合わせをと伝えた。また貸しミシンスペースでもミシンが充実しており教えてもくれるため、体験してみるのにはオススメだと伝え「Bobinage」0422-21-6290と紹介した。

キーワード
吉祥寺
武蔵野市(東京)
スマートフォン
ハットさん
渋谷区(東京)
孔雀
andMade
Bobinage

いまほんリポート (バラエティ/情報)
11:49~

今回のいまほんは美大生のリアルな姿を描く「美大生図鑑~あなたの周りにもいる摩訶不思議な人たち~」。著者は京都造形芸術大学と武蔵野美術大学で学んできたイラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロムさん。一見個性的にみえる美大生の70を超えるネタに独自の解説をつけたこの本。実は変わり者を演じている美大生や、作品で恋人を選ぶ傾向があるなど美大を知らない人にとって意外な発見があり、親しみを感じてしまうことも。著者ならではの視点で描いた美大の大学の特徴も。「天才・鬼才と言われる藝大生。しかし、プライドが高く内輪で高まる傾向がある」、「大阪芸術大学では笑いの追求に勤しむ目立ちたがり屋が多い」など大学のカラーを紹介したちょっと辛口なコラムも面白い。根はピュアな美大生のリアルな生態が描かれた一冊。

キーワード
美大生図鑑
京都造形芸術大学
武蔵野美術大学
大阪芸術大学
藝大

ひるまえ通信 (バラエティ/情報)
11:52~

視聴者からのお便りを紹介した。相模原中央区より奥村さんからオナガという鳥の写真の投稿。「川沿いの遊歩道を歩いていたらオナガが水浴びをしていました。暑さも忘れて夢中に撮りました」とのこと。千葉県四街道の小林さんから月下美人の花の写真の投稿。「夜8時ごろから咲き始めてはんとも言えない香りがただよっていました。」とのこと。

キーワード
NHK
ひるまえほっと
nhk.jp/shutoken-hirumae
中央区(神奈川)
四街道市(千葉)
オナガ
月下美人

エンディング (その他)
11:53~

松尾衣里子さんの作った鞄について武内陶子さんは、「自分で作ると楽しいですね。」などと話した。

あすのメニューがテロップで紹介された。歴史つなぐ江戸東京野菜/するめいかの塩辛。

続いて「気象情報」のテロップ表示。

キーワード
するめいか
東京都
するめいかの塩辛
夏休み
  1. 前回の放送
  2. 8月31日 放送
  3. 次回の放送