どすこい!スイーツ旅 〜とちぎの恵みにごっつぁんです〜

放送日 2013年3月1日(金) 2:15~ 3:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
02:15~

今回は、栃木県の自然の恵みいっぱいの食材が驚きのスイーツに変身。作るのは音羽和紀シェフ、食材探しの旅をするのは演歌歌手の森山愛子。食べるのはスイーツ親方こと芝田山親方。

オープニング映像。

キーワード
音羽和紀
森山愛子
芝田山親方
栃木県

どすこい!スイーツ旅 とちぎの恵みにごっつぁんです (バラエティ/情報)
02:16~

芝田山親方は「栃木の美味しい食材が楽しみ」と述べ、シェフの音羽和紀は「栃木は水、土、空気が揃っていて良いものができる」とコメント。

芝田山親方ら3人は世界遺産の「日光二荒山神社」を訪れ、お菓子の神様「大国田道間守」を参拝。

さらに境内ではお菓子占いを行うことができ、森山愛子は普通という占い結果となった。

芝田山親方ら3人は世界遺産「日光東照宮」を訪れ、境内で「福徳大福 円満焼餅」を実食。つぶあんは男性、こしあんは女性の優しさと優雅さを表して知恵、饅頭の真ん中に白あんの餅が入ることで夫婦円満の寿を示すという。

音羽和紀と森山愛子は「栃木県農業試験場いちご研究所」を訪れ、17年かけて誕生したスカイベリーを試食。スカイベリーは食べた後の酸味が残らないまろやかな味となっていて、音羽和紀がこれを使ってスイーツを作ることになった。

森山愛子と音羽和紀は梨農家の山口さんを訪れ、にっこり(日光梨)を試食。山口さんはにっこりを温風乾燥させたドライフルーツを作るなど梨を加工することで農業の新たな可能性を模索している。

芝田山親方は老舗酒蔵で栃木産の米「五百万石」と二荒山神社の湧き水を使った原酒を試飲した。また、片山貴之さんの父の片山昌邦さんはお酒を製造しながらもお酒が飲めない体質で、「日本酒ケーキ」を開発。このケーキでバブルが弾けてからの不景気を乗り切ることができたという。

芝田山親方は那須拓陽高校を訪れ、食文科2年生の女子生徒と「那須塩原スイーツコンテスト」で優勝した「Mow びっくりコラボレーション」を調理。牛乳を温めながらプリンのように固まらせるという難しい工程を成功させ、冷凍庫で固まらせて完成となる。

スイーツが出来上がるまで、芝田山親方は校内を散策。親方は生徒らとユズの収穫をしたり、有機無農薬で栽培したお米をもらった。その後、親方は冷やして固まった「Mow びっくりコラボレーション」を女子生徒らと実食。

森山愛子と音羽和紀は栃木・那須町で酪農を営む今耕一さんのもとを訪れた。今さんはチーズづくりに適したブラウンスイスの飼育をしていて、搾りたての牛乳で作ったフレッシュチーズを作っている。那須は1947年に満州からの引き揚げ者によって開拓が始まり、開拓者の努力が現在の酪農の礎を築いている。

さらに2人は搾りたての牛乳や牛乳に乳酸菌を加えただけのチーズを実食した。だがチーズの製法までに高橋ゆかりさんは10年を有し、父の今耕一さんは絞りとった牛乳で加工したいという娘の高橋さんの意見を嬉しく思っている。

音羽和紀は栃木の食材や芝田山親方が栃木県立那須拓陽高校で生徒にもらったお米とユズを使って「お米のミルク煮」、「スカイベリーとフレッシュチーズのテリーヌ」、「ニッコリとチーズのパンケーキ」、「ニッコリのシャーベット」を調理。食事しながら芝田山親方は那須拓陽高校の生徒が地元の食材を使ってスイーツを作る姿を見て、「栃木をこよなく愛してるんだなあ」とコメント。

キーワード
栃木県
大国田道間守
タチバナ
栃木
福徳大福 円満焼餅
スカイベリー
にっこり(日光梨)
五百万石
日光連山
ドライフルーツ
片山昌邦さん
日本酒ケーキ
那須塩原スイーツコンテスト
Mow びっくりコラボレーション
ユズ
那須町(栃木)
フレッシュチーズ
ブラウンスイス
お米のミルク煮
スカイベリーとフレッシュチーズのテリーヌ
ニッコリとチーズのパンケーキ
ニッコリのシャーベット

エンディング (その他)
02:57~

エンディング映像。

  1. 3月1日 放送