全国自治宝くじ年末ジャンボ抽せん会 2018年12月31日放送回

放送日 2018年12月31日(月) 12:45~13:00
放送局 NHK総合

番組概要

全国自治宝くじ年末ジャンボ抽せん会 (バラエティ/情報)
12:45~

東京オペラシティから全国自治宝くじ年末ジャンボ抽せん会の様子が伝えられた。抽選はすでに2等まで終わっており、残す抽選は1等のみとなっている。1等賞金は7億円、前後賞合わせて10億円の賞金となっており、今回からはインターネットでも購入できるようになったと伝えられた。これまでに決定した2等までの当選番号が伝えられ、司会の三宅さんとステージ上の幸運の女神の計良さんが紹介され、計良さんから収益金の一部が大阪府北部地震、平成30年7月豪雨、北海道胆振東部地震の被災地支援に役立てられると伝えられた。総務省の石田大臣から挨拶があり1等の抽選方法について説明されボタンを押して貰う垣内さんと宮本さんが紹介された。10億円あったら何をするかと質問され、マーラーにならって田舎の湖畔に音楽に没頭できる小屋を立てたい、バイオリンの魅力をもっとたくさんの人に伝えたいので興味を持ってくれた人に手にしてもらえる環境づくりがしたいなどと語られた。その後抽選位置に付き抽選が開始された。

宝くじの1等を決める風車版がスタートし矢が刺さった。一つ一つ数字が確認され、96組の122234番と当選番号が発表された。ボタンを押した3人が呼ばれ「滅多にない体験が出来ました」などと感想が述べられた。その後年末ジャンボと年末ジャンボミニ、年末ジャンポプチの当選番号と賞金額が伝えられた。また当選金の支払いは来年の1月7日から1年間行なわれていると説明された。

キーワード
全国自治宝くじ 年末ジャンボ抽せん会
東京オペラシティ
宝くじ幸運の女神
大阪府北部地震
平成30年7月豪雨
北海道胆振東部地震
総務省
マーラー
年末ジャンボ宝くじ
年末ジャンボミニ
年末ジャンポプチ
新宿区(東京)
  1. 前回の放送
  2. 12月31日 放送