心をひとつに〜松田聖子&ボブ・ジェームス 東北に歌う〜 2013年3月10日放送回

放送日 2013年3月10日(日) 2:10~ 3:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
02:10~

オープニング映像。この番組では、ジェズピアニストのボブ・ジェームスが作った1つの曲が人々の心を結び、紡ぎ出した物語を紹介する。

キーワード
大船渡(岩手)

心をひとつに (バラエティ/情報)
02:12~

2012年の初夏、松田聖子とジャズピアニストのボブ・ジェームスが、音楽で被災地を応援しようと動き出した。

松田聖子とジャズピアニストのボブ・ジェームスが、音楽で被災地を応援しようと活動をした。ボブ・ジェームスの呼びかけで、松田聖子やスティーヴ・ガットは「TOKYO JAZZ FESTIVAL 2012」に参加した。松田聖子は、ステージのラストに「上を向いて歩こう」を披露した。

2012年の初夏、松田聖子とジャズピアニストのボブ・ジェームスが、音楽で被災地を応援しようと動き出した。岩手大船渡で特別コンサートが決定した。

岩手大船渡市で松田聖子とジャズピアニストのボブ・ジェームスが特別コンサートを開くことになり、東日本大震災の津波で壊滅的なダメージを受けた大船渡市では、サンドパイパース・オーケストラのメンバーが練習に励んでいた。

ドラムの三浦和士さんは、ボブ・ジェームスと初めて共演した時には思いを直接伝えた。サンドパイパーズオーケストラの団長の鈴木英彦さんは、新聞社を経営しており、震災の翌日から新聞を発行し続けた。今回は、大船渡でのコンサートの出演者を募る記事を載せた。鈴木さんは、松田聖子の人気はすごいと話した。再び大船渡を訪れたボブ・ジェームスは、前にも増してこの街への思いが強くなっていったと話した。

大船渡で行われるコンサートの会場になったのは津波の被害を免れたリアスホールで、松田聖子とボブ・ジェームス、サンドパイパーズオーケストラが訪れた。松田聖子は、サンドパイパーズについて「テレビで拝見した時に感動した。音楽というもので力を合わせて頑張ろうとしている。楽屋でお会いした時も、みなさん明るくって」と語った。会場には、このコンサートを楽しみにしている多くの人が訪れていた。訪れた人は、やっと音楽を落ち着いて聞ける気持ちになったので、楽しみだなとといった声が聞かれた。

大船渡で行われたコンサートで松田聖子とボブ・ジェームスが披露した「Sweet Memories」の映像。

ボブ・ジェームスは、大船渡に新しく出来た「おおふなと夢商店街」を訪れた。ボブ・ジェームスは、今は消えてしまった震災前の大船渡の写真を載せた、写真集を購入した。

ボブ・ジェームスは、大船渡を訪れてコンサートの抽選に当たった人に出会った。ボブ・ジェームスは、また変わっていく街に訪れると約束をした。サンドパイパーズの鈴木英彦さんは、現実にこれから生活していくために、みんなが模索していると語った。

大船渡のコンサートでボブ・ジェームスと松田聖子が披露した「あなたに逢いたくて~Missing You」の映像の放送した。

1年前、大船渡で行ったイベントのあと、アメリカ・ミシガン州に戻ったボブ・ジェームスは、被災地のために作った曲に歌詞をつけたいと考えていた。その時のことを娘のヒラリー・ジェームスに話し、ヒラリーさんは「心をひとつに」に歌詞をつけた。

ボブ・ジェームスが完成させた「心をひとつに」という曲を松田聖子に歌って欲しいというボブ・ジェームスは、日本語で歌詞を書いてみないかと提案した。松田聖子は、ひとりじゃないから頑張っていこうという想いを込めて歌詞を書いたと話した。ボブ・ジェームスは、ミュージシャンの自分が出来ることは小さな役割でしかないが、それがみんな集まれば大きな力になると話した。

ボブ・ジェームスが作った「心をひとつに」を、サンドパイパーズオーケストラとボブ・ジェームスらが演奏した。

大船渡のコンサートで、松田聖子とボブ・ジェームスがサンドパイパーズ・オーケストラを紹介した。ボブ・ジェームスは、震災後の大船渡で音楽をやることは大変だったと思うし、自分もそんな時期に演奏をしてよかったのかわからないが、それでも何かの力になりたかったと語った。

コンサートで、コンサートでは、松田聖子、ボブ・ジェームス、サンドパイパーズ・オーケストラが「心をひとつに」を演奏した。地元バンドの熱演に観客からは大きな拍手が贈られた。

大船渡でコンサートを行った松田聖子とボブ・ジェームスが、ここまで頑張ってきた街の人の勇気は素晴らしいと語った。さらに、サンドパイパーズ・オーケストラの紹介をして、大きな拍手が送られた。観客は、大船渡の事を考えてくれて嬉しかったなどと話した。

ドラムの三浦和士さんは、ボブ・ジェームスと初めて共演した時には思いを直接伝えた。サンドパイパーズオーケストラの団長の鈴木英彦さんは、新聞社を経営しており、震災の翌日から新聞を発行し続けた。今回は、大船渡でのコンサートの出演者を募る記事を載せた。鈴木さんは、松田聖子の人気はすごいと話した。再び大船渡を訪れたボブ・ジェームスは、前にも増してこの街への思いが強くなっていったと話した。

2011年9月15日にボブ・ジェームスが来日。彼は1977年の初来日以来、今回が33~34回目の来日となる。岩手県の盛岡市に向かい、盛岡八幡宮で行われていた秋祭りを堪能した。

今回、ボブ・ジェームスが参加する「いわてジャズ2011」は、ピアニストの松居慶子やバイオリニストの寺井尚子に加え、主催者によるスペシャルバンドも参加。岩手県はジャズが盛んな場所とも言われ、2011年6月には世界遺産に認定された平泉の毛越寺でもジャズコンサートが開催。岩手のジャズ文化の中心ともいえるジャズ喫茶「BASIE」に今回ボブ・ジェームスが来店し、即興でピアノ演奏を披露した。

いわてジャズ2011への出演が決まった後にボブ・ジェームスが、ふと1つのメロディーが浮かんだ。その曲は依頼されたものでもなく約束したものでもない。このメロディーをつなぎ合わせ「Put Your Hearts Together」が誕生。SAND PIPERS ORCHESTRAがアンコールでボブ・ジェームスと一緒に演奏することになった。

東日本大震災で大きな被害を受けた大船渡市をボブ・ジェームスが訪問。今回、コンサートで共演するバンド「SAND PIPERS ORCHESTRA」が大船渡市で活動している。20人ほどのメンバーのほとんどが市民であり津波の被災者となっている。練習場であるプレハブ小屋が海の目の前にあったにも関わらず津波で全壊しなかったことに、メンバーは特別な思いを寄せている。

難易度の高い曲にバンドメンバーが苦戦する中、盛岡からボブ・ジェームスが2時間かけて大船渡のプレハブ練習場へやってきて合同練習を行った。ボブ・ジェームスが帰った後もメンバーらは深夜まで練習に励んだ。

大成功を遂げた「いわてジャズ2011」の打ち上げの様子。ボブ・ジェームスはバンドメンバーらと語らい合い、号泣する。ボブ・ジェームスは番組の最後に「わたしの音楽が少しでも復興の力になれたらそれは一番の幸せです。人生を豊かにしてくれた日本の友人たちにもう一度ありがとうと言いたい」と締めくくった。

「いわてジャズ2011」の本番当日。SAND PIPERS ORCHESTRAのメンバーにとっても大きな会場で演奏するのは初めての事。ホールの外には長蛇の列が出来、岩手県内はもとより、県外からもたくさんの観客が詰めかけ、コンサートが開幕。大観衆のもと無事に演奏を終えた。

2011年9月15日にボブ・ジェームスが「いわてジャズ2011」に参加する為に来日。彼は1977年の初来日以来、今回が33~34回目の来日となる。岩手県の盛岡市に向かい、秋祭りを堪能した。

東日本大震災で大きな被害を受けた大船渡市をボブ・ジェームスが訪問。今回、コンサートで共演するバンド「サンドパイパーズオーケストラ」が大船渡市で活動している。20人ほどのメンバーのほとんどが市民であり津波の被災者となっている。練習場であるプレハブ小屋が海の目の前にあったにも関わらず津波で全壊しなかったことに、メンバーは特別な思いを寄せている。サンドパイパーズオーケストラは、いわてジャズ2011のアンコールでボブ・ジェームスと一緒に演奏することになり、「心をひとつに」の譜面が練習場に届いた。

難易度の高い曲にバンドメンバーが苦戦する中、ボブ・ジェームスが練習場へやってきて合同練習を行った。ボブ・ジェームスが帰った後もメンバーらは深夜まで練習に励んだ。

サンドパイパーズオーケストラの団長の鈴木英彦さんは、新聞社を経営しており、震災の翌日から新聞を発行し続けた。ドラムの三浦和士さんは、家が津波で全て流されてる。

「いわてジャズ2011」の本番当日。サンドパイパーズオーケストラのメンバーにとっても大きな会場で演奏するのは初めての事。コンサートが開幕し、サンドパイパーズオーケストラと共に「心をひとつに」を披露。大観衆の前で無事に演奏を終えた。

大成功を遂げた「いわてジャズ2011」の打ち上げの様子。ボブ・ジェームスはバンドメンバーらと語らい合い、号泣する。ボブ・ジェームスは、「自分が与える以上に岩手の人々から何かを与えてもらった。あれは自分の人生を変えるような出来事だった。」と話した。

1年前、大船渡で行ったイベントのあと、アメリカ・ミシガン州に戻ったボブ・ジェームスは、被災地のために作った曲に歌詞をつけたいと考えていた。その時のことを娘のヒラリー・ジェームスに話し、ヒラリーさんは「心をひとつに」に歌詞をつけた。

ボブ・ジェームスは、大船渡を訪れてコンサートの抽選に当たった人に出会った。ボブ・ジェームスは、また変わっていく街に訪れると約束をした。サンドパイパーズの鈴木英彦さんは、現実にこれから生活していくために、みんなが模索していると語った。

三浦和士さんがおおふなと夢商店街に知り合いを尋ねてやってきた。がれきの山だった場所に仮説でも店舗ができて、その中で頑張っている人たちを見ていると復興は絶対にあるという気持ちになれると話した。

ボブ・ジェームスさんと大船渡の人々の交流がテレビ放送され全国のアマチュアバンドが「PUT YOUR HEARTS TOGETHER」を演奏し始め、ボブ・ジェームスさんは自らのバンド「フォープレイ」では曲を演奏した。しかし曲名について私が日本人の人に何かの助言をしているようだと「PUT OUR HEARTS TOGETHER」とした。

この日、ボブ・ジェームスさんと鈴木英彦さんが大船渡市役所に招待された。戸田公明市長がアメリカ多くの支援を受けたことなどを伝えた。

キーワード
上を向いて歩こう
スティーヴ・ガット
TOKYO JAZZ FESTIVAL 2012
心をひとつに
大船渡(岩手)
大船渡市(岩手)
東日本大震災
津波
サンドパイパーズ・オーケストラ
サンドパイパーズオーケストラ
震災
SWEET MEMORIES
おおふなと夢商店街
サンドパイパーズ
あなたに逢いたくて~Missing You
ミシガン州(アメリカ)
ボブ・ジェームス
盛岡市(岩手)
いわてジャズ2011
松居慶子
寺井尚子
カウント・ベイシー・オーケストラ Live at 毛越寺
平泉(岩手)
SAND PIPERS ORCHESTRA
Put Your Hearts Together
盛岡(岩手)
Look for the Silver Lining
フォープレイ
PUT YOUR HEARTS TOGETHER

エンディング (その他)
03:33~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 3月10日 放送