妄想ニホン料理 血風!ジンギスカンの巻

『妄想ニホン料理』(もうそうニホンりょうり)は、NHK総合テレビジョンで放送された料理や食材を題材としたバラエティ番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2015年4月24日(金) 2:46~ 3:15
放送局 NHK総合

番組概要

血風!ジンギスカンの巻 (バラエティ/情報)
02:46~

トルコ・カッパドキアのギョレメのレストランのシェフ達にジンギスカンを作ってもらう。出されるヒントは「料理の名前がチンギスハンに由来する」「しかしモンゴルにこの料理は存在せず日本の北の地域北海道で人気がある」「食べている間に冷めにくい」。シェフ達は野菜を摘み、ラム肉の油をギュベチという土鍋にいれた。油が解け出したらピーマンと玉ねぎを炒め、ラム肉を敷き詰めた。そしてにんにくなどを入れ、野菜の水分で煮込んだ。最後にオーブンで焼くと「ギュベチ土鍋のジンギスカン」が完成した。本物のジンギスカンを見たシェフは「チンギスハンは私の料理の方を選ぶよ」と笑った。

オープニング映像。

トルコ人が作ったジンギスカンをみて、北海道出身の吉村と藤本は「これはこれでおいしそう」と語った。それに対し、栗原は「このVTRで初めてジンギスカンがどういう料理家を知った」と明かし、驚かれた。

トルコ・イスタンブールに前菜の天才と言われるシェフがいる。彼に3つのヒントでジンギスカンを作ってもらうと、白ワインを入れた鍋に野菜、仔牛肉、無塩バターを入れ、自家製ブイヨンを作り、ラム肉のマリネと玉ねぎとフライパンで炒めた。ブルグルという小麦粉で作った皮でラム肉を包み、ブイヨンと一緒にオーブンで焼きあげると「ブルグルだんごのつゆだくジンギスカン」が完成した。常連客に試食してもらうと好評だったが、シェフは納得がいかず、すぐ反省会を開いた。

レシピは番組HPへとテロップ表示された。

トルコ人シェフに作ってもらったジンギスカンを食べ、栗原は「中に入っているスパイスの相性がすごくいいですね」とコメントした。

ジンギスカンの歌でお馴染みのジンギスカンはドイツのバンド。ということでドイツ・ハンブルクのシェフにジンギスカンを作ってもらう。オーナーが車内でジンギスカンのヒット曲を流しながら買い物に向かうとホッカイドウという品種のかぼちゃを紹介した。まずはホッカイドウや玉ねぎなどをオレンジジュースで煮込み、生クリームを足してかぼちゃのスープを作成。仔牛のヒレ肉をエビと炒め、箸に刺した。そしてパスタとスープでつけ麺のようなものを作り、コンロの上に盛ると「ホッカイドウカボチャのジンギスカン」が完成した。

ドイツ人シェフが作った妄想ジンギスカンを食べ、藤本は「全然期待してなかったんですけどおいしい」とコメントした。

ジンギスカンの歴史を解説。ルーツは中国の烤羊肉。烤羊肉をみた人がイメージからジンギスカンと勝手に名前をつけ、変化を繰り返し、日本で広まった。

ドイツ・ハンブルクの元パンクロッカーとオタクのシェフがヒントをもらい、ジンギスカンを作った。豚の肩肉と豚の血をミンチにし、ソーセージを作成。ホッカイドウカボチャなどの野菜やベーコンを鍋に入れ、ソーセージを入れると「ホッカイドウのごった煮と血のソーセージジンギスカン」が完成した。試食した常連客は「なんだか体が熱くなってきた」とコメントした。

キーワード
ギョレメ(トルコ)
モンゴル
チンギスハン
ジンギスカン
ギュベチ土鍋のジンギスカン
イスタンブール(トルコ)
ブルグルだんごのつゆだくジンギスカン
妄想ニホン料理
めざせモスクワ
ハンブルク(ドイツ)
ホッカイドウカボチャのジンギスカン
ホッカイドウのごった煮と血のソーセージジンギスカン

エンディング (その他)
03:14~

NHKオンデマンドで配信しますとの告知テロップ。

エンディング映像。

妄想ニホン料理の次回予告。

キーワード
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 4月24日 放送
  3. 次回の放送