衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 「栃木県」(一部)

放送日 2014年12月11日(木) 10:05~10:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

オープニング映像。この時間は小選挙区栃木県について、自由民主党・日本共産党・民主党の政見放送を放映する。

キーワード
栃木県
民主党
日本共産党

衆議院小選挙区選出議員選挙 政見放送 (ニュース)
10:05~

安倍首相による挨拶。アベノミクスによる雇用の増加や賃金の上昇をアピールし、消費税増税の延期を決断したことなどを話した。

自由民主党の小選挙区栃木県の候補者の各挨拶。アベノミクスは未だ半ばであること、デフレ脱却、地域の活性化、人口減少の克服、など各政策を主張した。

民主党の海江田代表が政見放送を行った。海江田氏は、安倍内閣の経済政策で大企業の経営は楽になったが一人ひとりの生活は円安によるガソリンや食料品の値上がりで厳しさが増している。中小企業も電気代や原料の値上がりで厳しい状況に追い込まれている。強いものをさらに強くする経済政策は間違っており、中間層を再生し家計で自由に使えるお金を増やす経済政策が必要だなどと主張した。

民主党の柏倉祐司の挨拶。国会で合計64回質問してきたことを話し、これからずっと取り組んでいきたい医療政策があることを説明した。高齢者の命、子どもの命、医療従事者の命を守りたい、などと話した。また、雇用の安定化などにも取り組む姿勢を示した。

民主党の福田昭夫の挨拶。特定秘密保護法案や集団的自衛権の閣議決定、アベノミクスなどを批判し、農業が危機的な状況に陥っていることを説明。その上で消費税増税のストップなど8つの政策を約束する、と話した。

民主党の藤岡隆雄の挨拶。農業従事者には所得補償が必要であることや、議員定数の削減、予算の見直しをやるべきだ、と主張した。

つづいて志位和夫委員長は集団的自衛権について、現政権の考えは海外で戦争する国づくりが正体だと述べた。そして平和の枠組みを北東アジアにも構築することが日本共産党の提案だと語った。さらに原発ゼロを訴えた。また沖縄・基地問題について新基地建設は中止すべきと話し、自共対決を訴えた。

志位和夫委員長の横浜での演説を紹介。消費税10%の中止、税制改革・財政改革で財源を作る、アベノミクスがもたらしたのは格差拡大と景気悪化だけだったと訴え、日本共産党の3つのルール、雇用のルールをつくる、社会保障充実、TPP交渉から撤退すると説明した。

野村節子など日本共産党の小選挙区栃木県の候補者を紹介した。

キーワード
消費税増税
アベノミクス
民主党
集団的自衛権
特定秘密保護法案
志位和夫委員長
原発
日本共産党
ASEAN首脳会議
消費税
TPP
横浜市(神奈川)
山崎としひこ
野村節子
阿部秀実
秋山ゆきこ
川上均

エンディング (その他)
10:34~

エンディング映像。

  1. 前回の放送
  2. 12月11日 放送
  3. 次回の放送