マサカメTV! 酢!マジックパワーSP

放送日 2015年7月25日(土) 18:10~18:42
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:10~

今回は「酢」のまさかの目のつけ所についてお送りする。

キーワード

酢!マジックパワーSP (バラエティ/情報)
18:11~

内堀光康が酢を使ったまさかの商品を思いついたという。しかしこれは偶然できたもの。実は生クリームにレモン汁をいれる調理法を教わり、レモン汁の代わりに酢を入れてみたところ、分離してしまった。しかしこれに一手間加えると驚きの結果が生まれることに気付いた。

酢と生クリームを使うと、食卓でお馴染みの何かが出来るという。それはなにかというクイズ。スタジオでは、マヨネーズやバターなどの答えが出た。

酢と生クリームを足した結果何が出来るか。正解は、バターであった。河西が正解した。味見をしたところ、発酵バターに似た味わいとなった。普通、発酵バターを作るには時間がかかるが、酢を使うことで約1分でバターが出来るのである。

果実酢で作った酢バターがスタジオに登場。今回は、ブルーベリーとパイナップル。試食したところ、さっぱりしていて美味しいとコメントした。

酢に合う料理をリサーチした。酢博士で、味覚の分野で博士号も取得した石井翔など。酢の愛好家が、合う料理を教えてくれる。まずはオレンジにバルサミコ酢。さらに、梅干しに酢をいれると、梅干しの酸っぱさが弱まり、塩分も洗い流されるためにマイルドに感じるという。石井が考案した斬新な酢メニューを紹介する。酢を使ったうな丼や、すき焼きならぬ酢き焼きなど。

マサカメクイズ。あるものに酢を使ったら美味しくなった。そのあるものとはなにか?ヒント1、何かを炒めてそこへ酢を少々。ヒント2、沸騰した湯の中に酢を投入。ヒント3、寿司にヒントを得た。スタジオでは、煮物やスパゲッティなどの答えが出た。正解は酢パゲッティ ミートソー酢である。ソースにも、パスタを茹でるときにも酢を使っている。

余って賞味期限切れになってしまうこともある酢、しかし家のいたる所で使えるという。酢の醸造メーカーの開発担当である北山絢さんが登場。まずはキッチンの水垢の汚れを酢と水を1:1で割ったものでペーパータオルを湿らせ汚れにかぶせ、ラップで覆い蒸発を防ぎ1時間待つ、新品のようにきれいになった。リビングでは絵本を手に取り、これの悩みも解決できるという。

マサカメクイズは「酢を使うと解決できちゃう古本のある悩みとはいったい?」、正解は値札シール。ペーパータオルに酢をしみこませしっかり絞りシールの上にのせておくだけで簡単に剥がれる。粘着部分のゴムが酸に弱いためだという。時間がたって黒くなった剥がし跡もペーパータオルとラップのダブルコーティングできれいに剥がすことができた。次にお風呂の浴槽に酢を入れた北山さん、200リットルのお湯に200ミリリットルの酢を入れると弱酸性への変化し肌にやさしい湯になるという。

酢を使った超おもしろい技を伝授。容器に卵を入れそこに酢を注ぐ、2日後にキレイになるという。マサカメクイズは「酢に着けるだけで超キレイになる生卵とは!?」、正解は「半透明の卵できあがる」。見た目が半透明になるだけでなく弾むようになり、これは酢に長時間漬けることで殻が溶け薄皮が強化されるためだという。

スタジオで実際に触り弾ませた。この卵は食べられるといい、酢卵は中国では古くから家庭で食べられている食品だという。殻を水でよく洗い、冷蔵庫で2日以上保管する、その後薄皮を破って取り出し卵と酢をよく混ぜる。春日が試食すると苦味もあるといい「なんだよ」とコメント。酢卵大さじ2に100gのヨーグルトとハチミツ大さじ3を混ぜたものを試食するとおいしいとコメントした。

春日俊彰が酢に絡めたギャグを披露した。

キーワード
酢うな丼
酢だまり氷
酢き焼き
山辺町(山形)
酢パゲッティ ミートソー酢
酢卵
ヨーグルト
ハチミツ

エンディング (その他)
18:41~

マサカメTV!の次回予告。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月25日 放送
  3. 次回の放送