サンデースポーツ 2020

『サンデースポーツ 2020』(サンデースポーツにいまるにいまる、SUNDAY SPORTS 2020)は、NHK総合テレビジョンで日曜日に放送されるスポーツニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年8月18日(日) 21:50~22:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
21:50~

きょうのラインナップを紹介した。

テーマ曲「Body&Spirit」SOIL&“PIMP”SESSIONS

キーワード
SOIL&“PIMP”SESSIONS
Body&Spirit

スポーツニュース (ニュース)
21:50~

2位でスタートした渋野は首位に並ぶが、最終18番を外し3位で終えた。渋野はいいプレーはできたと思っったが最後ボギーを打ったので台無しと話した。優勝は穴井詩、2年ぶりツアー3勝目。

NHK高校野球テーマソング「甲子園」福山雅治。

履正社は1回に3ランで先制されるがその後は得点を与えず、5回に逆転し7-3で勝利。

星稜は2回に5点を奪うと、先発の荻原は7回1失点の好投で17-1で勝利。

明石商は7-6で勝利。

中京学院中京は1点を追う8回に満塁のチャンスで逆転満塁ホームランを打ち、6-3で勝利。

甲子園準決勝の大戦表を伝えた。

セ・リーグは昨日の試合終了時点で首位巨人と3位広島のゲーム差は5.5となっている。

DeNAは先発今永昇太は3回目の完封で11勝目を上げるなどで1-0で勝利。

巨人の先発・山口は6回途中3失点で自信最多の12勝目をあげるなどで6-3で勝利。

ヤクルトの先発・ブキャナンは打たせて取るピッチングで8回無失点で3勝目をあげるなど3-2で勝利。

セ・リーグ順位表を伝えた。

ソフトバンクは今日1軍昇格したコラスがホームラン。その後逆転されるもタイムリーで勝ち越し5-4で勝利。

2点リードの日本ハムは7回に浅村にホームランで同点とされ4-4で引き分けた。

オリックスは序盤にリードすると、そのリードを守りきり2-1で勝利。

パ・リーグ順位表を伝えた。

キーワード
渋野日向子
穴井詩
福山雅治
甲子園
夏の全国高校野球
清水大成
井上広大
荻原吟哉
奥川泰伸
明石商
八戸学院光星
中森俊介
中京学院中京
元謙太
DeNA
広島
巨人
ロペス
今永昇太
阪神タイガース
岡本和真
山口俊
ヤクルト
中日
ブキャナン
西武
ソフトバンク
コラス
楽天
日本ハム
浅村栄斗
ロッテ
オリックス
K-鈴木

速く!高く!強く!スポーツクライミング大特集 (バラエティ/情報)
22:05~

東京オリンピックの新競技スポーツクライミングを紹介。オリンピックでは3種目で争う複合が行われる。スピード は世界共通のルートで速さを競う。ボルダリングは登った壁の数を競う。体力と想像力が求められる。リードは登った壁の高さを競う。持久力が勝敗の鍵となる。代表権をかけて世界選手権が先週開幕。

東京オリンピックの代表選手が内定するとスタジオでは競技に対し顔写真で紹介する。スポーツクライミングでは代表選考が世界選手権の複合で7位以内の日本勢トップが内定すると説明。男子と女子の候補選手を紹介。女子では野中生萌と野口啓代の特徴と実績を比較。共にボルダリングが得意だが、野口啓代はリード、野中生萌はスピードが得意と紹介。順位は3種目の順位をかけ合わせたものが総合成績となる。

スピードに挑む野中生萌選手は1回目まさかの失敗。しかし2回目に8秒台。野口啓代選手は自己ベストのタイムをマーク。ボルダリングでは、平山ユージさんがパワフルな課題だった、体格差がでてちょっと可愛そうだったと解説するものだった。野口啓代選手はそんな中でじっくり流れを作ったと4つの壁を完登。対して野中生萌選手は40秒を残しトライを断念。危ないを残したと解説。結果3つを完登。伊藤ふたば選手も4つの完登を果たし日本人選手のトップにつける。その中で高さを競うリードを前に伊藤ふたばは4位、野中生萌は6位。野口啓代は8位。野口は全体で2位に付けた。しかし森秋彩が20人の中で1人上りきった。決勝進出は野口啓代が2位、森秋彩が5位、伊藤ふたばが6位、野中生萌が8位に。

スタジオでは会場が国を関係なく選手を応援している雰囲気が良かった。また違った良さがあり違った緊張感があり東京オリンピックでも盛り上がるだろうとコメント。

楢崎智亜選手23歳はニンジャのニックネーム。幼少期に体操で培ったニンジャのような身のこなし。今シーズン、ボルダリングのW杯で2回目の総合優勝。飛躍的に力を伸ばしたのはスピード。どの種目でも高いレベルで戦える力を培った。楢崎智亜選手は世界一になって一番強いことを証明したいとコメント。

楢崎智亜選手の前に立ちはだかりそうな選手としてチェコのアダム・オンドラ選手。世界で最も難しいというルートをこれまで完登。標準をあわせたのは東京オリンピック。追加種目となり参加を決めた。楢崎選手が登れなかった壁をアダム・オンドラ選手が優勝したことがあった。

スポーツクライミング世界選手権複合の番組宣伝を行った。

キーワード
野中生萌
野口啓代
楢崎智亜
東京オリンピック
スポーツクライミング世界選手権
スポーツクライミング
リード
ボルダリング
スピード
伊藤ふたば
森秋彩
倉菜々子
藤井快
原田海
土肥圭太
楢崎明智
楢崎智亜選手
アダム・オンドラ選手

スポーツニュース (ニュース)
22:19~

ジュビロ磐田はガンバ大阪と対戦。ジュビロ磐田は小林稔ヘッドコーチが臨時で指揮をとることになった。試合はジュビロ磐田は退場者を前半で1人出してしまう苦しい展開。前半終了間際で小野瀬康介にゴールを許す。しかし後半アディショナルタイムにPKを得て、中山仁斗がPKを決め、土壇場で引き分け。中山仁斗はしぶとく最後にワンチャンス来て良かったとコメント。

松本山雅は名古屋グランパスと対戦。ここまで9試合勝ち星無しの松本山雅は、前半ゴールを決めることができず0-0で折り返す。すると後半永井龍が先制ゴール。しかし守備の一瞬のスキからゴールを許し1-1の引き分け。

J1リーグの順位表を紹介。

大谷翔平投手はピッチャーの復帰を目指し、術後初めて変化球を試した。水質汚染は雨に汚水が浄化されずに川に流れたことが原因している。

卓球のブルガリアオープンでは張本智和が登場。4-0のストレートでの勝利。相手も粘ってきた中で自分が逃げ切れので良し試合だったと語る。

お台場海浜公園にて行ったトライアスロンの大会で、基準値の2倍を記録する大腸菌が検出。パラトライアスロンスイムが中止。水質検査は数値内になり予定通りスイムを含めて競技を実施した。雨に汚水が浄化処理されないまま流れたことが原因と見られる。森泰夫次長は選手が安全に競技することについてどういう対応をするか検討していくとコメント。

キーワード
中山仁斗
小野瀬康介
ジュビロ磐田
ガンバ大阪
吹田(大阪)
小林稔ヘッドコーチ
名古屋グランパス
松本山雅
松本(長野)
永井龍
赤崎秀平
大谷翔平 
東京オリンピック
張本智和
マルコス・フレイタス
ブルガリアオープン
組織委員会
大腸菌
森泰夫次長

メイっぱいラグビー (バラエティ/情報)
22:24~

今回のテーマはドロップボール。教えてくれるのは小倉順平選手。学生時代から正確なキックでドロップボールを決めてきた。ラグビーはトライが5点、ゴールキックで2点が加算されるが、流れの中でボールをワンバウンドさせて蹴るドロップゴールは3点。後半最後で2点差で負けていたり、1トライで逆転されない点数にもっていきたいときに使うと話す。2003年のW杯決勝では同点で迎えた試合終了間際にドロップゴールを決めて優勝した。コツはボールの落とし方。プレッシャーの中でどれだけまっすぐ落としてまっすぐ上げるかと意識して蹴ると話す。

キーワード
ラグビーW杯

Weekly CHECK (ニュース)
22:27~

ラグビーの最新の世界ランキングが発表され、日本は2つ順位を上げ9位になった。2016年以来で過去最高タイ。

ヤクルトの村上宗隆がサヨナラホームランを打ち、19歳6か月でサヨナラホームランの最年少記録を66年ぶりに更新。これまでの最年少記録は森下正夫の19歳7か月。

西武対オリックス戦で危険球が相次ぎ警告試合になり、3人が退場になった。

サッカー天皇杯で三浦知良と中村俊輔が19年ぶりに共に戦った。2人は後半17分まで共に戦った。

トライアスロンのテスト大会でイギリスの選手2人が手をつないでゴールしたが、意図的または不自然な同着は禁止というルールに触れ両者失格となった。

スタジオではオリンピックではメダルがかかっているので無いと思う。テスト大会で経験したのがよかったのではとした。

キーワード
村上宗隆
ヤクルト
森下正夫
西武
オリックス
警告試合
横浜F・マリノス
横浜FC
三浦知良
中村俊輔
天皇杯

球数制限で選手を守れるのか (バラエティ/情報)
22:33~

球数制限は投手をケガから守ることできるのか。去年、秋田金足農業の吉田輝星が甲子園決勝までに1人で881球を投げた。今年の夏では大船渡の佐々木朗希が県大会の決勝で故障を防ぐためという判断で登板をしなかったことが議論を読んだ。高野連も今年4月に有識者会議を発足されて怪我防止のための具体的な検討を始めている。

智弁和歌山の元監督・高嶋仁さんは甲子園を何ものにも代え難い舞台と話す。投手の故障防止とチームの勝利をどう両立させるか、高嶋さんは球数制限ありきで議論が進むことに違和感をもっている。卒業生に聞くと球数よりも間をあけてほしいと話す。平成8年の選抜高校野球で当時2年だった高塚信幸は決勝までの5試合で712球を投げたが、連投の末肩を痛め、それ以降投手として投げられなくなった。それ以降、高島さんは1人の投手に頼らないチーム作りを進めてきた。その一方で複数の投手を揃えることができるのは強豪校だけで普通の高校は難しいという声も上がっている。

また球数以外にも目を向けるべきものがあると指摘するのは野球医学専門の馬見塚尚孝さん。投球制限だけですべての選手を予防するのは難しい。怪我を防ぐためには投球制限だけではなく、全力で投げるかという投球の強度や連投などのコンディション、投球動作や個人差の要素を全体として考えていく必要があると話す。

怪我の予防についての要素について畠山愛理は気になるのは個人差。自分もやっていて感じていたし、1人1人成長のスピードも違うので大事と話した。また、小中学生の段階からケアすることが重要という認識が広まっている。全日本軟式野球連盟によると高校で肘を痛める投手の90%が再発で初めてひじを痛める年齢は11~12歳が多いことがわかっている。

今日、神宮球場で開幕した小学生の軟式野球全国大会。今年から全日本軟式野球連盟は全選手対象に検診を行った。痛みを隠し無理をする子供のケガを未然に発見するのが狙い。今回の取り組みを中心になって進めた古島弘三医師は指導者の意識改革が必要と警鐘を鳴らす。また連盟では絵今大会から1日の投球数を70球までに制限、更に1日の練習を3時間以内、1年間の試合数を100試合以内などのガイドラインを設置し、包括的にケガの予防を進めていくとしている。

高嶋仁さんは異変に築くために必要なのは複数の目が大切と話していた。また馬見塚尚孝医師は監督に権限が集中するチームの形を変えるのが大事。選手が自立し、自分の体を守ることが大事。指導者もそれを尊重する態度を持つことが大事と話していた。また、今年の甲子園では明日に加えて決勝の前日にも新たに休養日が設けられた。

キーワード
吉田輝星
金足農業
佐々木朗希
第68回選抜高等学校野球大会
高塚信幸
中原区(神奈川)
全日本軟式野球連盟
高嶋仁
馬見塚尚孝

エンディング (その他)
22:45~

エンディング映像。

ひろ/中島美嘉。

キーワード
中島美嘉
ひろ

番組宣伝 (その他)
22:49~

「逆転人生」の番組宣伝。

「宇宙の人気番組」の番組宣伝。

「特集ドラマ マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」の番組宣伝。

「地球トラベラー グレートヒマラヤトレイル 遥かなる天空の道」の番組宣伝。

  1. 前回の放送
  2. 8月18日 放送
  3. 次回の放送