サンデースポーツ 2020

『サンデースポーツ 2020』(サンデースポーツにいまるにいまる、SUNDAY SPORTS 2020)は、NHK総合テレビジョンで日曜日に放送されるスポーツニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月16日(日) 21:50~22:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
21:50~

オープニング映像。きょうのラインナップ、レスリング全日本選抜、なでしこジャパンなどを伝えた。

サンデースポーツ2020テーマ曲、SOIL&”PIMP“SESSIONSの「Body&Spirit」が流れた。

キーワード
SOIL&“PIMP“SESSIONS
Body&Spirit
レスリング全日本選抜

スポーツニュース (ニュース)
21:50~

レスリングは今年9月の世界選手権でメダルを獲得すればオリンピックの代表に内定するという。その世界選手権の代表は去年の全日本選手権と今年6月の全日本選抜選手権の成績によって決まるという。

全日本選抜選手権で伊調馨と川井梨紗子が決勝で対戦した。川井が5ポイントを先制すると、伊調も2ポイントを奪い、さらに、3-5とする。試合終了間際まで激戦を見せた2人だったが、6-4で川井梨紗子が勝利し、優勝を果たした。川井は、伊調に負けた半年前の後悔が大きくて、その思いだけはしたくないと思った、代表決定戦は、自分も負けたくないので気持ちで負けない試合をしたいと話した。伊調は、これまで築いてきたものプラス、進化している部分もあると思うため、プレーオフに向けて準備したいと話した。吉田沙保里は、川井は怖がらずにタックルに入っていて取り方もうまかった、足腰強いバランスが良い伊調選手にわかった上で入っていった川井選手はすごいと解説した。代表決定戦については、川井選手は攻めたから点数が取れたと思うため忘れないで欲しいと思う、伊調選手は、守りから攻めに変えてくるか、いろんな攻めで攻撃してくるのではと思うと話した。

リオ五輪以降勝ち負けを交互に繰り返す文田健一郎と太田忍が決勝で対戦した。文田が4対1で勝利した。太田は、「悔しいです、それだけ」と話した。文田は、ずっと(太田)忍先輩と競ってきたからこそココに立てている、忍先輩に勝ったから世界選手権でも戦えるという気持ちと述べた。

登坂絵莉と須崎優衣が対戦した。10対0で須崎優衣が勝利した。登坂絵莉は、完敗だったなというか実力だと思うと話した。須崎優衣は憧れだった選手を倒すことができて嬉しかったと話した。

樋口黎と乙黒拓斗の対戦は、15対5で樋口黎が勝利した。樋口は、リオ五輪より格段に上のレスリングができている、もうひとつレベルを上げて万全の体勢で臨めるようにしたいと話した。

畠山愛理のアイリポ (バラエティ/情報)
22:12~

日本で7年ぶりにフェンシングのアジア選手権が開催。注目は男子フルーレ団体で、ロンドン五輪では銀メダルを獲得している。会場には競技の体験コーナー、現役選手による試合解説などフェンシングを楽しむための工夫が凝らされていた。フェンシングには、エペ、サーブル、フルーレの3種目があり、フルーレは胴体への突きを決めたときに1ポイントが与えられる。団体戦は3人の総当たり戦で、先に45点を獲得したチームが勝利。選手権で日本は準決勝に進出し、香港と相まみえた。世界ランクでは日本の上位にあたり、千田健太氏によると波に乗っているという。個人戦で優勝した敷根崇裕が4連続ポイントを奪い、チームを勢いづけた。鈴村健太、松山恭助も活躍し、日本は45-36で勝利。

決勝で日本は中国と対戦。敷根崇裕が逆転に成功し、日本は45-43で勝利。アジア選手権で10年ぶりの優勝を達成した。敷根は「世界の中のトップと呼ばれるチームにしていけたら」と語った。

キーワード
フェンシングアジア競技大会2019
ロンドン五輪
敷根崇裕
鈴村健太
松山恭助
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送