サンデースポーツ 2017年7月30日放送回

『サンデースポーツ 2020』(サンデースポーツにいまるにいまる、SUNDAY SPORTS 2020)は、NHK総合テレビジョンで日曜日に放送されるスポーツニュース番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年7月30日(日) 21:50~22:40
放送局 NHK総合

番組概要

サンデースポーツ (ニュース)
21:50~

西東京大会決勝・早稲田実vs東海大菅生の一戦は6-2で東海大菅生が17年ぶり3回目の甲子園出場を決めた。清宮は「準優勝という結果でしたけど本当に日本一のチームだと思う」とコメントした。

杉浦アナらの冒頭の挨拶。酒匂アナは「早稲田実業の声援がものすごく大きかったがその中で実力を発揮した東海大菅生。甲子園での活躍を期待したい」と説明した。

大阪大会 大冠×大阪桐蔭の一戦は10-8で大阪桐蔭が3年ぶり9回目の甲子園出場を果たした。福井章吾主将は「絶対甲子園で春夏連覇を達成します」とコメントした。

今日のラインナップを紹介。

キーワード
清宮幸太郎
早稲田実業
東海大菅生
西東京大会
大阪大会
大冠
大阪桐蔭
福井章吾
楽天
則本昂大

プロ野球 (ニュース)
21:54~

広島vsヤクルトの一戦は14-1で広島が勝利。広島の先発、岡田はチームトップに並ぶ9勝目。「最初飛ばしていこうとしっかり腕の振り投げました」と振り返った。

中日vs阪神の一戦は7-0で中日が勝利。森監督は八木について「久しぶりの登板だったが持ち味を出してチームを作ってくれた」とコメント。

巨人vsDeNAの一戦は、5-4で巨人が勝利した。相川は「おやじでもまだまだできるところを見せたかったので本当に嬉しい」とコメント。高橋監督は「2アウトからだったけどみんなで繋いで相川が勝負強くいいバッティングをしてくれた」と話していた。

セ・リーグ順位を伝えた。

オリックスvs楽天の一戦は4-3で楽天が勝利。聖澤は「すごい頼りになる選手。これからももっと茂木は活躍してくれると思う」とコメント。梨田監督は「茂木の復帰は待ち人来たるという感じ9回での逆転勝利は印象にも残る」とコメントした。

ソフトバンクvs日本ハムの一戦は4-3でソフトバンクが勝利。今宮は「熱い声援のおかげで打てた1本です。ありがとうございます」とコメントした。サファテ投手は「こういう日のためにキャンプなどで体を作っているので体力的には大丈夫」と笑顔で答えた。

ロッテvs西武の一戦は7-3で西武が勝利した。山川は「もっと連勝できるように頑張ります」とコメント。辻監督は3回の攻撃についてお見事の1言。9連勝については「上が微かに見えてきたかな」と話した。

パ・リーグ順位を伝えた。

26年間破られていなかった6試合連続2桁奪三振の野茂英雄の記録。則本昂大が8試合連続2桁奪三振の新記録を打ち立てた。三振のこだわりについて則本は「ここ最近の投手の中では強い方だと思う。アウト1つの取り方にもこだわりをもって野球をやっている」と話す。さらに「4球以内で三振を取ることに重点を置いている」と説明した。工夫していることはリリースポイントをずらして 投げており、三振を支えているのは球団から提供される試合ごとの投球データであることを紹介した。さらに7月11日に行われたソフトバンク戦を例に挙げ則本選手の精神面が成長していることを紹介した。則本は「三振を1つ取るごとに球場全体が一体感。その空間を支配できている」と説明した。

竹内智香は勝つための武器について「則本選手も言っていた空間を支配する力というのはすごく共感できる」とコメントした。

キーワード
広島
ヤクルト
マツダ
鈴木誠也
岡田明丈
中日
阪神
ナゴヤドーム
ゲレーロ
福田永将
八木智哉
巨人
DeNA
東京ドーム
相川亮二
大阪京セラ
オリックス
楽天
アマダー
聖澤諒
福岡ヤフオク
ソフトバンク
日本ハム
今宮健太
サファテ投手
千葉ZOZO
ロッテ
西武
山川穂高
野茂英雄
則本昂大

水泳・バスケットボール (ニュース)
22:09~

水泳・世界選手権・男子400m個人メドレー予選。瀬戸大也は全体4位で決勝へ。萩野公介は全体7位で決勝進出を決めた。

新体制となったバスケット代表がウルグアイと対戦。

キーワード
瀬戸大也
世界選手権
萩野公介

特集 (ニュース)
22:15~

竹内智香が最も会いたかった選手、ノルディック複合の渡部暁斗。ソチ五輪では共に銀メダルを獲得した2人。渡部がどんな思い出夏場のトレーニングに取り組んでいるのか訪ねた。渡部は自らの故郷である長野県白馬村を夏の練習拠点にしていた。渡部は変化への挑戦が僕にとっての夏と話した。渡部はこの夏で課題にしているジャンプを大きく変えようとしていた。このタイミングでもう一回チャレンジしてみようと気持ちがあって、今までの自分がやってきたことを一度否定して新しい自分になるためと話した。竹内は今の練習は五輪に向けてなのか1年戦う中で五輪がある感じなのかと聞くと、渡部は僕の中でW杯を戦うなかで五輪がくるだけの話であって11月から3月までトップレベルで過ごすつもりで準備している。もちろん五輪も取って世界一だと思うけど、両方持っているのが一番かなと思う。自分が満足できるレベルになっていれば、何がきても勝てるという準備の仕方をしていると話した。前回のソチ五輪。前半のジャンプを2位で折り返した。後半のクロスカントリー最後までトップ選手を追い続けた。渡部にとって3回目の五輪では初めて、この種目、日本勢20年ぶりのメダル。竹内は4回目の五輪で初めてのメダルを獲得。竹内はメダルを取ったことで何か変化を感じたか?に渡部はメダルを持つことで環境が大幅に整ったり、望んだことを受け入れて貰いやすくなったりで最低ラインとしてメダルをもっている。さらに金だったら自分が思っている道をすすめるのではないかという感じと話した。ソチ五輪の次の年、白馬村の競技場が整備され、ローラースキーのコースがアスファルト舗装された。こうした練習環境の充実で、夏場の日本でも満足の行くトレーニングができるようになった。竹内は五輪は一番の発信力と話すと、渡部はメダルを取ることによって環境が整っているのがわかってより金メダルを取りたい思うようになったと話す。竹内は道具へのこだわりから自らスノーボードの開発や制作にも携わっていることから道具へのこだわりを聞いてみると、渡部はなんでもいい。自分がスキーがうまい状態になればどういうものでも大丈夫かなと、これじゃなきゃダメだと限界を狭めている気がすると話した。最後にもう2位はいいや。世界選手権でも銀だし、総合も3回2位になってるし、あと頂上しかないでしょという感じ。この夏イメージどおりにできればかなりの確率で金を取れると話した。

  1. 前回の放送
  2. 7月30日 放送
  3. 次回の放送