にっぽん百名山 実践!にっぽん百名山「水晶岳」

にっぽん百名山( -ひゃくめいざん)は、NHKが2012年7月2日よりNHK BSプレミアムにて放送を開始した自然紀行のテレビ番組である。海外向けNHKワールド・プレミアムでは特別番組扱いで不定期放送される。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年10月9日(月) 13:35~14:05
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
13:35~

今回は水晶岳。ヤマ塾では、登山中装備が壊れてしまったときの応急リペア術を紹介。

工藤夕貴の挨拶。本日のゲスト、漫画家の鈴木ともこを紹介した。鈴木ともこは登山に関する漫画も執筆しているほど山登りに夢中になっている。1年前に家族で登山した時の写真を公開した。本日の山、「水晶岳」は日本百名山の中でも最も登りにくく、最も日数の掛かる山という認識で捉えられている。どこから登っても3日かかる。今回のルートの紹介した。

キーワード
水晶岳

にっぽん百名山 (バラエティ/情報)
13:38~

水晶岳は百名山の中で、最も奥深い山との1つと言われている。北アルプス登山の拠点の新穂高センターでガイドの永井柳さん待ち合わせをした。午前7時出発、林道を1時間半進むと本格的な登山路が始まる。新穂高センターを出発して6時間、人気のスポット鏡池の近くにきょうの宿「鏡平山荘」に到着。

2日目、今日は標高差が少なくのんびり楽しみながら進む。平らな稜線から歩くこと20分双六岳山頂に到着。さらに稜線を進み、双六岳山頂から1時間で隣にある三俣蓮華岳に到着した。 鏡平山荘から5時間半、三俣山荘に到着。

3日目、水晶岳の山頂までは3時間、まずは黒部川の源流を目指す。出発して30分、黒部川源流に到着。秋になると 紅葉の名所として有名だと萩原浩司は話した。三俣山荘を出発して1時間半、水晶岳の稜線に入った。稜線から1時間で水晶部屋に到着し山頂まであと40分。3日目で水晶岳山頂に到着。山頂には様々な白馬岳などの百名山が見渡せる。ガイドの永井さんは、簡単には登れない山で百名山がたくさん見れる山は水晶岳ぐらいではないかと語った。

水晶岳について、鈴木ともこは自分が登ってきた山や思い出を感られる山だと話した。コバイケイソウという花は双六岳付近で見れることができるという。、。萩原浩司が下山ルートを紹介、途中にある鷲羽岳は山頂直下に鷲羽池がありその池越しに槍ヶ岳が見えて絶景が楽しめるとのこと。

萩原浩司が登山装備の応急リペア術について紹介。布製のガムテープの活用術は袖に枝に引っ掛けてしまった場合、破れた生地の水などを拭き取り、ガムテープの四隅を丸く切ったら貼りけて裏側にも同じように貼る。こうすると安定した応急手当になり、テントにも活用できる。結束バンドの活用術は靴のソール部分にが剥がれてしまった場合、結束バンドを3本につなぎ合わせて剥がれたソール部分にバンドを巻きつけてしめるだけ。さらに結束バンドは靴の紐を通す部分が壊れた場合にも紐を通したい部分に穴を開け、そこにバンドを通して小さな輪を作れば完了。面ファスナーの活用術はリュックのナックルが壊れてしまった場合、面の端を余らせて貼り合わせ、ナックルの隙間に面ファスナーを通すだけで簡単に応急措置ができる。

キーワード
新穂高センター
鏡平山荘
百名山
水晶岳
槍ヶ岳
イワスゲ
三俣山荘
三俣蓮華岳
双六岳
白馬岳
ダケカンバ
ナナカマド
鷲羽岳
コバイケイソウ

エンディング (その他)
14:03~

エンディング映像。

テーマ曲「空になる」

キーワード
空になる
  1. 前回の放送
  2. 10月9日 放送