高専ロボコン 2015「関東甲信越地区大会」

放送日 2015年12月16日(水) 2:40~ 3:35
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
02:40~

オープニング映像。今回の高専ロボコン2015は「輪投げ合戦」を行う。題して「輪花繚乱(わっかりょうらん)」。ロボットが輪を投げる競技を行う。

キーワード
高専ロボコン2015

高専ロボコン2015 関東甲信越地区大会 輪花繚乱 (バラエティ/情報)
02:41~

今年の舞台は栃木県立県南体育館。テーマは輪花繚乱で輪投げ対決だと二宮直輝アナウンサーが説明。実況は長野亮アナウンサーが担当する。選手が会場入り。競技に参加するのは関東甲信越地区の9つの高専20チーム。優勝したチームと審査員が推薦する3チームの合わせて4チームが全国大会に進む。主審の飯島洋祐、副審の阿部雄平と高野一輝を紹介した。

今回のルール説明を行った。競技は赤・青に分かれ対戦形式で行う。出場できるロボットは1台のみ。スローエリアから3本のポールに向かって輪を投げ、1個の輪を1本のポールにかけると1点、相手チームの3本にかけてから中央にある3本のポールに向かって輪を投げる。相手チームより先にすべてのポールに輪をかければVゴール勝利となる。さらに中央ポールでは1個の輪にまとめて2本かければ5点、3本まとめてかけると10点がもらえる。大きな輪で得点を稼ぐか、Vゴール勝利になるか、技術と戦略が試される。トーナメント表が表示された。

1回戦 長岡高専Aチーム「輪翔輪勝」vs.長野高専Aチーム「C-RAZair」が対戦し、長野高専が17-3で勝利した。

長野高専Bチームはロボコンでは珍しい出場全員が女子のチーム。1年から出場し今年で5年目。長野高専Bチームのリーダー・山口菜那さんは高専の体験入学でロボコンの実演を見たのがきっかけだと話した。操縦者の関根朱理さんさんはロボコンがない学生生活は考えられなかったと話した。果たして女子チームの実力やいかに。

長野高専Bチーム「infinity」vs.小山高専Aチーム「タートルリンガー」が対戦し、4-3で長野高専Bチーム「infinity」が勝利した。

東京高専の体育館では毎年ロボコン前にロボットお披露目会を開いていて、300人を超える見学人が訪れた。この日は10年前に大会に出場したロボットの実演披露されていた。2005年大会「大運動会」で東京高専のロボットはロボコン大賞を受賞していた。そのときの操縦者・佐々木さんは今でも後輩たちの活動を支えている。東京高専の生徒が目標を語った。

東京高専Bチーム「゜ゑ」vs.産業技術高専荒川Aチーム「荒鯊」が対戦し、産業技術高専荒川Aチームが新記録の12秒でVゴールを達成し勝利した。その後東京高専BチームもVゴールを決めた。

各校の個性的なロボットをまとめて紹介。サレジオ高専Bチーム「Cycloneha」、産業技術高専荒川Bチーム「わんちゃん丸」、産業技術高専品川Aチーム「花輪投」、茨城高専Aチーム「ゴンザレス伊藤」、群馬高専Aチーム「Hey!Hey!Bom!Bom!」、東京高専Aチーム「沼のかばさん」を紹介した。

去年の優勝チーム小山高専の練習風景を紹介。2011年大会「ロボ・ボウル」でも布貼り式の方法で正確に投げていた。プラスチックの骨格を作ることで均一な力で飛ばすことができる。

小山高専Bチーム「輪Navi君」vs.茨城高専Bチーム「RING。」が対戦し、小山高専Bチームが8-3で勝利した。

長岡高専Bチーム「Nagaoka-Fireworks」vs.サレジオ高専Aチーム「SAGITTARIUS」が対戦し、長岡高専Bチームが21秒でVゴールを達成し9-6で勝利した。

産業技術高専荒川Aチーム「荒鯊」vs.群馬高専Bチーム「上州カウボーイ」が対戦し、産業技術高専荒川AチームがVゴールを決め9-4で勝利した。

1、2回戦が終わりベスト8を紹介。

長野高専Aチーム「C-RAZair」vs.小山高専Bチーム「輪Navi君」が対戦し、長野高専Aチームが14-7で勝利した。

長野高専Bの女子チームは、2014年大会「出前迅速」で1回戦敗退していた。高専生は4年生でロボコンを引退することがほとんどだが、山口さんは5年での出場することを決めた。

木更津高専Aチーム「花鳥風月」vs.長野高専Bチーム「infinity」が対戦し、長野高専Bチームが4-9で勝利した。

産業技術高専品川Bチーム「一点突輪゜」vs.木更津高専Bチーム「玉輪」が対戦し、産業技術高専品川Bチームが5-4で勝利した。

産業技術高専荒川Aは全国最速12秒でVゴールを決めたチーム。対する長岡高専Bチームは21秒でVゴールを決め、準々決勝はスピード対決となる。

産業技術高専荒川Aチーム「荒鯊」vs.長岡高専Bチーム「Nagaoka-Fireworks」が対戦し、産業技術高専荒川AチームがVゴールを決め9-2で勝利した。

長野高専Aチーム「C-RAZair」vs.産業技術高専品川Bチーム「一点突輪゜」が対戦し、長野高専Aチームが22ー0で勝利した。22点は全国最多得点だった。

長野高専Bチーム「infinity」vs.産業技術高専荒川Aチーム「荒鯊」が対戦し、産業技術高専荒川がVゴールを決め9-3で勝利した。

決勝戦の長野高専Aと産業技術高専荒川Aに意気込みや作戦などを聞いた。

長野高専Aチーム「C-RAZair」vs.産業技術高専荒川Aチーム「荒鯊」が対戦し、8-8の決勝同点となった。再試合となった。

産業技術高専荒川Aと長野高専Aのチームの再試合前の様子を伝えた。

長野高専Aチーム「C-RAZair」vs.産業技術高専荒川Aチーム「荒鯊」が再試合をし、4年ぶりに長野高専が17-8で優勝した。

全国大会出場校と審査員賞を発表した。全国大会は11月22日に国技館で行われる。

キーワード
高専ロボコン2015
高専ロボコン
高専ロボコン 2015 関東甲信越地区大会
産業技術高専荒川
産技荒川A

エンディング (その他)
03:33~

エンディング映像。

ロボコン テーマ曲「無我夢中」トータス松本が流れた。

「高専ロボコン2015全国大会」の番組宣伝テロップ。

キーワード
高専ロボコン 2015 関東甲信越地区大会
無我夢中
トータス松本

スポット

スクール/教育

サレジオ高専
長岡高専
長野高専
木更津高専
群馬高専
小山高専
茨城高専
東京高専
長野
産業技術高専品川
産業技術高専
木更津
小山B
長岡B
産技品川B

レジャー/交通

栃木県立県南体育館
国技館
  1. 前回の放送
  2. 12月16日 放送
  3. 次回の放送