情報LIVE ただイマ! 知っていますか?“奇跡の作曲家”佐村河内守

『情報LIVE ただイマ!』(じょうほうライブ- )は、2012年4月13日から2013年2月8日まで、NHK総合テレビにおいて毎週金曜日の22:00 - 22:48(JST、以下略)に生放送された情報番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年11月9日(金) 22:00~22:50
放送局 NHK総合

番組概要

日本でも大騒ぎ!?アメリカ大統領選 (バラエティ/情報)
22:00~

アメリカ大統領選が行われオバマ大統領が再選を果たした。大統領と同じ名前の小浜市ではオバマ氏を応援していた。そして伊豆にある修善寺ではロムニー氏を応援している。理由は、テーマパークにロムニー鉄道が走っているため。また、カリスマ投資家・竹井佑介はロムニー氏が当選する事を望んでいた。ルース駐日大使とモーリー・ロバートソンらが六本木で大統領選挙の解説番組に出演していた。オバマ氏が再選すると小浜市では祝杯ムードだった。

原田泰造ら出演者が挨拶。アメリカの大統領選挙から2日が経過し、オバマ大統領を応援していた福井県小浜市では広告効果、数十億円を期待している。小浜市では4年前の選挙時に「オバマまんじゅう」を誕生させ、今回の選挙では5倍に売り上げが伸びていると紹介した。また、ロムニー氏を応援していた静岡県伊豆市の「ロムニー鉄道」も普段に比べ問い合わせが増えたと紹介した。

今回の大統領選挙の特徴は、アメリカの分断である。オバマ大統領の支持率は50%、ロムニー候補は47%と大接戦となった。瀧本哲史氏は実際にはバラバラになってしまった国をまとめようとしていたのがオバマ氏に投票していると語った。

アメリカ大統領選挙のネガティブキャンペーンについて、富司純子らは子どもたちに説明出来ないだろうし、素直に勝者を応援する事が出来ないかもしれないと語った。今回は選挙では、60億ドルの半分が、広告費に使用された。

モーリー・ロバートソンが大統領選挙について解説。今回の選挙で問題になったのがアメリカ分断を加速させた中傷合戦で、オバマ大統領とロムニー氏の有権者は共に相手の中傷広告を作成した。アメリカが分断される寸前、4歳の少女が動画サイトYouTubeに怒りを爆発させた動画を投稿し、この動画が有名になるとマスコミは謝罪したという。

アメリカ合衆国大統領選挙によるアメリカ分断について瀧本哲史が解説。日本と違いアメリカの議員は妥協をすることが多く、議員の揺らぎや妥協に期待することが出来ると語った。

キーワード
ルース駐日大使
モーリー・ロバートソン
藤原清次代表
アメリカ大統領選
オバマ大統領
ロムニー氏
小浜市(福井)
修善寺
伊豆市(静岡)
アメリカ大統領選挙
六本木(東京)
オバマまんじゅう
大統領選挙
ロムニー候補
情報LIVE ただイマ!
ロムニー鉄道
YouTube
アメリカ合衆国大統領選挙

This week ササッたひとコマ (バラエティ/情報)
22:15~

世界18か国語に訳され、猫を主役にした25万部のベストセラーがある。本を書いたのはロンドン市でホームレスとなり薬物依存症だったジェームズ・ボウエンさん。彼は野良猫のボブちゃんに出会ってから餌代を稼ぐために働くようになりどん底から這い上がることができた。

サンフランシスコで夕日を撮影しようとしていたナタリー・ロランディンさんだったが、すごいカモメが現れて、カメラを持ち去り海面スレスレを飛び撮影を続行した。最後はカメラを置いて去っていった。

アメリカフロリダでペリカンに与えるエサをカモメが空から飛んできて横取りする映像が紹介された。

原田泰造はカモメの映像が凄いと話し、中田敦彦はカモメの演出が完璧だったとそれぞれカモメを絶賛した。また、視聴者から寄せられたメールを紹介した。

キーワード
ジェームズ・ボウエンさん
ロンドン市(イギリス)
サンフランシスコ(アメリカ)
ナタリー・ロランディンさん
フロリダ(アメリカ)
カモメ
ペリカン

奇跡の作曲家・奇跡の旋律 (バラエティ/情報)
22:20~

先月大阪で行われたコンサートで日本人の聴力がない作曲家・佐村河内守が作った、交響曲HIROSHIMAが演奏された。彼は現代のベートーベンと世界で呼ばれ、ネット上でも天才と称されている。佐村河内守は耳鳴りが酷く、週の半分は寝込んでいる。体調がよくなる僅かな時間だけが彼の作曲時間である。

作曲を始めた佐村河内守は、ある日両耳が全く聞こえなくなっている事に気がついた。その後は、作曲が出来るか自分にテストするために譜面を書いた。そこで絶対音感がそなわっているのを確認しゲームの作曲を続けた。懇親のテーマ曲は世界的評価を受けた。演奏会では、作った本人が聴けない悔しさから音楽会から姿を消した。

生きていく意味を見出せなくなった佐村河内守さんは次第に家に引きこもるようになった。そんな時、知人の紹介で障害のある子たちとの交流を始めた。その中の1人の大久保美来ちゃんは生まれつき右腕がなく、義手によりヴァイオリンを弾いている。彼女の優しい言葉が支えになり、お礼に楽曲をプレゼントした。

佐村河内守さんは1963年に広島県広島市で生まれ、両親は共に被爆者で被爆二世として誕生した。幼い頃から母親による英才教育を受け、音楽の基礎を叩き込んだ。夢は作曲家だったが、高校2年生の頃に聴覚障害の前兆が起きた。

佐村河内守の「HIROSHIMA」について富司純子は早速CDを買って聴いたが、迫ってくるような感覚があったと話した。中谷文彦はコンサート会場でこの曲を聴いて、涙したと語った。佐村河内守は全ての楽器を頭の中で同時に演奏させて考えている。彼は現在、クラシック界で人気が上がってきている。彼の曲を演奏した人達は、天国に行くような感覚等と語っている。スタジオでは、「HIROSHIMA」が流れた。

高校を卒業後は上京し、譜面を音楽業界に持ち込んだが相手にされなかった。耳の変調を抱えながら工事現場などでアルバイトをし、一人で作曲を続けた。28歳の時に転機が訪れ、知り合いの紹介でテレビ番組に使う作曲を頼まれた。これがきっかけで映画「秋桜 コスモス」やゲーム「バイオハザード」の楽曲などの依頼が舞い込んだ。

佐村河内守さんは小学生の頃から書き溜めてきた2万枚にも及ぶ譜面を破棄し、夢だった交響曲の作曲に取り掛かった。作曲は2年間にも及び、2003年に「交響曲第1番 HIROSHIMA」を完成させた。

先月、広島に帰省した佐村河内守さんは原爆ドームをスケッチする子供達と出会あった。子供達からたくさんの「光」を貰い「交響曲第1番 HIROSHIMA」は完成した。

キーワード
佐村河内守
岡野博行
三枝成章
大阪交響楽団
ベートーベン
鬼武者2
HIROSHIMA
横浜市(神奈川)
大久保美来ちゃん
広島市(広島)
聴覚障害
情報LIVE ただイマ!
大友直人さん
森下幸路さん
秋桜 コスモス
バイオハザード
ウラディミール・スミコフスキーさん
交響曲第1番 HIROSHIMA
広島県
  1. 前回の放送
  2. 11月9日 放送
  3. 次回の放送