くらし☆解説 「3万年前の航海”がもたらしたもの」土屋敏之解説委員

『くらし☆解説』(くらしきらりかいせつ)は、2012年4月3日より、NHK総合テレビジョンで放送を開始した報道・教養番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年7月16日(火) 10:05~10:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

オープニング映像。

BGM:「海のトリトン」/ヒデ夕樹・杉並児童合唱団(1972年)

与那国島に丸木舟でたどり着いた5人の男女、台湾から黒潮を超え200キロ以上の大航海に成功。今から3万年前、日本人の祖先はどのようにして大陸から渡ってきたのか人類史の大きな謎に挑んだ。

キーワード
海のトリトン
国立科学博物館
与那国島

くらし☆解説 (バラエティ/情報)
10:05~

台湾から与那国島へ丸木舟で渡ることに成功した今回のプロジェクトは国立科学博物館・海部陽介さんたちが進めてきたもので、日本人は大きく3つのルートで渡ってきたみられる。なかでも台湾から沖縄の島々に渡るルートは最難関ルートだと考えられた。しかし、それを示す舟などの遺跡は発掘されていないため、専門家らが集まり当時の技術で出来そうな舟を造り、海を渡れるか検証することとなった。2016年には与那国島から西表島まで草の舟、翌年には竹の舟で渡ろうとしたがいずれも失敗。草や竹は速度が遅く、黒潮を横切ることができなかった。そこで次に使ったのが”丸木舟”人類が移住した航海の再現であることから漕手は男女混成で5人が選ばれた。天気や海の状況が良い時を待ち、出航。快調なペースで進んでいったが、出航から45時間後に与那国島へ到着。今回の実験によって、沖縄の島々に古代の手漕ぎ舟でも渡れると実証された。しかし「知識があったからできた?」「3万年前の成功率は低かった?」などの謎も残った。専門家らは今後、実験データを詳しく分析し、論文を発表する予定。

キーワード
国立科学博物館
海部陽介代表
3万年前の航海徹底再現プロジェクト
原康司さん
台東県(台湾)
与那国島

エンディング (その他)
10:14~

エンディングの挨拶。

拝啓に次回予告情報。

NHKオンデマンドによる配信の案内。

キーワード
NHKオンデマンド

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月16日 放送
  3. 次回の放送