くらし☆解説 「広がる?“喫煙者採用しません“」堀家春野解説委員

『くらし☆解説』(くらしきらりかいせつ)は、2012年4月3日より、NHK総合テレビジョンで放送を開始した報道・教養番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月5日(水) 10:05~10:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

オープニング映像と挨拶。

くらし☆解説 (バラエティ/情報)
10:05~

5月31日の「世界禁煙デー」に合わせ、7日目の6月6日までの1週間が「禁煙週間」と定められ、社会や企業で禁煙の動きが広がっている。受動喫煙は喫煙者の周囲にいるだけで喫煙者と同じ肺がんなどを生じ、日本では年間1万5000人が死亡と推計されている。国は「健康増進法」を改正し、学校・病院・行政機関の屋内を全面禁煙とし、今年7月から施行。来年4月からは一定以上の広さの飲食店や企業も原則禁煙となる。これまでも同法で禁煙が奨励され、企業が禁煙治療の助成を行うなどの取り組みが生まれた。

受動喫煙対策として喫煙者の新規採用を取りやめたのは「損保ジャパン日本興亜ひまわり生命」。新卒採用の募集要項に、非喫煙者もしくは入社時点で喫煙しないことと条件を設けた。社員向けには禁煙カウンセリングのホットラインを設けるなどの対策を行っている。「ロート製薬」では非喫煙者に「ノースモーキング手当」を設け、社内レストランでの割引などを行っている。両者とも検査などは行わず社員の良心に任せているという。大学では「長崎大学」が喫煙者を非採用、「崇城大学」の薬学部では入学者の条件に非喫煙者を加えた。

禁煙を採用の条件とすることには、不公平を生じるなどとの反対の声もあるという。厚生労働省によると、性別・人種や障害の有無などを不採用の条件とすることは禁じられているが、喫煙はこれに含まれない。海外では禁煙が採用の条件となることは珍しくなく、WHOでは職員採用の条件として禁煙することを掲げ、支援のプログラムも設けている。喫煙による医療費の増加、生産性の低下などがなくなり経済にはプラスになると指摘する意見もあるほか、社員の健康を会社のメリットととらえる「健康経営」という考え方もある。

キーワード
受動喫煙
健康増進法
世界禁煙デー
禁煙週間
ロート製薬
厚生労働省
WHO
健康経営

エンディング (その他)
10:14~

「くらし☆解説」の次回予告。

エンディングの挨拶。

「NHKオンデマンド」による配信の案内。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 6月5日 放送
  3. 次回の放送