くらし☆解説 「空から電気が届く?!宇宙太陽発電の可能性は」水野倫之解説委員

『くらし☆解説』(くらしきらりかいせつ)は、2012年4月3日より、NHK総合テレビジョンで放送を開始した報道・教養番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月4日(火) 10:05~10:15
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

オープニング映像。

くらし☆解説 (バラエティ/情報)
10:05~

今回のテーマは空から電気が届く?!宇宙太陽発電の可能性は。宇宙に巨大な太陽光発電所を作り、大量の電気を24時間地上に送り届ける、そんな壮大に計画の実現に向け、経済産業省は地上で送電試験を行い、成功した。脱炭素社会の実現を目指し、政府は再生可能エネルギーを主力電源とする方針を打ち出した。再生可能エネルギーの発電量は天気などに左右されて不安定だが、宇宙太陽光発電は安定しており、政府は宇宙基本計画などに「研究を推進する」と明記している。

宇宙太陽光発電の実現は早くても2050年以降である。宇宙太陽光発電には「電気を電波で送る」といった課題があるため。そこで京都大学 生存圏研究所で行われた電気をマイクロ波に変えて送る実験の模様を伝えた。

さらなる課題は「建設コスト」である。宇宙太陽光発電計画は1960年代にアメリカで考え出されたが、建設コストがネックとなって計画が萎んでいった経緯がある。10年前の試算だと総額は1兆3000億円にも及ぶ。莫大なコストから、地上の太陽光や風力のコスト削減を行った方がいいとの意見もある。政府が計画にこだわる背景には、マイクロ波が生活の利便性を高める可能性があるからである。

キーワード
太陽光発電所
宇宙太陽光発電
再生可能エネルギー
宇宙基本計画
エネルギー基本計画
マイクロ波
京都大学 生存圏研究所
兵庫県

エンディング (その他)
10:14~

エンディングの挨拶。

「NHKオンデマンドで配信します」のテロップ。

キーワード
NHKオンデマンド
  1. 前回の放送
  2. 6月4日 放送
  3. 次回の放送