Bizプラス 2012年7月18日放送回

『Bizプラス』(ビズプラス)は、2012年4月2日から2013年3月29日まで、平日23:35 - 23:50(JST)にNHK総合テレビジョンで生放送された経済報道番組である。10月2日未明(1日深夜)からは、NHKワールド・プレミアムでも0:25 - 0:40に同日時差放送が行われた。

出典:goo Wikipedia

放送日 2012年7月18日(水) 23:35~23:50
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
23:35~

オープニング映像と、近田雄一らによるオープニングの挨拶。

ニュース (ニュース)
23:35~

大手証券会社から企業の増資の情報が外部に漏れ、インサイダー取引が行われた問題をうけて、日本証券協会の前哲夫会長は、 年内めどに再発防止策をまとめる考えを示した。

LIBOR問題について、FRBバーナンキ議長はワシントン(アメリカ)で開かれた会見で「LIBORの金利を申告する仕組みに構造的な欠陥がある」と話し、アメリカの金融当局も改善が必要という認識を示した。

世界的な勧誘指標のLIBORについて、金融界のプロセスに構造的な欠陥があるとFRBバーナンキ議長は指摘した一方で、金融市場を監視する立場のイギリスの中央銀行のポール・タッカー副総裁と、金利を不正に低く申請していたバークレイズのボブ・ダイヤモンド前CEOの2人のメールの内容を、イギリスの中央銀行が公表した。これにつて飯田香織は「金融村の仲間意識が世界の金融市場を揺るがそうとしている」と話した。

LIBOR問題について、ニューヨークの市場では大々的に取り上げられており、今後LIBORに代わる国際的な短期の金利の指標が検討される、と西野圭がニューヨークから伝えた。

アメリカでは4~6月期企業決算が相次いでおり、バンク・オブ・アメリカは予想を上回る好決算だったが、インテルは最終利益は減少し、今年の売上は予想より減少する見通しを示した。事情の関心は今、米企業決算に移っている、と西野圭がニューヨークから伝えた。

EU雇用対策について、ラースロー・アンドルは港区(東京)で行われた取材で、雇用状況改善のため景気の回復につながる成長政策が欠かせないという認識を示した。EUはブリュッセルで、日本とのEPA(経済連携協定)締結に向けた交渉開始を加盟国に正式に提案することを決めた。交渉の開始は、EU全加盟国の承認が必要で10月の首脳会議で協議する見通し。

江東区(東京)でジャパン・インターナショナル・シーフードショーが行われ580社余りが参加した。このシーフードショーには震災の被災地からの出店もあり、宮城県石巻市からは7社が連携し結成された店が出店していた。このブループは先月から地元で仮説の直売所を開くなどチャンスがあれば全国どこへでも出店したいとしている。またこのブループは三陸産のわかめを使ってドレッシング屋と醤油屋とだし屋が連携するといった、互いの商品を引き立てる戦略を取っている。

中国人の観光客を東北に増やそうと、1回目の入国は岩手、宮城、福島のいずれか3県に宿泊することが条件の「数次ビザ」の発行が始まった。その1陣の観光客が松島町(宮城)に訪れた。土産物店ではのりや魚の缶詰といった食材を購入するなど、1人当りの支払額は日本人客の約4倍にあたった。一方、観光客からは中国のクレジットカードが使えるよう指摘があった。またFIT(個人旅行)客へのガイドブックが必要と、旅行業者から東北の観光振興団体に要望があった。

キーワード
野村證券
大和証券
前哲夫会長
インサイダー取引
ワシントン(アメリカ)
LIBOR
バーナンキ議長
FRB
ポール・タッカー副総裁
ボブ・ダイヤモンド前CEO
ニューヨークの市場
バンク・オブ・アメリカ
インテル
米企業決算
ニューヨーク(アメリカ)
港区(東京)
EU
ブリュッセル(ベルギー)
EPA
首脳会議
江東区(東京)
ジャパン・インターナショナル・シーフードショー
石巻市(宮城)
岩手
宮城
福島
数次ビザ
松島町(宮城)

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月18日 放送
  3. 次回の放送