NHK平成24年度予算審議〜参議院総務委員会〜 参議院総務委員会

放送日 2012年3月30日(金) 0:15~ 4:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:15~

NHKの平成24年度予算と事業計画について、きのう行われた参議院総務委員会の審議の模様をお伝えする。

キーワード
NHK
参議院総務委員会

説明 (ニュース)
00:15~

NHKの受信料の支払い方法などを説明。NHKは平成24には、原点に立ち返り地域に密着したNHK東日本大震災アーカイブスなどで、災害情報などを提供するとしている。フローズンプラネットなどでは質の高い番組の放送にも力を入れている。

キーワード
NHK
東日本大震災
NHK東日本大震災アーカイブス
お元気ですか日本列島
NHKオンデマンド
フローズンプラネット

提案理由 (ニュース)
00:19~

放送法の規定に基づき、政府参考人に出席してもらうとし、川端達夫らがNHKの事業予算などの提案について説明した。

キーワード
放送法
NHK
東日本大震災

民主党・新緑風会 加賀谷健 (ニュース)
00:27~

平成24年度NHK予算について民主党で議論を重ねてきて、放送全般の課題についても時間をかけて議論することになり現在も調査などをしている。NHKでの経営形態が合意的なのかという質問がでて、川端達夫はNHKの経営形態などを国会で決めることには言論の自由などでの問題もあるなどと意見した。

NHKの経営形態について、日本銀行などと似ためんがあるがそれぞれ違うところもあり、民間会社とは作りが違うので比較はできないがガバナンスについてより良い形にしていきたいという意見がでた。

加賀谷健が地方向けの放送について、より地域に密着していただきたいと意見。これに対し松本正之は、地域の放送の充実や地域の活性化への貢献は経営計画の柱としてしっかりやっていきたいと語った。

加賀谷健が国際放送の関係について質問。これに対し松本正之と川端達夫が答弁。日本のプレゼンスを外国へ発信するということは極めて重要なことと認識していると川端達夫が話した。

キーワード
NHK
民主党
日本銀行
JRA
BBC
ガバナンス

民主党・新緑風会 吉川沙織 (ニュース)
00:47~

吉川沙織が東日本大震災を受けて情報伝達のあり方、公共放送の役割について意見。公共放送の判断は他のメディア等に与えるものは重いものがあると考えるとして、松本正之に見解を質問。これに対し松本正之が答えた。

命令調で呼びかけをすることで避難行動をしてもらうため、本当に必要な時に命令調で呼びかけることへの想定や必要性について質問。松本正之は呼びかけの基準について説明し、川端達夫は呼びかけをしたことによる実績について説明した。

吉川沙織が東日本大震災の発生の20分後から中学生がNHKの内容を動画配信サイトにアップしたことを説明し、このように災害緊急時のアップを認めるか松本正之に質問。松本正之は、災害から国民の生命や財産を守るという観点で今後も許可することは有りうると話した。

Jアラートなどの情報をどのように活用して国民に伝達する予定があるか吉川沙織が質問。北朝鮮の動向についてJアラートからの情報があれば迅速かつ性格に報道に務めていきたいと語った。

災害を始めとする様々な緊急事態に対応するためには、一定程度の要員と組織体制が必要不可欠だと思うと吉川沙織が意見。公共放送を維持するため具体的に何人の要員が必要でどのような組織体制が必要であると考えているかという質問に松本正之が答えた。

キーワード
東日本大震災
NHK
Jアラート

民主党・新緑風会 武内則男 (ニュース)
01:06~

平成24年度予算の参議院総務委員会の質疑の様子を伝えた。質問に入る前に、民主党・新緑風会の武内則男が、ゲリラ豪雨や東日本大震災の際など、視聴者に向けて情報を発進したNHKをねぎらった。

平成24年度予算の参議院総務委員会の質疑の様子を伝えた。民主党・新緑風会の武内則男が、NHK受信料値下げにあたり、一世帯あたりの年間の負担がどのくらいになるか、また何をどう削ってこの値下げ幅を確保したのかについて質問をし、松本正之NHK会長がこれに答えた。

民主党・新緑風会の武内則男が、この30年間で6400人もの削減が行われ、今後の公共放送サービスの質や現場で働く職員の士気を保てるのかについて質問をし、松本正之NHK会長がこれに答えた。

NHKの研究にについて、研究成果が社会還元につながっている具体的な例があるかどうか民主党・新緑風会の武内則男が質問をした。

地デジ化が完了し、各電機メーカーがテレビ事業から撤退するという動きが報じられている事から、 今後産業全体の活性化に資する観点から、どのような役割をNHKがしていくつもりなのか、民主党・新緑風会の武内則男が質問をした。

キーワード
ゲリラ豪雨
東日本大震災
NHK
NHIK

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会 片山さつき (ニュース)
01:27~

NHKの受信料の値下げの理由や、地域スタッフの一人あたり人件費をどれだけ削減したか、またそのスタッフが受信料の掘り起こしをするのかなどについて、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の片山さつきが質問をした。

東日本大震災のニュースで、KBSの誤報をそのまま放送したり、お元気ですか日本列島で一部間違った情報を放送したりするなど、公共放送での誤報や不祥事がおおい事について自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の片山さつきが指摘し、松本正之NHK会長に是正するよう求めた。

大河ドラマ「平清盛」で、皇家という呼び名を使っている事について批判が出ている事や、なぜこの呼称を使ったのかについて自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の片山さつきが質問した。

キーワード
NHK
東日本大震災
お元気ですか日本列島
大河ドラマ「平清盛」

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会 磯崎陽輔 (ニュース)
01:47~

NHKの緊急警報放送について、この放送を行う意味と、この放送を行って得られた実績について自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の磯崎陽輔が質問をした。

シャープ・日立・ピクセラの3社の大型機など、緊急警報放送を放送する機能が備わったテレビは一部の高級機しかないため、一定以上のサイズのテレビについて、緊急警報放送の受信装置を義務付ける事を促進し、この機能を持ったテレビを大量に販売すべきだと自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の磯崎陽輔が主張した。

キーワード
NHK
シャープ
日立
ピクセラ

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会 金子原二郎 (ニュース)
02:06~

大河ドラマ「龍馬伝」で、長崎出身の福山雅治を起用した事で、地域活性化に役立ったと自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の金子原二郎がお礼を述べた上で、朝の連続テレビ小説で、離島など過疎化した地域を題材にしてほしいとの要望をNHKに出した。

長崎のハウステンボスが会社更生法の申請を出した頃、会社更生法は申請したが営業はしているといった旨をお願いした所、天気予報のバッグに営業のお知らせなどを入れてくれたため、その効果は大きかったと自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の金子原二郎がNHKに伝え、NHKの放送の影響力について伝えた。その後、諫早湾干拓の報道の仕方はマイナスにつながったと指摘し、マイナス部分を伝えるならば、同じ時間プラスの要素を含んだ内容を伝えるべきだと語った。

長崎県のNHKが古く、以前会長に建て替えの要望を出したという自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の金子原二郎が、その後、その話はどうなったのかNHKに質問した。

キーワード
龍馬伝
福山雅治
NHK
諫早湾干拓
ハウステンボス

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会 山崎力 (ニュース)
02:16~

山崎力がNHKの日本語アクセントに関する教育状況について松本正之に質問。松本正之は日常的にアクセントの点検をしていると説明し、指導も行なっていると話した。

山崎力がNHKの受信料について松本正之に質問。山崎力はワンセグ放送の発達を例に据え置きテレビの視聴者が若年層を中心に減少していることを指摘し、石田研一は今後の形態について、メディア端末の多様化に対応してより公平かつ合理的なものにしていく必要があると話した。

大西典良はワンセグ受信機が設備として受信料の対象となることを説明。

山崎力がNHKのデジタル化について質問。永井研二は今後の耐震設備の検討やデジタル化の普及について説明した。

キーワード
NHK

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会 藤川政人 (ニュース)
02:27~

藤川政人がNHKの反省や意気込みについて質問。松本正之は公共放送の役割を果たしていくと述べ、東日本大震災発生時の初動対応や今後の災害対策について説明した。

藤川政人が東日本大震災におけるNHK受信料の災害免除について触れ、大西典良は各自治体に対する対応を説明。川端達夫は非常時の運用について非常にナーバスになりすぎていることがあったと反省し、個人情報の保護に関する条例については柔軟な対応をしていくと述べた。

松本正之がNHKの経営計画について説明。藤川政人は接触率の文言がないことを指摘し、松本正之は数字的なことではなく信頼される公共放送として放送機能の向上などが目標だと述べた。

金田新がNHKへの接触率について説明し、各世代によって視聴率の偏りがあると述べた。藤川政人は少子化に伴いテレビ離れが進むと指摘し、今後の方針や対応について説明を求めた。

キーワード
NHK
東日本大震災

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会 片山虎之助 (ニュース)
02:48~

片山虎之助が數土文夫に委員長になった感想を聞き、數土文夫は大切な受信料をあずかっている割にはコストパフォーマンスの威力が十分でないなどと話した。

片山虎之助が震災時のNHKの対応を評価し、復興に向けたNHKの取り組みについて質問。松本正之は災害機能や放送で取り組んでいくと話した。

片山虎之助がNHKの秘書室にいる特別主管は民間会社の社長だという情報を挙げ、業務内容などについて質問。松本正之は助言・サポートの役割があり、元同僚に話を持ちかけたと説明した。これを受けて片山虎之助は兼職はいけないと主張。

片山虎之助がNHKの番組内容について、戦争特集の番組を直前に差し替えたことを指摘し、経緯と責任について説明を要求。金田新は番組内容と差し替えの経緯について説明し、制作過程で意思疎通が不十分であったことが原因だと話した。

片山虎之助がNHKの受信料について還元の割合や未払い分があることを指摘。松本正之は効率化やプロジェクトを立ち上げての増収でリカバーすると説明した。

數土文夫は受信料のあり方について審議が必要だと話し、片山虎之助はNHKが次第に民放化しつつあることを指摘した。

キーワード
東日本大震災
NHK

公明党 木庭健太郎 (ニュース)
03:08~

木庭健太郎がNHKの受信料収入の10%還元問題について、認識の違いがあると指摘。石田研一は収入の減少や東日本大震災発生の影響などを要因にあげ、還元方法について説明した。

數土文夫は原資の確保に向けた議論がほとんど行われていないと指摘し、環境が変わると訂正せざるを得ない部分もあったと説明。木庭健太郎はどのような不履行を想定しているのかを質問した。

木庭健太郎は衛星契約の増加によって増収を図るというNHK側の思惑に対し、デジタル移行後の衛星契約の普及が鈍化していると指摘。大西典良は増収に向けた今後3年間の取り組み予定について説明した。

木庭健太郎がNHKの目指す「人にやさしい放送」について触れ、字幕・解説放送の現状などについて説明を要求。金田新は字幕放送などの割合について説明した。

キーワード
NHK
東日本大震災

公明党 石川博崇 (ニュース)
03:24~

石川博崇が受信料の支払い率について触れ、割合の計算方法について質問。大西典良は公的統計を用いいていると話し、独自調査についても統計に合わせて実施していると説明した。

還元率の認識の違いについては數土文夫が説明し、厳しい設定をしたと述べた。

石川博崇は経費などを挙げ、引き続き10%還元をする姿勢を示すことが必要だと指摘。今後のNHKの姿勢について松本正之が説明した。

石川博崇が大阪の放送局のバックアップ機能について、どのような機能をバックアップするのかや移転のスケジュール等について質問。今井環はニュースセンターの機能を拡充し、本局にしかない設備も配備するなどと説明した。

石川博崇がNHKの耐震性について質問。今井環は老朽化した放送センターが増えてきていることを話し、免震構造の採用や計画的な建て替えを行う必要があると説明した。

石川博崇がNHKの国際放送について、世界の様々な地域では知名度が低いことを指摘。川端達夫は国としての資金交付などについて説明した。

石川博崇は認知度を高めていくためにも番組の質を上げていくことが必要だと述べ、松本正之に今後に向けた決意を聞いた。

キーワード
NHK
東日本大震災
NHK大阪放送局

みんなの党 寺田典城 (ニュース)
03:45~

寺田典城が松本正之にNHKの番組はどのようものを見ているかを質問し、今後公共放送としてどのような放送をしていくのか説明を要求。松本正之は様々な世代に対応した番組作りをしていくと述べた。

寺田典城がNHK受信料金の設定について説明を求め、川端達夫は議論はしつくしていると説明。數土文夫はトラブル予防に向けた対策について話した。

寺田典城が高齢者のエネルギーを活用していかなければならないと述べ、數土文夫は若者と年配者のコラボレーションが国家にとっても社会にとっても重要であると述べた。

意図しない衛星受信については草桶左信がセンターに寄せられている相談情報と動向を紹介。松本正之は解決策として衛星・地上契約の一本化などを挙げ、どの選択肢にも課題が残っていると説明した。

キーワード
NHK

日本共産党 山下芳生 (ニュース)
04:05~

社会民主党・護憲連合の又市征治が、NHKの受信料値下げについて、2013年度は47億円の赤字を出すことが特徴となっていると説明し、視聴者への還元は受信料の値下げではなく、公共放送としての質を高める事などがコメントとして寄せられていると指摘した。

日本共産党の山下芳生が、NHKの公共放送の質や、また福島第一原発の事故による影響などを公共放送で伝える事によって、被災地の方々への情報が正確に行われたと、NHKの番組を評価した。

NHKの正確な番組作りによって得ている国民の信頼を失いかねない問題が生じていると社会民主党・護憲連合の又市征治が指摘。今月始め、市民税非課税世帯の障害者手帳一級を持っている母子家庭に、NHKから受信料免除基準ではなくなったとの通知が来た。しかしこの家庭は現在も受信料免除基準となる市民税非課税世帯のため、この事実があったかどうか、社会民主党・護憲連合の又市征治が質問をした。

キーワード
NHK
福島第一原発の事故
総務省

社会民主党・護憲連合 又市征治 (ニュース)
04:26~

又市征治が東日本大震災の被災地でのNHKの放送を評価し、要因配置や機材整備に対する認識について質問。松本正之は震災報道に一定の成果があると述べ、要因配置などについては見直しを進めていると説明した。

又市征治がNHK受信料の値下げについて質問。松本正之は経営の効率化には常に努力していくと述べた。

又市征治がNHK経営委員会の使命について數土文夫に質問。數土文夫は同意に基づいて任命されていると述べ、真摯に取り組んでいると説明した。

又市征治がNHK受信料の増収目標について質問。大西典良は若い世代への対策として、新年度の時期に自主的な申し出を促進しており、大学と協力しながら説明を行なっていると話した。

又市征治がNHKの地域発ドラマについて質問。金田新は地方の文化などを材料にして作るドラマだと説明し、23年度の実績を伝えた。

又市征治がNHKにおけるコミュニティラジオの小規模メディアの活用について質問。松本正之は災害時の対応などに活用し、ネットを通じて広く届けることもできると話した。

又市征治がテレビとネットの融合に向けた動きについて質問。松本正之は受信料制度などとの関係を整理して検討すると述べ、田中栄一は同時配信には法律上の問題があると説明した。

キーワード
東日本大震災
NHK

採決 (ニュース)
04:46~

放送法第70条第2項の規定に基づき承認を求めるの件を承認する事に賛成する人の採決が行われた。

放送法第70条第2項の規定に基づき承認を求めるの件を承認する事に、自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の片山さつきが、附帯決議案を提出した。

自由民主党・たちあがれ日本・無所属の会の片山さつきが提出した附帯決議案に賛成する人の採決をとった。

NHK平成24年度予算の参議院総務委員会で全会一致で承認された。

キーワード
NHK

エンディング (その他)
04:53~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月30日 放送