ニュース 2014年7月24日放送回

ニュース(英: news)とは、珍しい出来事や新しい情報のことである。また、最近発生した政治や事件・事故・スポーツ・地域情報などの出来事や珍しい出来事などを伝えることである。新聞やテレビ、ラジオ、電光掲示板、ウェブ(特にニュースサイト)などがメディアとして使われる。テレビが普及する以前には、映画(ニュース映画)も使われた。1990年代以降、ウェブ(インターネット)の普及で個人などでもニュースを発信することができるようになった。この場合は専門的な情報のみのニュースが多い。市場調査会社ピュー・リサーチセンターの2008年12月の調査によれば、ウェブを媒体としてニュースを知る人の割合が、ついに新聞を上回った。調査は2008年12月上旬に米国内1,489名の成人に対して行われたもので、40%がウェブから国内外のニュースを得ることが多いと回答し、一方、新聞からという者は35%にとどまった。新聞を情報源としている人の割合は2005年からほぼ横ばいだが、ウェブを情報源としている人の率が高くなっており、2007年9月の前回調査では24%であった。 一方、テレビは70%の人がニュース情報源としていると回答しており、依然ウェブと新聞を上回っている。30歳以下の若年成人層に限定すれば、ウェブはすでに情報源としてテレビに追いつき、ともに59%となった。ちなみに2007年はテレビ68%、ウェブ34%であり、急速にウェブの割合が増えている。

出典:goo Wikipedia

放送日 2014年7月24日(木) 13:00~13:05
放送局 NHK総合

番組概要

ニュース (ニュース)
13:00~

山口・長門市の輸入会社・伊村産業がベトナムから輸入したシシャモに、ネズミ駆除に使われる殺そ剤が付着していたことがわかった。今のところ健康被害の報告はないが、殺そ剤には血液を固まりにくくする塩化ダイファシノンが含まれていて、口に含むと生命の危険を及ぼすこともある。この商品はおよそ10の都府県に流通していて、伊村産業は同じ時期に輸入された商品を自主回収している。伊村産業の社長は「厳しく指導したいと思う」とコメント。厚生労働省はベトナムの会社の食品について、安全性が確認されるまで輸入手続きを行わないよう全国の検疫所に指示している。また、ベトナム政府に対し情報提供を求め、工場の品質管理の体制などについて調べている。

宮城県を訪れている天皇皇后両陛下は、気仙沼市の気仙沼漁港を訪れ、震災以来強い関心を寄せ続けてきた漁業の復興状況を視察した。気仙沼漁港は去年の水揚げ量が震災前の6割り程度まで回復している。

2020年の東京オリンピック開幕まで今日で6年になるのに合わせ、東日本大震災の被災地と東京を襷でつなぐ「1000キロ縦断リレー」が青森から始まり、女子マラソンの高橋尚子さんら合わせて6人のランナーがスタートした。縦断リレーは青森と東京およそ1000キロを15日間で約900人の襷でつないでいく。高橋尚子さんは「スポーツの力、復興への思いを広げてどんどん大きなものにしてもらいたい」と語った。

キーワード
シシャモ
長門市(山口)
ベトナム
厚生労働省
塩化ダイファシノン
気仙沼市(宮城)
震災
天皇陛下
皇后陛下
東京オリンピック
東日本大震災
1000キロ縦断リレー
青森県
東京都
高橋尚子さん

為替と株の値動き (ニュース)
13:04~

日経平均株価など経済情報。

キーワード
日経平均株価
東証株価指数

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 7月24日 放送
  3. 次回の放送