明日へ〜震災から1年〜 “移動中継・被災地は今”ゴールイン

放送日 2012年3月11日(日) 18:10~18:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
18:10~

オープニングのあいさつ。

明日へ~震災から1年~ (バラエティ/情報)
18:10~

被災地の高校生を対象にした作文コンテストで最優秀賞を受賞した、阿部さんが書いた作文の一部を紹介。

村上弘明が作文を聞いた感想を述べた。

作文の続きを最後まで紹介。

震災で何を学んだか聞かれた阿部さんが、社会は支え合って成り立っていることや、世の中の暖かさを学んだと答えた。

石巻高校の生徒2人を紹介。

ボランティア活動を行っていた高橋さんに、なぜボランティア活動をしようと思ったかを尋ねると、被災地のために何かしたいと思ったからだと話した。また、将来について、高橋さんは人助けをしたいと話した。阿部さんは、体育教師になって未来への手助けができたらと話した。

番組に寄せられた被災者の方々のメッセージが紹介された。

番組に寄せられた、全国の視聴者のメッセージが紹介された。

村上弘明さんが、津波に関しては仕方がないという部分があるが、原発の事故に関しては納得いかないところが多々あると話した。

金子哲也は、震災はまだ続いていることを改めて感じたと話した。また、岩野吉樹は、震災で日常が奪われた喪失感は、1年経ってより深まっているのではないかと感じたと話した。

柳井雅也は、若い力を借りて、未来の復興計画を作ってほしいなどと話した。また、村上弘明は、震災というのは大きな社会の転換期を示唆しているような気がしてならないと話し、協力や助けあう気持ちを震災が教えてくれて、子どもたちはそれを受け継いでいる。大人たちはどう協力して日本を再生していくのか問われている時だと話した。

滝島雅子は、今の悲しみ苦しみを乗り越えて生きていく人のために、できる限りのことをやっていかなければいけないと強く思ったと話した。

NHKスペシャルの番組宣伝テロップが表示された。

キーワード
宮城県石巻高校
未来へ向かって
震災
津波
原発の事故

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 3月11日 放送