おやすみ日本 眠いいね! Vol.30

『おやすみ日本 眠いいね!』(おやすみにっぽん ねむいいね!)は、NHK総合テレビジョンで放送されているバラエティ番組(深夜番組)。

出典:goo Wikipedia

放送日 2019年6月16日(日) 0:35~ 2:49
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:35~

オープニングにて、又吉直樹、宮藤官九郎、ゲストの増子直純、杉咲花が挨拶。宮藤は明日放送される「いだてん」は重要回と話すと、増子はオファーを待っていると明かした。16日は父の日ということで、ノンアルコールビール、焼き鳥をスタンバイ。さらに癒やしの匠、お夜食も番組の途中で登場する。観覧スペースには何組かの家族の姿があった。

オープニング映像。

テーマソング:ねむいいね / 矢野顕子

キーワード
おやすみ日本 眠いいね!番組ホームページ
矢野顕子
ねむいいね
怒髪天
大河ドラマ「いだてん」
父の日

おやすみ日本 眠いいね! Vol.30 (バラエティ/情報)
00:39~

おやすみ日本 眠いいね!番組ホームページではご意見募集中。

テーマソング:ねむいいね / 矢野顕子

又吉直樹ら出演者が番組に寄せられた眠れない声から気になったものをピックアップしている一方、赤木野々花キャスターは眠いいね!ボタンを告知。また、もやもやしていることを告白。そして、今回の足湯はアジサイをイメージしたものだという。

眠れない声をチョイスした宮藤官九郎らは所定位置に戻り、眠いいね!ボタンをプッシュ。そして、トップバッターの工藤は18歳の女子大生からのお便り「大学生なのに小の方を漏らしちゃいました」と紹介。寺島は「マイクをつけると、トイレの音が聞かれてしまうと母から忠告された」と明かし、又吉直樹は「相方はマイクがオンなのを失念し、『はよ、帰りたいな』みたいなことを言っていたら、怒られて帰らされた」と述べた。KREVAは「ライブの途中で行ったことはない、尿意だったら汗でまぎれていると思う」と吐露。工藤は「当番組では出演者が途中で退席することはあるが、トイレに行った人はない」と振り返った。

寺島はある女優を車に乗せて高速を走っていた。渋滞につかまったところ、乗る前に大量の水を飲んでいたその女優は尿意を催し、路肩でしたという。その寺島は17歳の女性からの相談「自分のジェンダーがわからない」を紹介。寺島自身は40歳を過ぎてから女のカラダで生まれてきた男だと思うようになったといい、スタイルのいい共演者を見ると見惚れてしまうという。KREVAは「高校生の時、自分のジェンダーに気づいた人がいて、大ぴらに言っている人が何人かいた」と明かし、環境的要因があったかもしれないという。

トップバッターの宮藤官九郎は「70歳になる父親が隠れてアダルト動画をみています」という34歳女性からのもやもやを紹介。女性が窘めたところ、父親は「別にいいやろ」と反論してきたという。増子直純、宮藤官九郎は「これはしようがない。むしろ元気な証拠」と話し、観覧スペースにいるお父さんに意見を求めたが沈黙が広がった。増子は「娘さんは父親の特殊な性癖を注意したのかもしれない」と語った。アダルト話は打ち切り、歳をとって睡眠に支障はあるかというテーマが提起された。又吉は「昔より目覚めるのが早くなった気がします」、増子は「アホみたいに寝てる」とコメント。杉咲花も増子と同じく14時間寝るといい、宮藤は驚き、「絶望的な気持ちになりません?」と尋ねていた。増子曰く、寝すぎたという背徳感がたまらなく、午前中から飲酒する感覚だという。工藤は収録の前日にぐっすり寝むれたが、7~8時間だという。

杉咲は「タピオカを単体で何枚も撮る人にもやもや」という18歳女性からのお便りを読み上げた。杉咲自身は料理の写真を撮ることがある他、タピオカも好きだという。増子直純は今後、極大のタピオカが誕生すると考えていて、一過性にすぎないだろうと付け加えた。宮藤はタピオカが熱帯地方あたりで採集できるものと思っていたといい、作るのにある程度の手間がかかると初めて知った。続いて、増子直純は「知らないおじさんからライブで投げる銀テープを貰った」という22歳女性のもやもやを紹介。「投稿者が欲しそうな顔をしてたのかもしれない」といった意見があがったなか、誰のライブだったのか気になっていた。

又吉は「少年はいつから、お父さんを親父と呼ぶようになるのでしょう」という42歳女性からのもやもやを読み上げた。宮藤は「父親本人ではなく、他人に言う時じゃないですか、『うちの、親父が』みたいな」、増子は「ブリーフからトランクスに替えるぐらい」と語った。増子曰く、トランクスからブリーフに回帰する人もいるという。観覧スペースにいたお父さんは黒ブリーフだという。黒ブリーフの話から宮藤は黒マスクに言及し、増子は「韓流で流行ったんじゃない。威圧感があるよね」と語った。

今回の目標値は2510万3000に決定。素敵なゲストだと番組が終わって欲しくないとして、ボタンを押してくれる視聴者の数は少ないなか、今回は前回よりも目標値が高く設定された。宮藤はお悩み紹介を一休みし、ボタンを猛プッシュした。現時点のカウントは580万眠いいね!。目標値まで残り約2000万で、宮藤は「老後に必要なお金ですよ」とコメント。

宮藤は「杉咲花さん、なんでそんなに天使なのですか。私は163cmですが、何cmですか?」という35歳女性からのもやもやを紹介。杉咲は「153cmです」と回答。増子は杉咲の演技を称賛した。次に杉咲は「歯磨き中にくしゃみが出そうになったらどうすれば?」というお便りを紹介し、「避けようがない」とコメント。又吉はくしゃみをしていないのに鏡に歯磨き粉のシミがあり、いつの間についたのか気になるといい、増子が推理を展開。その増子はこれまでの放送で印象深いことを質問。中村獅童が出演した時には長丁場だった他、宮藤は途中で退席するゲストもいたと明かした。

又吉は「増子さんの寝間着が気になって眠れません」という35歳女性のもやもやを読み上げ、増子は「パンツ一丁では寝ない。腹が冷えるから」と明かした。又吉はこの数年はパジャマを使用しているという。杉咲は「寝心地良さそうなパジャマを購入したけれど、今はジャージになっちゃいました」と吐露。続いて、増子は「高校生になったけど、想像していたものと違う」という15歳の男子高校生のもやもやを紹介し、「高校に限らず、全ては思い通りにならない」と指摘。今でさえ、想像していた歳のとり方をしていないといい、増子は「ゲームをやったり、おもちゃも集めているし」と述懐。宮藤は大河ドラマを手掛けていると、中村勘九郎演じる主人公の老年期をどうするのか悩んでいると明かした。杉咲は大河ドラマで先生を演じているが、生徒を演じるキャストよりも年下で、不安だったという。

癒やしの匠こと、柳本真弓氏は宮藤官九郎に肩のほぐし方を実演し、又吉直樹は増子直純、赤木野々花アナは杉咲花を相手に行った。さらに首などの疲れを和らげるツボなども紹介し、父の日ということで観覧スペースではご家族の方がお父さんにやってあげていた。なお、柳本氏によると、宮藤官九郎は肝臓周辺がお疲れだという。

目標値の半分まで達したところで、番組放送30回を祈念したお夜食が用意された。宮藤官九郎らは30回にちなんだ特製の味噌焼きおにぎりを堪能。増子はこれまでに2回ほど、番組に眠れない声を送ったことがあると明かした。また、米も味噌も絶品だというが、増子は握り手によるところが大きいと語った。食後、柳本氏のマッサージを受けていた男性と歓談。デパートの外商の方は休日に水泳をやっているからか肩凝りに悩まなかったが、60近くなるとさすがに肩凝りを感じるという。

眠れない声の紹介に戻り、宮藤は「マッチングアプリで知り合った男性と交際しているが、彼氏は今もアプリを利用し、彼女を募集している」という33歳女性のお悩みを読み上げた。増子は「彼女さんとマッチングしていない瞬間があるんだろうね」と語った。また、マッチングアプリで使用する顔写真は加工できるので、出会って幻滅することも多々あるのではと推測。宮藤は「マッチングアプリで見つけた相手なんだから、大丈夫と思うならいいのに、今も続けているのはおかしい」と話し、増子は「マッチングアプリと言えども何種類もあるだろうに、何故、投稿者の彼氏は今も同じのを?」と疑問を呈した。

又吉は「足の小指の爪がバグっている」という20歳女性のお悩みを紹介。投稿者は足湯に浸かりながら、小指の爪が割れたままだといい、宮藤はしばらく伸ばしてみてはと提案した。なお、投稿者の隣にはお父さんがいて、足の小指を拝見した増子らは遺伝を感じていた。

増子直純がセレクトしてきた5曲はジム・オルークの「Prelude to 110 or 220/Women of the World」、YMOの「インソムニア」、ザ・ルースターズの「Je Suis Le Vent」、マイク・オールドフィールドの「Hergest Ridge」、クラウス・ノミの「The Cold Song」。エンディング曲にするなら、杉咲花はジム・オルークの曲を挙げ、宮藤官九郎ら出演者は快諾した。

増子直純は「トイレットペーパーの芯を残す人にもやもや」という27歳女性のお悩みを紹介。解決策として芯のないトイレットペーパーを購入することを提案した。また、増子はトイレットペーパーと消防士にまつわる説を披露し、トイレの進化についても言及。続いて、宮藤官九郎らとはウォシュレットの強さ、水温などについて語り合った。

又吉は「ドラムの練習をしたいが、子供にうるさいと怒られてモヤモヤ」という69歳女性のお便りを紹介し、投稿者と生電話。新元年を迎えて新しいことに挑戦したかったといい、女性は先生から指導を受けたり、家での練習法を明かした。増子はMVの撮影で使われるドラムには網が張られ、適度の跳ね返りはあるが音が出ないとオススメした。宮藤は子供にも楽器をやらせて、セッションしてはどうかと提案した。女性はドラムを奏でるメリットを挙げ、増子は「国の施策として打ち出して欲しい。免許返納したらドラムセット貰えるみたいな」と語った。

宮藤官九郎がギターを演奏し、増子直純は「怒髪天」を披露。2曲目は宮藤のリクエストで、「赤いスイートピー」。

杉咲花は「息子のヘルメット頭がやめられません」という35歳女性のお便りを紹介。何歳ぐらいから髪型を決めていたかについて、増子直純は「うちは何かと丸坊主にされていた」と明かした。杉咲花は昔伸ばしていたが、芝居のために切ったという。また、ウルフカットに憧れているという。宮藤官九郎、増子直純は長髪だった時があり、短髪にした時に髪の重さに体感したらしい。

故 市原悦子がナレーションを務めた眠いい昔ばなしから、杉咲花は「鮭女房」をセレクト。とある夕暮れ、男のもとに見知らぬ女性が訪ねてきた。女性は一晩だけ泊めて欲しいと願い、男は折れた。翌朝、女性はお礼としてはらこ汁を振る舞い、味に感動した男は明くる日も泊めてあげるうちに、婚約。ある時、作り方が気になった男はこっそりと覗き見したところ、女性は鮭に変身。自ら産んだはらこを鍋の材料にしていたことが判明。女性は男の様子から正体を知られたと理解し、家の流しから逃げていった。スタジオトークで、杉咲花は「衝撃のラストでした」とコメント。増子は「鶴の恩返しと違い、鮭が何故に男の家に訪れたのか最後まで分からなかった」と指摘。

キーワード
おやすみ日本 眠いいね!番組ホームページ
矢野顕子
ねむいいね
アジサイ
タピオカ
キャッサバ
中村獅童
スガシカオ
中村勘九郎
ジム・オルーク
Prelude to 110 or 220/Women of the World
YMO
インソムニア
ザ・ルースターズ
Je Suis Le Vent
マイク・オールドフィールド
Hergest Ridge
クラウス・ノミ
The Cold Song
怒髪天
赤いスイートピー
死後くん
市原悦子
ぬかぶくとべんざら
鮭女房
特製味噌焼きおにぎり

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 6月16日 放送
  3. 次回の放送