大相撲この一年 2016年12月30日放送回

放送日 2016年12月30日(金) 5:10~ 5:55
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
05:10~

オープニングトークで塙宣之は「子供の頃友達がいなかったので相撲中継をずっと観ていた」とコメント。

2016 大相撲この一年 (バラエティ/情報)
05:12~

琴奨菊は三横綱を立て続けに破り、優勝に大きく近づく。初場所千秋楽の豪栄道の対戦で琴奨菊は念願の日本生まれの力士優勝。その琴奨菊に続いたのは大関の豪栄道。秋場所14日目、豪栄道は初優勝、これまでの悔しさを晴らす全勝優勝。

舞の海秀平は「琴奨菊の優勝でこれだけ世の中盛り上がって注目されるんだと思った」、塙宣之は「一場所優勝したら横綱にしてくれないかなって思った」とスタジオコメント。

綱取りの春場所、7勝1敗で中日を折り返した琴奨菊。結局後半戦で失速し春場所8勝7敗。琴奨菊は「物凄い重圧があった」と話す。豪栄道は初めての綱取り場所は9勝6敗で終わった。豪栄道は「プレッシャーは少しだけであまり感じていなかった」と話す。

塙宣之は「優勝したいという気迫もないと優勝できないと思う」、北の富士勝昭は「豪栄道は自分の相撲を取ろうとしていた」、「琴奨菊はがんばってください」、「日本人横綱が出てこないと困る」とスタジオコメント。

横綱にもっとも近いと言われてきた稀勢の里、春場所で13勝2敗。夏場所では白鳳に痛恨の黒星、綱取りは次の名古屋場所へ持ち越し。しかし名古屋場所では期待に答えられなかった。再び綱取りに挑んだ秋場所、三場所続いた綱取りは白紙に。

舞の海秀平は「ガラッと相撲が変わりますね」、北の富士勝昭は「横綱になる強い気持ちを出してほしい」、「稀勢の里は出さない人だから」、塙宣之は「一回横綱になればまた変わってくると思う」とスタジオコメント。稀勢の里は「悔しいこの一番見るたびに悔しい」、「こんな状況でもたくさん応援してくれる方がいる」とVTRコメント。

今年の幕内優勝についてスタジオトーク。琴奨菊は初場所、日馬富士は名古屋場所、白鵬は春場所と夏場所、豪栄道は秋場所、鶴竜は九州場所。北の富士勝昭は「白鵬はまだまだいける」とスタジオコメント。

一時代を築いた男が今年、この世を去った。優勝31回の大横綱・千代の富士。通算1045勝、力士で初となる国民栄誉賞。引退後は親方として自らの相撲道を伝えた。

あらゆる技で勝利を掴む小兵力士を迎えて迫る。里山関を迎えて技を紹介。里山は「相撲は押し相撲を磨いてからの技が出る」とコメント。石浦関と里山関の2分34秒の対戦を紹介。里山は「悔しかった」とコメント。宇良関について里山は「下から上に持ち上げる力がすごく強い」とコメント。里山は妻について「家族のために頑張っている」とコメント。大相撲初場所は2017年1月8日。

来年への意気込みについて里山は「幕の内で勝ち越しを目指して頑張りたい」、塙宣之は「誰か好きな力士を見つけて貰いたい」、「録画したのを毎日夜中みている」」、舞の海秀平は「全体的に盛り上がって欲しいが稀勢の里の初優勝という場所がほしい」、北の富士勝昭は「どっかから彗星のように現れないかな」、「気になっている力士はいるけどまだ言えない」とコメント。

キーワード
琴奨菊
豪栄道
稀勢の里
白鵬
アリヤ・ジュタヌガーン
日馬富士
鶴竜
千代の富士
国民栄誉賞
け返し
里山
すそ取り
一本背負い
伝え反り
突き押し
石浦関
宇良関
大相撲初場所

エンディング (その他)
05:51~

エンディング映像。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 12月30日 放送
  3. 次回の放送