耳をすませば 闘い続けた“表現者”〜石牟礼道子(作家)・金子兜太(俳人)〜

『耳をすませば』(みみをすませば、英題:Whisper of the Heart)は、柊あおいの漫画作品、およびそれを原作とした近藤喜文監督、スタジオジブリ制作のアニメーション映画作品。原作漫画版とアニメ映画版では設定や展開が異なる。アニメ映画版では、背景美術として東京都の多摩市・日野市・武蔵野市を描写した絵柄が多く見られる。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年12月30日(日) 6:25~ 6:54
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
06:25~

オープニング映像。

平成30年文学を通して社会と闘った二人の文筆家が亡くなった。今年2月に亡くなった石牟礼道子さんは公害の原点と呼ばれる水俣病、故郷を襲った悲劇と生涯向き合い続けた。石牟礼さんは患者と家族の声なき声を方言で綴り被害の実態を伝えた。40年かけて完成した代表作苦海浄土を始め、水俣病をテーマにした作品を数々発表した。

俳人の金子兜太さんも今年に亡くなった。東日本大震災のときに詠んだ句を発表し、花鳥諷詠などと言った伝統的な形式にとらわれずに人間や社会の姿を詠み、現代俳句の革新者を呼ばれた。作品を通して現代社会への警鐘を鳴らし続けた二人の生涯をたどる。

キーワード
石牟礼道子
苦海浄土
水俣病
金子兜太

石牟礼道子・金子兜太 (バラエティ/情報)
06:28~

石牟礼道子さんは昭和2年熊本県の浅草に生まれた。自然の恵豊かな水俣市で育った。昭和18年に水俣実務学校を卒業し、小学校の教員になった20歳で結婚。好きな詩や短歌を作っては投稿する日々を送っていた。しかしその頃すでに不知火海では異変が起きていた。異変はやがて人間にも起こり劇症型の人々は激しい痙攣を起こして亡くなった。水俣を襲った謎の奇病で石牟礼さんは大きな衝撃を受けた。昭和34年、訪れた病院で目にしたのは苦しさのあまり患者が壁をかきむしった爪痕をみた。その光景を見た石牟礼さんは書かずにはいられなかった。石牟礼さんは言葉を発する事もできない患者に寄り添い、心の内を写し取るように書き続け、苦海浄土はこうして書かれた。奇病の原因はチッソ水俣工場の工業排水に含まれていた有機水銀。猛毒の水銀が貝や魚に蓄積しそれを食べた人間も水銀に侵された。しかし病気との因果関係が証明されないまま創業は続き被害は拡大していった。いわれのない差別に石牟礼さんは被害者家族に寄り添い、独自の文学を築いた。国や企業に補償を求めて立ち上がった患者たちに石牟礼さんは先頭に立った。水俣病が公式確認されてから50年余りで国は被害者を救済する法律を制定した。しかし患者に認定されるための基準が厳しく、多くの被害者が対象外とされた。

石牟礼さんには見守り続けている人がおり、それはお腹の中にいた時に水銀に侵された胎児性の間は半永一光さんは苦海浄土の中にも登場している。半永さんはこのとき56歳。十分な救済が実現しないまま被害者の高齢化が進んでいる。平成20年に亡くなった水俣病の語り部杉本栄子さんは共に戦った同士とも言える存在だった。人間をないがしろにする時代が続いていると石牟礼さんの創作意欲は最後まで衰えなかった。

俳人の金子兜太さんは埼玉県秩父郡皆野町に生まれた。父は俳人で、自宅では毎晩のように句会が開かれていた。東京帝国大学卒業後、日本銀行に就職。戦争が激しさを増す中わずか3日で退職し海軍経理学校に入学。翌年海軍中尉として南方へ派遣された。激戦地トラック島で相次ぐ空爆と食糧不足に傷つき、飢えが始まり若い命が次々と失われた。昭和21年に帰国し日銀に復職。亡くなった戦友のために組合活動に力を注いだ。しかし共産主義の取締が厳しくなるとレッドパージに呼ばれ地方に左遷されてしまった。各地で俳句仲間と馴れ合ううちに俳句にのめり込んだ。大胆な発想と表現で金子さんは前衛俳句の旗手と呼ばれるようになった。しかし時代は高度経済成長期。戦後ではないという世間の声に強い反発を感じた。人間とはなにかと答えを求め、小林一茶などの漂白の俳人の生き方に目を向けた。その後金子さんは現代俳句協会会長として数多くのTV番組に出演。楽しく、明快な解説で俳句の普及に貢献した。俳句を通してこの国のあり方を見つめてきた金子さん。平成27年、集団的自衛権の公使や安全保障の関連法案を巡る議論が高まると、反戦への思いを込めたメッセージを揮毫。反対運動のシンボルとなった。子どもたちにも俳句を教え、俳句とは生き物探す心と眼と詠んだ。

キーワード
水俣市(熊本)
水俣病
苦海浄土
国谷裕子
水俣市立明水園
石牟礼道子
半永一光さん
杉本栄子さん
金子兜太
高見知佳
堀尾正明
皆野町(埼玉)
渡邉あゆみ
東ちづる
徳田章
金子兜太句集

エンディング (その他)
06:53~

エンディング映像。

耳をすませばの次回予告。

  1. 前回の放送
  2. 12月30日 放送
  3. 次回の放送