バラエティー生活笑百科 年賀状に使われた犬 ほか

『バラエティー生活笑百科』(バラエティーせいかつしょうひゃっか)は、NHK総合テレビジョンで放送されているNHK大阪放送局制作の法律番組である。

出典:goo Wikipedia

放送日 2018年1月6日(土) 12:15~12:40
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
12:15~

オープニング映像。

本日の相談の出演は「吉田たち」「宮川大助・花子」の2組。法律相談の内容を紹介した。

ゲストはグルメレポーターのタージン。客席から挨拶した。

その他の出演者を案内した。

きょうは新年最初の放送、室長の笑福亭仁鶴はお休みと案内した。

キーワード
吉田たち
宮川大助・花子
笑福亭仁鶴

バラエティー生活笑百科 (バラエティ/情報)
12:16~

吉田たちの2人が、「弟が飲み屋のツケをためてしまった、もう時効のものだったが兄が一部を払ってしまった」とのテーマで漫才を披露した。

相談の内容をおさらいした。

相談に対する相談員の予想、桂吉弥はツケの残金を「払う」。飲食店のツケは1年で時効になると桂南光から教わったと答えた。桂南光は、桂ざこばに教わったとボケた。

三倉佳奈の予想は「払わない」。姉妹で食事に行くことはあるかと聞くと、ランチを食べに行くことはあると答えた。桂南光が今度双子におごりたいというと、後ろの「吉田たち」が返事をした。

ゲストのタージンの予想は「払う」。人道的に支払うべきと答えた。行きつけの店はあるかと聞くと、よく行くおばんざいの店は体調によって器の色を変えてくれると答えた。

弁護士の小島幸保さんの見解は、支払い義務はない。飲食代金の債権は1年で「消滅時効」となるが、時効が成立するには相手方に時効ですと伝える「時効の援用表明」が必要。これを本人の間で行っていることから時効が成立しており、後から他人が一部を支払ってもこれが復活することはないと答えた。

相談の内容をおさらいした。

相談員の予想、三倉佳奈は「もらえる」。有名な犬には高い使用料が発生するのではと答えた。出演者の中で一番高そうなのはと聞くと、「桂」と言いかけて「かつらをつけた高橋一生」と答えた。

桂吉弥の予想は「もらえない」。写真の権利は撮影者にあるはずと答えた。桂吉弥は毎年干支にちなんだ新作落語を作っているといい、今年の戌年のネタのはじめの部分を紹介した。

ゲストのタージンの予想は「もらえる」。家族同然の愛犬の写真を勝手に使われたら気の毒と答えた。

弁護士の小島幸保さんの見解は「もらえない」。著作権は撮影者にあるが、被写体に認められる肖像権やパブリシティ権は動物の場合は認められないと答えた。

タージンは時効に関する話を聞かれ、ロケで「鶴瓶の家族に乾杯」の笑福亭鶴瓶と間違えられた、そのまま店のきりたんぽ鍋をおごってもらったと答えた。別の話を聞くと、ひと月ほど前にそば屋で隣のお客さんが伝票を間違って払ってしまい安くすんだと答えた。

時効の勘違いしやすい事例について説明。1つ目は、時効期間となる1年間が過ぎてから代金を請求された場合。そのままでは支払い義務が生じ、請求される側が時効を主張する「援用」を行わない限り時効は成立しない。

2つ目は、時効期間後に請求を受けて先に支払いを約束してしまった場合。債務を認めてしまうと時効を主張する権利を失ってしまう。

3つ目は、請求後に支払いを約束し、さらに1年が経過した場合。この場合は時効を主張することができる。ただし今後は2020年4月1日の民法改正で、飲食店は1年などの短期消滅時効が廃止される予定。

続いての相談は「年賀状に使われた犬」。宮川大助・花子が相談を演じた。年賀状に使いたいと愛犬の写真を撮らせてあげたところ、知人50人に販売していたので代金の一部を請求したいという内容だった。

相談の内容をおさらいした。

キーワード
鶴瓶の家族に乾杯
笑福亭鶴瓶
桂ざこば
時効
年賀状
高橋一生
著作権
肖像権
パブリシティ権

エンディング (その他)
12:39~

エンディングの挨拶。

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 1月6日 放送
  3. 次回の放送