Mプラス Express 2013年2月27日放送回

放送日 2013年2月27日(水) 15:35~16:00
放送局 テレビ東京

番組概要

オープニング (その他)
15:35~

オープニング映像。

ニュース・経済情報 (ニュース)
15:35~

アメリカシェールガス日本への恩恵

農林水産省は4月1日から輸入小麦の価格を9.7%値上げすると発表した。豪などの不作や円安進行で輸入価格上昇のため。製粉会社の値上げは約3ヶ月後で麺類やパンなどの値上げにつながる可能性もある。

きのうのイタリアショックで日経平均は大幅続落となった。東証アローズ・矢内アナと中継でつないだ。矢内アナは、内務省のイタリア上院(定数315)・中道左派、五つ星運動・中道右派、中道連合の数を紹介した。ムーディーズ・インベスターズ・サービスはイタリアの選挙結果は信用力上ネガティブとコメント。また、東京外国為替・日経平均・TOPIX・ドル/円・東証一部・新興市場・日経ジャスダック平均・マザーズ指数などを紹介。

キーワード
小麦
シェールガス
イタリアショック
東証アローズ
内務省
イタリア
アメリカ
中道左派
五つ星運動
中道右派
ムーディーズ・インベスターズ・サービス
東京外国為替
日経平均
TOPIX
東証一部
日経ジャスダック平均
マザーズ指数

マーケットゼミナール (バラエティ/情報)
15:39~

シェールガス革命について解説。Bloombergの調査で、アメリカの天然ガス価格は低く、日本向け天然ガス輸入価格は上昇していてて差は約5倍。この差を生んだのがシェールガス革命。シェールガスは地価深いシェール層で採掘される天然ガスのこと。アメリカはこれまで天然ガスを輸入に頼っていたがシェールガスによって輸出できるほどになった。米エネルギー情報局の調査によるとシェールガス生産量は今後も増える見通し。

日本でシェールガスをアメリカから輸入するメリットは、輸入の分散化、価格交渉による価格ダウン。LNG輸入量はすでに分散しているが日本としてはアメリアの安い天然ガスを輸入したいという狙いがあると壁谷洋和は分析。

日本企業は商社を中心にアメリカの湾岸沿いに進出している。シェールガスに関する日本企業へのメリットは、鉄鋼メーカーに採掘用パイプ需要、施設を作るプラント、湾岸整備する企業に恩恵がある可能性がある。今後の課題は他国のエネルギー依存から脱することと、メタンハイドレードなど日本独自の資源開発。

アメリカからお墨付き?

キーワード
Bloomberg
シェールガス
天然ガス
米エネルギー情報局
LNG
メタンハイドレード

ニュース・経済情報 (ニュース)
15:49~

活況!“補正予算”銘柄は

ワシントンで、FRBバーナンキ議長は、基本の金融緩和策を評価した。そして日本の金融政策は為替操作ではないとコメント。

エジプト・ルクソールでの気球事故において、操縦士が先に脱出していたことが判明。英BBCは、事故理由について解説。

中国の大気汚染の汚染原因の1つであるPM2.5について、環境省は大気中の濃度が基準値の2倍を超える場合外出や部屋の換気を自粛するように呼びかける指針案をまとめた。

キーワード
ワシントン(アメリカ)
FRB
英BBC
気球
バーナンキ議長
PM2.5
金融緩和
金融政策
ルクソール(エジプト)
補正予算

ニュース・経済情報 (ニュース)
15:52~

国交省発表の地価動向報告では、東京スカイツリーや渋谷などの51地区で上昇していることを紹介。住友不動産・サンフロンティア不動産・三井倉・住友倉・ケイヒンを紹介。

期待大きい?中国ETF上場

きのう参院本会議で補正予算が採決され賛成117・反対116と一票差で可決成立した。補正予算案成立で建設関連株が上昇。不動テトラ、日本橋梁、宮地エンジニアリング、PS三菱、三井住友建設の株価を紹介した。

今日の売買高ランキングは、1位・みずほFG、2位・川崎汽船、3位・マツダ、4位・三菱UFJ、5位・三井住友建設。今日の売買代金ランキングは、1位・トヨタ、2位・三菱UFJ、3位・みずほFG、4位・日本取引所、5位・ソニー。

キーワード
国交省
サンフロ不
三井倉
住友倉
ケイヒン
渋谷(東京)
参院本会議
補正予算
不動テトラ
日本橋
宮地エンジ
PS三菱
三井住友建
みずほFG
川崎汽船
マツダ
三菱UFJ
トヨタ
日本取引所
ソニー

ニュース・経済情報 (ニュース)
15:56~

東証で、中国の運用会社・ETFが中国A300「CSI300指数」と連動、南方A50「FTSE中国A50インデックス」と連動して日本初の上場となった。

味の素が自社株4397万株を消却すると発表した。

キーワード
ETF
中国A300
南方A50
中国

戦略会議 (バラエティ/情報)
15:57~

あすの株式材料として、消費者・経済信頼感や、イタリア国債入札、バーナンキFRB議長が下院で証言、耐久財受注、鉱工業生産指数(速報値)を紹介。あすの株式予想は、野村證券・若生寿一は日経平均予想レンジを挙げた。大和証券・亀岡裕次は耐久財受注を挙げた。

キーワード
イタリア国債
バーナンキFRB議長
鉱工業生産指数
若生寿一
大和証券
亀岡裕次

キャスト

  1. 前回の放送
  2. 2月27日 放送
  3. 次回の放送