大学ロボコン 2014 Road to India

放送日 2014年7月21日(月) 10:05~11:00
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
10:05~

サッカーW杯閉幕から一週間経ち、勝負の行方に我を忘れるほど夢中になる時間をもう一度ロボコンで味わってもらう。去年ベトナムで開催された世界大会では日本代表の金沢工業大学が激戦を制して頂点に立った。今年の開催地はインドで、その切符をかけて日本の学生たちが熱い戦いを繰り広げる。

キーワード
サッカーW杯
アジア・太平洋ロボットコンテスト
金沢工業大学

大学ロボコン2014日本代表決定戦 予選リーグ (バラエティ/情報)
10:07~

6月、国立オリンピック記念青少年総合センターに18の大学チームが集結した。大会はまず6つのグループに別れ予選リーグが行われる。各グループ1位とワイルドカードの2チームが決勝トーナメントに進出する。今回のルールコンセプトは「親子に乾杯」で4つの課題をクリアする。

司会の吉田一貴による挨拶と対戦校の紹介。金沢工業大学のメンバーたちは今年1月ロボット作りの真っ最中で全てを一から積み重ねてきた。対戦校は長岡技術科学大学。2校ともクリアした課題は4つ中3つだったが、3つ目の課題をクリアしたタイムが早かった金沢工業大学の勝利となった。

京都工芸繊維大学と大阪大学の対戦。京都工芸繊維大学のロボットはかなり不思議な動きを見せる。課題を3つクリアした京都工芸繊維大学が勝利した。

今回勝敗を分ける鍵となったのは難関のポールウォーク。千葉大学など各大学が天板の上を歩くユニークな方法など、様々なアイディアで挑戦した。

豊橋技術科学大学と千葉大学の対戦。豊橋技術科学大学はポールウォークを圧縮空気でジャンプするというアイディアでクリアしようとした。豊橋技術科学大学はポールウォークは失敗したものの勝利した。

熱戦が続く予選リーグだが、すべての課題をクリアするチームはなかなか現れなかった。岡山大学や立命館大学など予選リーグでのダイジェスト映像が流れた。

大学ロボコン2012など4度の優勝を誇る東京大学が登場。去年はわずか3秒の差で優勝を逃していた。東京大学は今回、ロボットの走行をプログラム化や、ネオジム磁石の使用など非常によく考えられている。対戦相手は明治大学。対戦は全課題をクリアした東京大学が勝利。

名古屋工業大学のロボコン工房は総勢40人の大所帯。今回、子どもロボットを設計した久野顕司さんは高専でロボコンに挑戦し続けてきた。全国大会に3年生の時に出場したが2回戦で敗退していた。今回、名古屋工業大学はものつくり大学と対戦。東京大学を9秒も上回るタイムで全課題をクリアし優勝候補に踊りでた。

キーワード
大学ロボコン
金沢工業大学
大阪大学
豊橋技術科学大学
立命館大学
東京農工大学
明治大学
大学ロボコン2012
ネオジム磁石
東京大学
名古屋工業大学

大学ロボコン2014日本代表決定戦 決勝トーナメント (バラエティ/情報)
10:35~

決勝トーナメントにまず登場したのは長岡技術科学大学。長岡技術科学大学の半年前の1月には親ロボットが子どもロボットのアームに引っ掛けて持ち上げる方式をとっていたが、その後、子どもロボットが親ロボットにしがみつくスタイルを新たに作った。対戦相手は大阪工業大学。長岡技術科学大学が全課題をクリアし勝利した。

豊橋科学技術大学と東京大学の対戦。東京大学は親ロボットの暴走があり、豊橋科学技術大学はスーパージャンプが見事成功。そして先に4つの課題をクリアした豊橋科学技術大学が勝利した。

京都工芸繊維大学と金沢工業大学の対戦、名古屋工業大学と東京工業大学の対戦はそれぞれ金沢工業大学、名古屋工業大学が勝利した。

名古屋工業大学と金沢工業大学の対戦。先に4つの課題をクリアした名古屋工業大学が初の決勝進出を果たした。

豊橋技術科学大学と長岡技術科学大学の対戦。先に4つの課題をクリアした長岡技術科学大学の勝利となった。

名古屋工業大学と長岡技術科学大学の対戦。先に4つの課題をクリアした名古屋工業大学が初優勝を果たした。

ロボコン テーマソング:無我夢中/トータス松本

キーワード
大阪工業大学
豊橋技術科学大学
東京大学
金沢工業大学
名古屋工業大学
東京工業大学
トータス松本
無我夢中

エンディング (その他)
10:57~

ロボコン2014で優勝した名古屋工業大学の久野顕司さんは北九州高専に優勝報告にやってきていた。そして、世界では1分以内に課題をクリアするチームも登場しており、各チームがインドへの世界大会へ乗り込む。ロボコン世界大会は9月放送。

キーワード
名古屋工業大学
  1. 前回の放送
  2. 7月21日 放送
  3. 次回の放送