ウィンブルドン 2017

ウィンブルドン(Wimbledon)ウィンブルドン (ロンドン) - ロンドン南西部の地域。ウィンブルドン駅・ウィンブルドン・パーク駅 - 同地の地下鉄駅。ウィンブルドン選手権 - ロンドンのウィンブルドン(オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ)で開催される国際テニストーナメント。ウィンブルドン現象 - 同選手権から生まれた現象。ウィンブルドンFC(現ミルトン・キーンズ・ドンズFC) - ロンドンのウィンブルドンに存在したサッカークラブ。ミルトン・キーンズに移転した。AFCウィンブルドン - ウィンブルドンFCが移転した事に反発したサポーターが上記1に新しく作ったサッカークラブ。ウィンブルドン (映画) - ウィンブルドン選手権を題材としたポール・ベタニー、キルスティン・ダンスト主演のイギリス映画。

出典:goo Wikipedia

放送日 2017年7月13日(木) 0:40~ 3:45
放送局 NHK総合

番組概要

オープニング (その他)
00:40~

オープニング映像。

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 ミロシュ・ラオニッチVS. ロジャー・フェデラー(中継) (スポーツ)
00:40~

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 ミロシュ・ラオニッチVS. ロジャー・フェデラーの中継。第1セットは4-6でロジャー・フェデラーの勝利。

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 ミロシュ・ラオニッチVS. ロジャー・フェデラーの中継。第2セットは2-6でロジャー・フェデラーの勝利。

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 ミロシュ・ラオニッチVS. ロジャー・フェデラーの中継。第3セットは6-7でロジャー・フェデラーの勝利。セットカウント0-3でロジャー・フェデラーが準決勝進出。

キーワード
ウィンブルドン2017

ウィンブルドン2017 (バラエティ/情報)
02:24~

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 ミロシュ・ラオニッチVS. ロジャー・フェデラーのハイライト映像。

ミロシュ・ラオニッチVS. ロジャー・フェデラーの試合の中で、フェデラーのプレーの良さをデータで解説。ライン際に落とすサーブが多く、リターンのヒットポイントがかなり前に出ておりベースラインの中に入って打っていた。

男子シングルス準々決勝 ベルディッヒvs.ジョコビッチ。ベルディッヒが第1セットを先取、第2セットの途中でジョコビッチがリタイアした。ジョコビッチは前日右肩を気にしてメディカルタイムアウトをとっている。

今年はNHKのウィンブルドン放送が30周年という節目の年、過去の名勝負を紹介。1991年決勝 グラフVS.サバティーニ。最終セットにもつれこみ、5-6とサバティーニが追い詰める。しかし土壇場でグラフが意地を見せグラフが勝利した。あと一歩及ばなかったサバティーニ。その姿は今もファンの目に焼き付いている。

今年はNHKのウィンブルドン放送が30周年という節目の年、過去の名勝負を紹介。1997年決勝 ヒンギスVS.ノボトナ。勝てば史上最年少優勝となる16歳のヒンギス。だが、そのプレッシャーが襲いかかる。第1セットはノボトナが先取するものの、第2セットで天才少女が躍動、ヒンギスが勝利した。最終セットではヒンギスがノボトナを翻弄、見事勝利し16歳9か月という史上最年少優勝を果たした。

視聴者から寄せられたマルチナ・ヒンギスに対するメッセージを紹介。森上亜希子はヒンギスのプレーを参考にしていたが自分のものにはできなかったという。一方ガブリエラ・サバティーニは片手バックハンドが素晴らしかったという話題になり、森上は「当時、綺麗にスピンをかけてバックハンドを打つ選手は珍しかった。本当に美しかったと思います。」と語った。

続いてはマレーvs.クエリーの試合を放送。

キーワード
ウィンブルドン2017
ミロシュ・ラオニッチ
ロジャー・フェデラー
ベルディッヒ
ジョコビッチ
NHK
ウィンブルドン
グラフ
サバティーニ
ヒンギス
ノボトナ
ガブリエラ・サバティーニ
マルチナ・ヒンギス
マレー
クエリー

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 アンディ・マレーVS. サム・クエリー(中継) (スポーツ)
02:39~

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 アンディ・マレーVS. サム・クエリーの中継。第3セットは7-6でアンディ・マレーの勝利。

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 アンディ・マレーVS. サム・クエリーの中継。第4セットは1-6でサム・クエリーの勝利。

ウィンブルドン2017 男子シングルス 準々決勝 アンディ・マレーVS. サム・クエリーの中継。第5セットは1-6でサム・クエリーの勝利。セットカウント2-3でサム・クエリーが準決勝進出。

キーワード
ウィンブルドン2017

ウィンブルドン2017 (バラエティ/情報)
03:39~

アンディ・マレーVS. サム・クエリーは2-5でクエリーの勝利。マレーは腰の状態を心配されながらの試合となった。森上亜希子は「クエリーはやりにくい部分があったと思うが、集中力を切らさず素晴らしいプレーでした。」と語った。

男子シングルス準々決勝ミュラーvs.チリッチのハイライト映像。試合は2-3でチリッチが勝利した。

男子シングルス 準々決勝 ベルディッヒvs.ジョコビッチのハイライト映像。試合はジョコビッチが途中棄権したため、1-0でベルディッヒが勝利した。

男子シングルス準決勝の組み合わせが決定。クエリーvs.チリッチ、フェデラーvs.ベルディッヒとなった。

女子シングルス決勝の組み合わせを紹介。ムグルーサvs.リバリコーワ、V.ウィリアムズvs.コンタとなっている。

キーワード
ウィンブルドン2017
サム・クエリー
アンディ・マレー
ミュラー
チリッチ
ジョコビッチ
ベルディッヒ
クエリー
フェデラー
ムグルーサ
V.ウィリアムズ
コンタ
リバリコーワ

エンディング (その他)
03:44~

ウィンブルドン2017の特設ホームページのURLがテロップ表示。

ハイライト動画をアプリで試聴することができる。アプリストアで「NHKスポーツ」と検索。

「ウィンブルドン2017」の番組宣伝と共にエンディング。

キーワード
ウィンブルドン2017 特設ホームページ
NHKスポーツ

スポット

この番組で紹介されたアイテムは登録されていません。
  1. 前回の放送
  2. 7月13日 放送
  3. 次回の放送